2020年は、世界中の人が同じパンデミックによって

生き方に影響を受けた1年でしたね。

本当に1年、お疲れさまでした。

お互いにそうやって、心の中で肩をたたきあって

慰労しあっていい大晦日ではないかなと思います。

 

 

個人的には、子育て真っただ中の1年。

そして、たくさんの皆さんに後押ししていただいて

音楽活動を再開できた年になりました。

正直、自分の中では今年歌を歌い始められるとは

思っていませんでした。

待っていていただけたから、一歩踏み出せました。

 

歌が歌えること

歌を聴いていただけること

歌や芝居や絵で心が癒されること

 

もちろんこれまでだって当たり前とは思っていなかったことだけれど

ことさら、ありがたさが身に沁みました。

改めて自分が死ぬまでやり続けたいことは音楽だと再認識しました。

 

予想していた以上に一人の時間を作ることが難しく

想像していた以上に自分の状況なども全く発信できない1年となってしまいました。

この状況はまだ数年続くと思いますが、

子供も1歳を迎え、音楽のことを考えられる脳のスペースが少し

空いてきたかなーと思います。

 

やりたいことが、いろいろと浮かんできています。

願わくば、2021年も一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです!

 

 

あと今年も数時間。

皆様、よいお年をお迎えください。

 

北村安都子

2020/12/31