インド最南端の岬カニャクマリでの忘れられない出来事 | 本とか旅とか

本とか旅とか

犬とか猫とか

インドインドの思い出


インド最南端の岬、カニャクマリ。ここはベンガル湾・アラビア海・大西洋が交わる場所で、ヒンドゥー教の聖地でもあります。


岬で海を眺めていたら、黄色いサリーを着た女の人が岸壁を降りていくのが見えました。手にはガラス瓶と木の枝。波も荒いのに何をしているんだろうと見ていたら、海に向かってお祈りを始めました。





儀式かな?と思いながら見ていると、海に向かって両手を差し伸べ身をよじり、お祈りはどんどん激しさを増していきました。明らかに単なる儀式などではなく、やがて私はその女の人から目が離せなくなりました。












我を忘れるほどの強い祈り。2時間近く続いてたでしょうか。彼女が何を祈っていたかは分かりませんが、今でも何かの拍子にふと思い出す光景です。



■いつもブログに遊びに来てくださってありがとう花
 下2つぽちっとして頂けると嬉しいですハート
 人気ブログランキング






あつこ♪旅好きさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス