たまに株で凄い儲かった人の話を聞きます。やり方いろいろありますが、その多くの人がデイトレードや市場のタイミングを計った話をしているかと思います。

 

確かにデイトレードで儲かる人はいますが、損する人はもっといると思います。ただのギャンブルに近いので、僕はやっていないし、お勧めしません。僕の思う儲かる投資方針を教えます。

 

長期的に、定期的に、多様な業界と多様な地域に投資すると、長い目で見たら必ず儲かります。 多様な業界と多様な地域に投資するには、インデックスファンド(例えば日経平均)に比例する投資信託が簡単です。

 

これは過去の10年の米国市場インデックスのS&P500の株価x時間グラフです。リーマンショックでだいぶ下がりましたね。ただ、焦らず売らずにずっと投資しつづけていたら今となってだいぶ儲かっています。今回のUK離脱もそうなります。

 

具体的に、2008年、2009年 毎月5000ドル投資するという戦略を見せます。

このデータをグラフ化しますと、こうなります。

結論から言うと、始まった時期の株価は 1,378.55で終わった株価が1,115.10.

19%下がっています。そに関わらず、現金を貯金していた120,000ドルよりも、ずっと投資していたら、終わりの合計の128,499.60の方が多いです。なぜかと言うと、持っている株価が下がっても、同じ金額で新しく買える株数が増えるからです。すると、少し回復する時に、回復する分が加速されます。その上に、持っている間ずっと配当金ももらえます。

 

ちなみにこの115.235945個の株を今でも持っていたら、現在の株価の2037.41で234,782.87ドルになっています。現金だけで貯まった120,000の約2倍です!

 

そのため、焦らず長期的に持ちながら、定期的に多様化したファンドに投資するといずれは儲かります。今回UKがEUから離脱しましたが、同じパターンになるでしょう。

 

Often times you hear about people making lots of money with stocks or investing in the stock market. It seems a little of the stories have exaggerated claims of getting rich over night. A lot of these spark from day trading. I will admit that it is possible to make money day trading, it is also extremely risky and more people lose money than make money. I think the best way to make money investing is with a long term strategy of investing at regular intervals in a diversified portfolio. One of the easiest ways to get a diversified portfolio is to invest in a fund that tracks a major market index such as the S&P500 or the Nikkei225. This is true even during times of financial turmoil such as the Lehman shock or the UK leaving from the EU this time.

 

I illustrated above with an example from during the Lehman shock in 2008 and 2009. You can refer to the graphs above, but in conclusion, even though the index has dropped by almost 20%, you still end up with more money by investing the same amount every month rather than just saving the same amount every month. This is because you can purchase more shares for the same amount when the shares are cheaper which accelerates gains as the price comes back up. In the same example if you keep the shares until now, you end up with nearly twice as much money than had you just stored away 5000 USD / month for those two years or panicked and sold your shares in the meantime. The shock from the UK leaving the EU should be similiar, so if you are interested consider giving this investment strategy a try.