結婚指輪探し② | 婚活終了からの式準備in大阪

婚活終了からの式準備in大阪

長かった婚活もようやく終わりが!!
現在2019年夏の式に向けて、コツコツ準備中。

やっぱり結婚指輪も式場決めるのと一緒で、下調べが大事だなと痛感したので、彼と話し合いました。

①デザインはお互いに好みのものにする。
変に相手に合わせるんじゃなくて、一生つけるものだし、それぞれの指に合ってて仕事でつけてても支障のないものを選ぼうということになりました。

②予算は20万円前後。
私はお互いに買い合うつもりだったのですが、婚約指輪がないんだから、と結局彼が全部出してくれることに。

③安すぎるのは不安になるからやめる。
最初に行ったところのやつのことですね…💦
ブランド名にお金払う気はないけれど、かと言って無名すぎるのも心配、ということで、ある程度結婚指輪を取り扱っている実績のあるお店で選ぼう、ということになりました。

以上のことを踏まえた上で、梅田にあるトレセンテさんと、ガラさんに行ってみることに。予約はしてませんでしたが、私は更に具体的に自分が好きな指輪のイメージを固めました。

以下ネットでの拾いもの画像です。




デザインはウェーブかV字がいいなと思いました。

中央にメレダイヤがいくつか並んでいるのが好みです。ただハーフエターナルみたいな数はいらないな、と。

ブルーダイヤモンドが真ん中に入っているデザインもキレイ。

コンビネーションリングもちょっと気になる。組み合わせはプラチナとゴールドか、ピンクゴールドかなぁ。

ミル打ちがあると一気に華やかになって素敵キラキラただミル打ちだけだとファッションリングに見えるかな…?

などなど。大体イメージを作ってから、彼と一緒にトレセンテさんへ行きました。

トレセンテさんでは、予約なしにも関わらず、席に案内していただいて、じっくり商品を見せていただきました。流石老舗!接客もめちゃくちゃ丁寧です。

トレセンテさんの指輪は、内甲丸という形で、リングの断面の指に当たる側は、プラチナを足して仕上げているため、指当たりがとてもいいそう。つけ比べをさせてもらうと、確かに平らなものより、丸くなっている物の方がつっかかりが少ない!びっくり

他店でも内甲丸デザインはあるそうですが、プラチナを足すのではなく、四角い断面を削って丸くしているものも多いそうです。そうすると耐久度が弱くなるとか…滝汗

私はイメージに近いウェーブの指輪を、彼はずっと言ってるストレートの幅太を何本か試着してみました。

と彼、ショーケースの中のゴールドの指輪が気になった様子。
「これも艶消し加工出来ますか?」
と質問!んん?何でも良さそうだったのに興味が湧いてきた?笑

「できますよ〜。加工代金が追加になりますが、大体どういうデザインでも艶消し出来ます」
というお姉さんの言葉に、彼の心はすっかりゴールド派に傾いたようでした。

ただ艶消し加工のゴールドデザインが店舗にはなかったため、とりあえずゴールドの指輪を見せてもらいました。

そして試着…。私は指の当たりをウェーブとV字で実際に試してみて、しっくりくるのがウェーブだったので、その中から1番気に入ったデザインを選んで終了気分。ただ彼がゴールドの艶消しにするなら、私も素材ぐらい合わせようかな〜という感じでした。

そして彼がなんの気なしに、私が決めたウェーブデザインのペアの男性デザインの指輪をはめてみて一言、
「え、ストレートよりすごいつけ心地がいい…」

ストレートの指輪とウェーブの指輪を何度も交互につけてみる彼。指馴染みが全然違うそう。
「えー、俺もウェーブにする…」
ということで彼は再度デザイン選択に。私は待つことに笑

…やっぱり何でも良くないんじゃん笑ニヤニヤ

私の彼は、前にも書きましたが私よりも乙女な所があるので、こだわり始めると結構気にします。結婚指輪も一度身に着けたらどんな時でもつけっぱなしにする!!!と意気込んでいて、それも私のようなズボラな気持ちからではなく(私は取ったり外したりが面倒だし、なくしそうなので出来たらつけっぱなしがいいな、という気持ち)、結婚指輪を私だと思って片時も肌見離さず付けておきたいそうニヤニヤ

思考が乙女ですよね…笑ラブラブ

というわけで夕方から行ったこともあるけれど、かなり長時間トレセンテさんにいたため、ガラさんに行く時間がなくなりました…ガーン

後もう一つトレセンテさんで問題があって、どうもメレダイヤがついているデザインは、艶消し加工ができないそうですショボーン

上から艶消し加工を施すので、ダイヤに傷がいってしまうからだそう。

なので私の指輪はただのゴールドにするか、プラチナにするかといった感じです。

トレセンテさんがかなり良かったので、もう決めちゃおうか、みたいな雰囲気だったのですが、私はどうしてもガラさんを見ておきたかったので、この日は気に入ったもののデザインと加工を控えてもらって、ひとまず保留にしました。