カリグラフィーレッスンへ | 倉敷 ポーセラーツ・グラスアート教室・グルーデコ®教室・M-style Ribbon Class Luxe アトリエ「ピピ」

倉敷 ポーセラーツ・グラスアート教室・グルーデコ®教室・M-style Ribbon Class Luxe アトリエ「ピピ」

岡山県・倉敷 ポーセラーツ・グルーデコ・グラスアート教室を主宰しています。M-style Ribbon Classコースも取得しました。
出張講座も行っています。
どなたでもお気軽にお問合せくださいね


テーマ:

昨日は個展で飾る額に入れるためのイタリック体の文字のレッスンに行ってきました。

 

先生が3周年を迎えたと聞いて、私もいつから始めたかを思い出してみました。

 

カリグラフィーを始めて今年の7月で3年になるのですが月に一度のレッスンなのでなかなか上達せず・・・

 

当時の体験の記事はこちら★★

 

イタリック体なんとか終了まで、こんなに月日が経ってしまいました。

 

そしてどうせなら、イタリック体でかいた作品を額にいれて個展で展示したいなと思いついて、先生にレッスンをしていただくことに。

 

先生が出展されてる大阪の展示会にいって、士気も上がっていたのですが、

 

しかし、このときまだ私は一つの額の作品を仕上げるのにどんなに大変か・・身に染みていなかったんですね💦

 

とても簡単に考えていました。先生にどうやって進めていくかをいろいろ教わっていくうちに 一枚の額をつくるのは

 

とても大変なことなんだと実感しました。

 

どんな文章を書くのか、文字の大きさはどうするのか、なぜその部分を強調したいのか、また中央に寄せるのか左ぞろえにするのか

 

今回はイタリック体を装飾してフローリッシュという書き方を加えました。先生が持ってる本を貸していただき

 

どこどこにいれるか、どちら方向からいれるのかなど・・

 

こちら頭の中でイメージするだけではだめで、実際に書いてみて、どうみえるかバランスを考えながら修正していきました。

 

などいろんな課題が山ほど・・・

 

決して思い付きではできないんですね・・・

 

そして文字の大きさと位置がきまったらひたすら練習あるのみ。。。

 

そして練習用紙と実際に書く画用紙と両方で練習・・・

 

練習用の用紙だとすらすらかけるかんじがするのに、画用紙だとがたがたしてうまく書けない・・・

 

それにインクの量もだいじで、多く入れすぎるとにじむし、指に無意識についたインクを知らずに画用紙を触って汚したり・・

 

一枚の完成までにかなりの枚数を書きました。

 

昨日はその中から先生にもご指導していただいて、一枚に絞り最後の飾り文字を完成させました。

 

うまく書けなくてへこんだ時期もありましたが、あとは画材やさんに持ち込んで額装を施して完成です。

 

完成した作品は個展で飾ろうと思います。正直へたくそです・・・

 

時間も十分に取れなかったのも事実ですが・・・でも一生懸命頑張りました。

 

良かったら見に来てくださいね。

 

こちらまだ自宅での作成途中の画像です(^^♪

実際には額装も違うのでイメージも変わるかなと思います・・・(^_-)-☆

 

先生いろいろお世話になりました~今後ともよろしくお願いします!!

 

倉敷 ポーセラーツ・グラスアート教室 アトリエ「ピピ」さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス