誰もいない | あとりえ・しっぽう 大山阿津子のブログ

あとりえ・しっぽう 大山阿津子のブログ

あとりえ・しっぽう 大山阿津子 official brog

ホームページ リニューアルオープン!! 

http://atelier-shippou.com/
 

これって案外田舎あるあるかも!?

 

上映10分前なのに誰もいない客席。

 

上映中はカメラで撮れないのでこういうの

映せるのは貴重。

 

 

珍しくない現象、2,3度経験している。

 

今回の映画は「マスカレードナイト」という事で

とにかく主演二人以外でも出演者の豪華さは

半端ない。誰がどこで登場するかワクワク。

 

 

ちょうど天童での用事がたまっていたので

ついでに観ちゃおうと父ちゃんに内緒で決行。

 

(テレビとYouTubeで満足できる人間に云っても

もったいないとケチつけられるから)

 

ザクっと感想を言うと「マスカレードホテル」より

つまらなかった!

 

最初のヒットに気を良くして拓ちゃん(木村拓哉)

オン ステージ多すぎだよ。

 

一人に尺とって見せず、内容で勝負して!

 

一謎解きなんだからもう少し観客を納得させる

ストーリー展開にしてよ。

 

引っ張って、引っ張って、最後の30分、バタバタと

ストーリーが動いて、「あっ、判った」と突然閃いて

一件落着。 (伏線なしかよ)=心の声

 

ムリがあり過ぎ。

 

最近、感じてるのは出演者、監督も大事だけど

肝心なのは脚本がしっかり練られてないと

薄っぺらい仕上がりになるという事。

 

原作の切り口と掘り下げがキーポイントかな?

 

 

10分前にいなかった観客は始まったら7,8人、

田舎のスクリーンは小さく一杯あるからたいてい

20人座ってればオーッてなる。、

 

独り占め感覚で優雅に2時間ちょっと過ごす、

この季節のゼイタクスポットだね。

 

余談だけど、つまらなくてコックリコックリすると

すごく気持ちよい、まるで音楽kに浸ってる

感覚が得られることも。

(エッ、私だけ!?)