都会で暮らす為には... | あとりえ・しっぽう 大山阿津子のブログ

あとりえ・しっぽう 大山阿津子のブログ

あとりえ・しっぽう 大山阿津子 official brog

ホームページ リニューアルオープン!! 

http://atelier-shippou.com/
 

注) あくまでも私的な考えです


テレビのワイドショーは台風が

関東地方を直撃した様子を

映し出している。


被害が少ない事を願いながら

災害の度に交通機関の乱れで

忍耐を強いられる都会の暮らし

ふと考えてしまった。


グルメ、イベントなど何でも

便利で揃っている都会。


ただし、大雪、台風、ゲリラ

豪雨など、一たび自然が

牙をむくと大きな被害と

いうより多くの人が大変な

忍耐を強いられてしまう。


電車や空港内で何時間。

線路つたいに延々歩く。

タクシー待ちの長い行列。


しかも一昔前よ乱れる出来事が

多くなったように感じる。


田舎に暮らし、半ば現役

引退の人間には、ただただ

頭の下がる思いである。


便利な交通網は人間の

選択肢を逆に狭めている

のではないか。


圧倒的な人口は生活パターンが

類似する人が多いという事。


東京でOLしていた頃、大雪で

バスに乗り遅れ会社へ行く

道が途絶えた時、途方に

暮れていた私を見知らぬ

男性が拾ってくれた事が

あったっけ。


(若いお姉ちゃんしか

出来ない特権だったのかも)


都会の便利さ、不自由さ、

あらためて考えてしまった。


一つだけ確信した事。


私はもはや東京暮らしは

出来ない人間になって

しまったという事。


(のんびりマイペースで生きている

からかな、長い行列は避けて

通るせっかち人間になって

しまったみたい)