自然のままの自分を好きになる

  自然のままの自分を好きになる

せらぴすとのつぶやき・本当の自分と出会う旅

アロマ、ヒプノ、カードなど、セラピーを行っています。
日々の素朴な出来事、感じることを書いてます。

テーマ:
不思議な夢を見ました。

あれは前世の夢ではないかと思います。

その晩は、娘とアロマレインドロップをお互いにやりました。

「前世が見れるかもね」などと冗談を言ってました。

コレを行うと、深い感情にアクセスする為か、心地よい夢心地になりますので、あり得るかと思いますし、実際そういう方もいらっしゃる話も聞いてたので、満更でもないと。

時々、自分にこうなるように!と思う事で、それが予知予見でそういう言葉が先に出るのか、思った通りに仕向けるのか、どちらかわかりませんが、顕在意識から潜在意識の深いところまで、達するのか、意図的にはかどることがあるので、潜在意識は侮れません。

もし思った通りにならない時は、心の底から願ってないんだぁ、と思うことにしてます^ ^


施術の後、眠くて眠くて仕方なくふとんに入りました。

半寝状態で、猫が布団の中に入ってくる気配を感じました。

入ろうとしやめて、私のお腹にのる感覚を感じました。(後から目覚めて気づくのですが、現実に、猫は私の所には来ず別の所で丸まって寝ていました)

私のお腹の上で寝るなんて珍しいなと感じながら、すぐ夢を見ました。

断片的で、ストーリーが飛ぶのですが、猫を抱え昔の古い景色の田舎の坂道を歩いています。

後ろからカタカタと、何か足音が聞こえるので、女性が私の後をついてくるのだと感じ、後ろを何度もふり向いても誰も見えません。

場面が変わり、多分場所は中国です。

大きな屋敷の中を私はウロウロしています、他に人の気配を感じますが、よく分かりません。

目の前に赤茶色の細かい木彫り模様の扉が目につきました。

(もっと細かい模様でしたが)

扉を開けます。

すると場面が変わり、私はどこかに落ちたような感覚があり、地面に手をついて、うつ伏せになった状態で、土の色を見ています。

地面の土はジメジメしていて、嫌な感覚を覚えます。

私はどうやら地下のような洞窟のような所に閉じ込められていると感じました。

「助けて」とか、「ここから出して」とか、酷く泣き叫んでいます。

叫んでる私は黒の少しくせある長い髪で、目鼻立ちパッチリ洋風な感じで、中肉中背、その時代ではソコソコの身分の女性のイメージを感じます。

とても泣き叫んでいます。

夢ですので、頭の中は悲しくはないのです。

その女性に対し『この人は辛く悲しくて、激しく泣いているんだ』と客観的に捉え、自分の肉体だけが一緒になって泣き叫んでるだけなので、ただ悲しいのだ!という事を冷静に認識している感じです。

脳と体が別々になってるような感じで、これは夢だという事も客観的な自分は認識しています。

寝ている私の実際の体はお嗚咽し激しく泣いているので、感情が高ぶっていると共に、その女性の激しい悲しみも伝わってきます。

目が覚め、冷静になり、彼女はなぜ囚われの身になったのかと考えました。

生け贄だったのか(@_@)?

それが自分なのかどうなのかも、はっきりはわかりません。

夢の中での体験は、夢の中でコレは体験したことがある!とか、この場所に何度も来たことがある!と感じることがあります。

しかし、夢から覚めると、あんな所は行ったことがないなーと思うのです。

何度も夢の中に現れるのは、記憶であって、何度もその場所に行ったことがあるからと言われていますし、私もそう思います。
でも、実際現在にはない場所だったり、環境だったりしますので、前世なのかも知れません。

前世は生まれる前には記憶に残されないようにして生まれます、記憶があると今世が生きにくいからと言われていますがそれも納得できます。

よく、映画かドラマのシーンで見た記憶がインプットされてるから、それと似たようなものが夢に現れるのだと言われることもありますが、そういうこともあります。

しかし、その実際映画やなどで見たものが、感情移入する程インパクトが強く、インプットされるのは、自分の何らかの感情との接点があるからであって、感情移入がないものは、スルーされると思います。

やはりその情景は魂の記憶との関連性があるからだと思います。

しかし今回は何度も来たことがある!という感覚がありませんでした。

あまりに辛い記憶だったのか、無意識に蓋をしてしまったのかも知れませんが。

夢を見る前に、実際猫がお腹にのってはいないけれど、何故猫が私のお腹の上にのったと感じたのだろうか?と考えました。

この話を翌日、娘に話すと、「それは猫の前世なんじゃないの?」と冗談を言いました。

猫の前世を!?私が体験したんじゃないかというのです。

なるほど〜満更でない話だなと思いました。

前世は繰り返す、という話もあるから、落ちた感覚というのは、今世で猫がベランダから落ち、囚われの身も、外飼いだったのが近所からの苦情で、家の中に閉じ込めておかなければならず、その為に毎日外に出して〜という懇願する猫の感情を私が代わりに体験した⁉️

という娘の話にそんなこともあるかも知れないとマジで感心しました。

猫はとても不思議な動物です。

猫との縁は昔から深いと感じています。

この猫と出会った時、子供の頃の心残り(他の猫達もなのですが)だった猫の生まれ変わりではないかと思うことがあります。

猫の話になると終わらないのでこの辺にしときますが。

妄想を膨らますと、話が広がって終わりません😆

そんな訳で、あの夢は私の中の出来事なのか、猫との以心伝心で見た夢なのか、とても不思議な夢でした。



初回お試しセッションございます、お聞きしたい方はこちらでお問い合わせください

セッションの詳しい内容は

アロマヒプノホームページ

ご予約お問合せ

友だち追加

只今年内限定お知らせ;精油を切換える為、年内購入精油使用施術をキャンペーン価格で行っております、お試しになりたい方はお問合せ・予約欄にてご確認ください。


テーマ:
土日だけ営業している、ネットで見つけた江戸川区にあるセネガル料理屋さん。
 
セネガルと言えば、ワールドカップ⚽️で日本と2:2のきわどい対戦だった国ですね。
 
右の赤いのは甘さとすっぱみのトマト風味で、左は玉ねぎの甘さをいかしたリゾットっぽい感じ。
 
辛くないし、薄味なので赤ちゃん👶も食べれそう。
 
これでなんとそれぞれ500円!

 

 

 

ジュースは紫色がハイビスカス、カフェオレ色がバオバブです。

このバオバブ、はじめてなんですが、少し香ばしい香り、どこかで味わった記憶がある味。

なんでだろ、すごく懐かしい⁉️

 

image

 

バオバブと言えば、有名な星の王子様に出てくる、バオバブの木!

 

 

関連画像

 

 

 

 

チョコパフェ、濃厚な甘いスイーツ✨

 

 

image
 
 
こじんまりとしてますが、カフェテラスがあり、
 ナチュラル感があり、とっても落ち着きます。
 
image
 

 

 

初回お試しセッションございます、お聞きしたい方はこちらでお問い合わせください

セッションの詳しい内容は

アロマヒプノホームページ

ご予約お問合せ

友だち追加

只今年内限定お知らせ;精油を切換える為、年内購入精油使用施術をキャンペーン価格で行っております、お試しになりたい方はお問合せ・予約欄にてご確認ください。

 


テーマ:

もう20年以上前に購入した古い本ですが、ずっと手放せないでいました。
 
初めてこの本を読んだ時、死の世界をよりはっきり認識し、感銘を受けました✨
 
あちらの世界は理解してましたが、真面目に正しく生きないと死んでからは、とんでもない所に行かされてしまうのでは〜と暫く思ってました
 
ので、良いイメージはありませんでした。
 
物質的思考に飽き飽きしていた私は、人生はなんのためにあるのか?
 
なぜ世界は貧しい人と、豊かな人の隔たりがなぜあるのか?
 
人は生まれた時から不平等!?
 
他国はなぜ神の名の下に宗教戦争を起こすのか?
 
人同士が殺しあうような宗教は真実ではない。
 
自然破壊し、他の生物をないがしろにし、苦しんでるものと恵まれてるものとの、差がありすぎる。
 
支配的で、優劣をうむ、世の中にヘキヘキ。
 
無駄な欲やエゴにどっぷり浸かってしまうなか、生と死を思う時、深く考え、納得がいかない。
 
それでも、人生に意味なんてない!と発する人もいますが、意味がなかったら存在する意味もないではないか、と私は意味をどうしても探し続けたい。
 
この本を手にした時、一気に読んでしまい、それからは、ずっと読み返すことはありませんでしたが、本当に大切なメッセージが散りばめられていて、ずっと疑問に感じてた思いが、心底いっぺんに理解できたのです。
 
世の中には真実の本はそれ程多くないと思います。
 
魂が震えるというのはこういうこと、改めて感じました。
 
この本読めば、全ての人はどんな人でも神に愛されている。
 
愛されてないと思うのは、神から離れてしまうからであって、全ては自分次第なのだと理解出来るはず。
 
ところが私はこの本を手放してしまいました(ー ー;)
 
もう読まないだろうと、軽く500円くらいで売りに出してしまい絶版本後で気付き
慌てて高値になったAmazonで3000円で取り戻したのでした〜 
  💦ε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘
 
 
 

初回お試しセッションございます、お聞きしたい方はこちらでお問い合わせください

セッションの詳しい内容は

アロマヒプノホームページ

ご予約お問合せ

友だち追加

只今年内限定お知らせ;精油を切換える為、年内購入精油使用施術をキャンペーン価格で行っております、お試しになりたい方はお問合せ・予約欄にてご確認ください。


テーマ:
亀戸駅から徒歩5分🚶‍♂️
 
亀戸サロン近くにあるデカリーレストランです。
 
前に働いていたサロンオーナーさん、現在一緒の職場の方と、夕飯の集い、美味しいもの食べました❣️
 
とても人気のあるレストランです。
 
あまり知られてしまうと、混雑⁉️
 
ランチが何と美味しい柔らかいステーキ、サラダタップリ、お安い❣️
 
サロンの寄ったら、是非お寄りになっては(o^^o)
 
 

 

初回お試しセッションございます、お聞きしたい方はこちらでお問い合わせください

セッションの詳しい内容は

アロマヒプノホームページ

ご予約お問合せ

友だち追加

只今年内限定お知らせ;精油を切換える為、年内購入精油使用施術をキャンペーン価格で行っております、お試しになりたい方はお問合せ・予約欄にてご確認ください。

 


テーマ:

新浦安にあるポラリティセラピーを受けにいきました。

 
初めてのことなので、ワクワク、興味がひとしお。
 
セラピストさんは頼り甲斐のある素敵なお姉さま、明るくエネルギッシュでそれだけでも癒されます✨
 
ポラリティセラピーは、体に多少触れることもあり、レイキにも似た感じ、気の流れを良くし、身も心も同時にバランスを整えるエネルギーワーク。
 
レム睡眠に入り、意識はあるのですが、夢の中に入っていく感覚で、だんだん潜在意識に入っていくような感覚です。
 
私はものすごく脚が疲れていたのと、最近行き詰まってることがありましたので、受けてみたいと思ったのです。
 
セラピストも肉体を持った通常の人間ですから、セラピーを受けます。
 
脚が痛いのは仕事疲れも勿論ありますが、心と関係しているのも自覚してます。
 
最初にカウンセリングで自分の心と体の状態、何か気になることを軽く話したあと、ベットに横になりました。
 
レイキのように手をあてたり、凝っているところを少しほぐしたりしています。
 
だんだん身体はリラックスしていき、意識はあり、雑念が色々現れながら、無の状態に入っていく瞑想感覚です。
 
最後に、足先を触れられた時、ものすごい、鬱積した唸りたい感覚が、うわっと浮上してきましたので、不思議でした。
 
それに対する恐れがあるというわけではなく、頭はとても冷静ですが、ハートの部分が吐き出したいように激しく唸っていました。
 
それがなんなのか自分の頭で、このこと?浮かべたりするのですが、ハッキリした理由はわかりません。
 
終わった後、不思議な感覚と、スッキリ感があり、体に良さそうな美味しい飲み物とムースを頂きましたー😍
 
終わった後、確認をしました。
 
私は怒りを溜めこんでいる、それが肝臓にも影響していると。
 
泣きたいほどでも無いのですが、鬱積したものは日頃の出来事に関連することもありますが、自分の昔からの癖がハートチャクラを痛めている感がありました。
 
頭は怒ってはいないのだけれど、ハートが我慢癖でダメージを受けていることが〜
 
2年前セドナのメアリーさんにも、ずっと我慢している!と何回も言われたのを思い出しました。
 
年代的に我慢が美徳としてきた私は、知らず知らずのうちに、まだまだ我慢してるハートの痛みを理解しました。
 
頭で処理する癖があることをヒプノスクールでも言われました。
 
いつも我慢しているわけではないと思いますし、家族には我慢しませんが(笑)
 
そのうち、また受けたらより開かれると、私自身もそう感じましたので、二回目も受けることにしました。
 
そして、受けた後しばらくして、行き詰まっていたものを冷静に対処することができ、自分が本当はどうしたいのか、妥協したくないということもハッキリ分かりました。
 
そして、とても不思議な、エネルギッシュな夢を2回ほど見ました。
 
1回目に受けた時の心の状態は穏やかになりましたが、その奥にあった別のものが浮上してきたので、そのことを目的に2回目のセッションを受けました。
 
内容を話すと長くなるので、すぐセッションに入りました。
 
2回目も、1回目と同じで、不思議と終わりの頃にメッセージをもらう形で時間がきます。
 
2回目は夢うつつの状態で、セラピストさんが横たわってる私に「〇〇オイルを使ってマッサージが受けられますけどどうしますか?」と聞かれ「是非お願いします」と答えてる内容の明晰夢でした。
 
目を覚ましセラピストさんにその話をしたら「それはメッセージかもですね、ご自分がそれをやるかもですね」と言いました。
 
そのオイルは今まで、購入し使ったことがあるけれど、マッサージに使おうと全く思ってなかったものです。
 
初めは全く意味不明でしたが、そのオイルの名前の響きは、過去の出来事に対するメッセージが隠されてるように思いましたし、もっと古い時代の自分が関わってきたものを連想させてもいました。
 
エネルギーも前回より良くなってきてると言われました。
 
確かに自分でもそう感じます。
 
そして2回目を受けた翌日、朝方寝ていたら、見たこともない親子が夢に現れ、場面が変わり、いきなり湖の中に自分が水中で物凄いスピードで動き回ってスリルを楽しんでる夢を見ました。
 
これも明晰夢で、夢だと分かっているので自ら楽しんでいました。
 
あとで夢占いを見たら、水中は何か物事が活性化しスピードよく動きだす!のようなことが書かれていました。
 
ポラリティセラピー、不思議な体験です。
 

 

アロマヒプノホームページ

ご予約お問合せ

友だち追加

只今年内限定お知らせ;精油を切換える為、年内購入精油使用施術をキャンペーン価格で行っております、お試しになりたい方はお問合せ・予約欄にてご確認ください。

 

テーマ:
1ヶ月前にヒプノを受けてくださった方に久しぶりお会いしまして。
 
表面上はいつも明るく、オープンな方ですが、受けていただいた時に、自分を抑圧させている感じが見受けられました。
 
受けた後は殆どの方がそうなんですが、「あんな感情があったなんて知らなかったです」とおっしゃいます。
 
そしてあれから〜
 
「先日、バッタリ、ソールメイトに会いましてーホントびっくりしました⁉️」と、嬉しそうに話していました。
 
プライベートな事は詳しくは書けませんが、この一言で、ホッとしました😌
 
何かご自分の中で弾けて、ポジティブなものが舞い込んできたのだと思います。
 
潜在意識を掘り起こす事で、自分の中にあるものが無意識に浄化され、物事の変化が早急になっていくこともあるけれど、ゆっくりゆっくりの時もあって、知らぬ間に変化が起こってたりもあるわけです。
 
私自身は後者ですが、インナーチャイルド、親に対することより他人に対してのことばかり出てきました。
 
それはあとで、何故そうなのかという事もあとあと分かってきましたが。
 
みんなそれぞれ違います。
 
ですから、インナーチャイルドに何か問題点やトラウマがあったのか?と探っても、ある人はあるし、無い人は無い。
 
あったとしても成長の段階で学んで行くことが多いと思います。
 
子供の方が魂が磨かれていることが多いので、親が自分のエゴで子供と関わってしまうと、面倒なことになり兼ねない、親が子供に依存していることすら気付かない、また子供を依存させるよう仕向けていることもあり得ます。
 
インナーチャイルドが出てくる方は、必ずではないにしろ、大概現在でも親がネックになってることが多いような気がします。
 
私は親との関係より、もっと別のものがあるのではないかと考えるようになったのは、思春期の時、作家の加藤諦三氏の親子関係の本をよく読んでいて、そこから親との関係を見直し、自分なりに親との距離感を保つことにしてから、加藤諦三氏の本を読む必要がなくなってからでした。
 
そして大人になるにつれ、他人との関係、社会との接点を考え始める頃には、心の奥深い所で、人間の精神性を謎解きし続ける中、現実世界だけでは解明出来ないものなのではないかと感じ、臨死体験。死後の世界、見えない世界などにとても興味をもち、ブライアンLワイス氏の本と出会い感銘を受け、いつか自分の前世を見てみたい、ここに自分の深い秘密が隠されているのではないか?と感じたのです。
 
そして世の中の人は、自分以上に心の病に陥ってる人が沢山いるのだということ、何故そうなのかということをどんどん追求せざるを得なくなってきたわけです。
 
誰でもヒプノが必要かどうかは、その人自身が決める事ですが、深層心理の深い所までいくのにはそれに伴うの準備段階があると思います。
 
受けると、その時に必要なものは出てきますが、最初の段階で、この辺り、次はここまでと、潜在意識が出し惜しみしている時もある感じがします。
 
また、それほど悩みはなく、興味本位で受ける方もいらっしゃいます、勿体無い!なんて思ったりしてしまいますが、ご本人にとっては確認のためもあるのでしょう、全ての方が心の問題や闇を持っている人ばかりではないのですね。
 
今は見る必要がなければ、それ程重いものは出てきませんし、潜在意識自体が負担のないやり方で少しずつ掘っていこうとすることもあるのでしょう。
 
「定期的に受けた方が良いのですか?」や「どのくらいの感覚を開けて受けた方が良いのですか?」
 
というご質問もありますが、いついつという決まったものでもなく、その時のご本人の状態に沿うというものですから、必ず二回、三回を〜というわけではありません。
 
ご本人が受けたいという意思があるかどうかなので、こちらからは強制することはありません。
 
ただ、一回で理解できることもあるかもしれませんが、何回か受けることでより深く、鮮明に解ってくることもあり得ます。
 
デリケートすぎる問題は、暫くそっとしておく時間が必要もあるかも知れませんが、もっと掘ってみようかとふつふつ湧いてくるタイミングもあります。
 
考えなくても勝手に潜在意識が動き出しますし、ヒプノを受けた後で、何気にヒントが与えられることがあったり、また夢で解消してしまうこともあると思います。
 
どんな形で自分を開示し、理解していくのかは、個人差があります。
 
しかし、どんな方でも必ず潜在意識からのメッセージは降りてくるものです。
 
私は、別のヒーリングやボディセラピーを受けたり、再びヒプノ受けてみたい〜と感じ、自分に受けてみるか?と聞いたりしますが、大概は必要な時に向こうからやって来ます。
 
受けてみたら、意外と無理してた自分がいて、身体も心も疲弊していたのが、軽くなった〜 と実感はします。
 
心が軽くなると、身体にも反応が出ますし、次の日の仕事で滑舌がすこぶる良かったり、人との関係もスムーズになったりします。
 
これも感性が個人個人差があります。
 
私の場合はいつも間にか調子良くなってるという感覚なので、人によっては感情豊かに感じる方もいらっしゃって、様々です。
 
ヒプノではなくとも、セラピー色々ありますから、どの方法が合ってるのか、セラピー事態も全く興味がない人も、興味のない人には、必要ないので情報すら入りません。
 
受けることで、不思議と自分を自分で大事にするようになって来ます。
 
自分を自分で癒すことが一番ですが、やはり媒介として理解して聞いてあげる側が存在する事に意義があったりもするでしょう。
 
他人の経験は誰もできません、経験話を聞いて、感じてあげれる共感力は、人間誰しも多かれ少なかれ持ち合わせているものですから、それによって本人も自分の中で理解し、解放していかれる事は十分あります。
 
ヒプノを受ける前は自己開示をたっぷりしていく、これが大事なポイントだと思ってます。
 
自己開示していただくだけでも、開かれていく事が必ずあります。
 

不安な方は、初回お試しセッションもございます、お聞きしたい方はこちらでお問い合わせください

セッションの詳しい内容は

アロマヒプノホームページ

ご予約お問合せ

友だち追加

只今年内限定お知らせ;精油を切換える為、年内購入精油使用施術をキャンペーン価格で行っております、お試しになりたい方はお問合せ・予約欄にてご確認ください。


テーマ:

ヒプノが入り易い人と入り難い人がいます。

 
感性豊かな人、感じやすい人、直感を信じれる人、疑わない人、柔軟性ある人、想像力のある人、いわゆる見たもの聞こえたもの感じたものをそのまま受け入れる人は入りやすい。
 
物理的に拘る人、頑固な人、夢を見にくい人、心が頑なな人、頭でっかちで分析する人は、催眠暗示にかかりにくいかも知れません。
 
こう書くと当たり前かなとも思いますが、全てが当てはまるわけではないですし、人は変化していきますし、最初は目えない方でも、だんだんとイメージがつかめて見えるようになっていきます。
 
究極やってみなきゃわからないです。
 
私のように、頭で考え過ぎる人間は入りにくいと思いましたが(笑)このような私でも、数をこなしていくうちに、だんだん入れるようになってきました。
 
セラピストの腕や相性もあると思いますし、クライアントさんがどこまで自己開示できるかは重要かもしれません。
 
ヒプノに入ると、だいたいの方がイメージ通りにに入っていきます。
 
イメージは断片的なボツっと切れるようなこともありますが、そこからパズルのようにストーリーが繋がっていくこともあります。
 
真っ暗!!という方もいらっしゃいます。
 
その真っ暗は、すごく重要なものが隠されていたりもします。
 
薄っすらとしたものしか見えなくても、感じたことを言葉にしていくうちに、イメージが広がっていきます。
 
消えていってしまったり、場面が変わってしまう事もあります。
 
喜怒哀楽の感情が鮮明に浮かぶものは、イメージや映像もはっきりしてくるかと思います。
 
インテークを最初に行うので、クライアントさんの状況をお聞きし、どうしたいのか、ヒプノを受たい目的は何かをお伺いします。
 
何か問題を抱えてる方もいらっしゃいますし、前世が見たいという好奇心の方もいらっしゃいますが、潜在意識はその時の状態により、必要なものを出してくるので、顕在意識と一致しないと感じる事もあります。
 
今はまだ知りたくない、準備が整ってないとか、また、ガイドからのメッセージが降りてくるなど、その時に応じて必要な事が現れてきます。
 
逆に、インナーチャイルドを見たいのに、前世にいってしまうとか、前世を見たいのにインナーチャイルドだったりとかもあります。
 
大概、自分の中にあんな感情があったなんて知らなかった、とか、涙が出たことにびっくりする方もいらっしゃいます。
 
出てきたイメージや、映像が本当なのだろうか?と考える必要はありません。
 
イメージに現れるということは、そこに浮かんでくるクライアントさんにとっての感情に対し、意味がある事なのです。
 
寝ている時に見る夢も、何かしらの心から発する信号だったり、夢から心理を判断というものがありますし、なんであんな夢見たんだろう?って事が、夢を見る事で発散している場合があります。
 
人はないものからアイデアやイメージからいろんなものを発明し、形にしてきました。
 
イメージというものは形はないけれども、何らかのメッセージが必ず隠されていて、結果として意味をなしていくものです。
 
私自身、過去生が本当に出てくるのか?と勘ぐり、出なかったら?!と不安に感じることもありましたが、リラックスすることによって、出てきたその光景に涙した時には、目覚めてから「なぜ?」という不思議な思いがありましたが、あとあと物事に対する考え方、感じ方に幅が広がったり、人生の流れを変えて行くきっかけにもなったりしています。
 
ヒプノは簡単に説明すると、何かモヤモヤ感、同じ過ちをなん度も繰り返す、嫌な感情がなん度もやってくるなど、人は自分では知らない間に、深い潜在意識の中に何かを埋め蓋をしたままにして、燻っているのに、普段は気付かず過ごしてる事がよくあります。
 
その原因をさぐり、その時に起きた出来事を認識し、その時の感情を今の自分自身がしっかり受け止め理解し、癒していく療法がヒプノです。
 
ヒプノを受ける時は気張らずに体も心もゆったりした状態で、誘導されたまま、ゆだねていって下さい。
 
ゆだねる→リラックス
 
これは私の勝手な解釈ですが。
 
ゆだねるって怖いことのように感じ、自分がなくなってしまうんじゃないか、コントロールされてしまうんじゃないかって思っていた時がありました。
 
ゆだねる!という言葉の意味を調べると人に任せる!ということ書かれてますが、まず自分自身を信じて、リラックスしてを前提でないと人に任せられないですよね。
 
ゆだねることを実に体感で覚えたのは、ヒーラーさんのパワーでオーラを見るという練習をした時です。
 
ヒーラーさんのパワーがすごいのかー、とその時は思いましたが、その時リラックスするというのが一番重要で、そうする事で自分の全ての感覚を信じられたんですね。
 
それが想像であろうが浮かんだイメージであろうが、存在するものは自分がキャッチしたものであるということを受け入れ、何も考えず、努力しようとせず、ただボーっとしているだけです。
 
自分がキャッチしたものですから、他の人とは違って見え、全く同じではありませんし、その人によって見る角度も感覚も違います。
 
ヒーラーさんの言葉を信じる自分、この自分が主人公なんです。
 
ヒーラーさんは、自分自身を信じることを促しますし、常に「貴方の持っている元々の能力、私の力ではない」と言います。
 
例えば、人が仕事を覚えていくのと同じかなと思います。
 
最初は教えてくれる人に頼り、あてにしますが、最初のうちだけですよね。
 
教えてくれる人の通りに最初はやりますが、だんだんと覚え、自分の考えで行い、責任を持ち、結果を得て、自分の力でやった実感をし、やりがいを見出す。
 
そして自ら成長していくんですよね。
 
やれる能力は元々あるので、教える人は少しのヒントを与え引き出してあげる。
 
教える人が、いつまでもべったり口うるさくしていると、自ら考える力を養えないことがあります、放置し見守る事が成長し易い場合もあります。
 
話それました!
 
ゆだねるってことは他人にではなく、まず自分を自身に任せる、自分を信じる、自分が感じるってことですね。
 
信じなきゃーって緊張せず、突っ張り過ぎず、リラックスして無になることです。
 
セラピストはクライアントさんが潜在意識に入るのをお手伝いする訳で、何か霊能力でしてくれる、映像を見せれくれるわけではないです。
 
自らの力で潜在意識を引き出していくのです。
 
もちろんセラピストはリラックスするお手伝いをして、入り易くしなければなりません。
 
初めての方はヒプノがどんなものか???かも知らない方もいらっしゃるので、入る前にはご説明をし、インテーク・カウンセリングをしてから、入っていきます。
 
不安な方は、初回お試しセッションもございます、お聞きしたい方はこちらでお問い合わせください

セッションの詳しい内容は

アロマヒプノホームページ

ご予約お問合せ

友だち追加
只今年内限定お知らせ;精油を切換える為、年内購入精油使用施術をキャンペーン価格で行っております、お試しになりたい方はお問合せ・予約欄にてご確認ください。

テーマ:
このモヤモヤする感情は自分の感情ではない、相手に感化された感情なのではないか?と感じることありませんか?
 
時に怒ってる人が、怒りを発散する為に、吐き出してくる人がいますが、それにいちいち反応しているととても疲れてしまうことありませんか?
 
そういう人の近くにいると、心をかき乱されてこっちまでストレスがたまります。
 
ストレスになる時は、影響を受けてるだけで、感化はされてない状態なのでしょうね。
 
ストレスを感じるのなら、それは相手の感情を受け入れたくない時なので、私には関係ないとか、こっちに来ないでって言う感じなんだと思います。
 
感化されるのは、共感し過ぎてしまい、同じ穴のムジナになってしまう。
 
特にマイナス的なものを運んでくる人のそばにいる時は気をつけた方が良いなと思います。
 
私自身も人に嫌な影響を与えてしまうこともあるかもしれないので、気をつけないとです(笑)
 
共感する事で、相手が和やかになってくれれば良いですが、同じ考えを強要してくる人も中に入るので、めんどくさい事になりかねませんので、私の意見は違う、とハッキリ拒否した方が良い。
 
それも、パシッとやる人もいますが、一旦共感して、やんわりと、「でも、私はこう思う!」とか。
 
それでも面倒な場合は、聞こえないふりするとか、”私は人間ではないです” 的な感じで、とぼけ問答するとか〜(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎
 
自分が同調できる気分の良い感情を持っている相手なら居心地が良いかもしれませんが、ネガティブなものとなると厄介です。
 
自分の中になかったと思っていた嫌な感情が相手によって掘り起こされてしまう。
 
そして、巻き込まれ、自分の感情ではなかった、或いはもう昔の過去のものなのに、今でも自分のもののように感じる。
 
後になってみると、自分は最初からそんなことは思ってなかったけど、あれっ!と感化されてしまった!
 
しかし、掘り起こされてしまう、共感してしまうのは、もともとあった深く沈めていた自分のものかも知れないし、過去のものかも知れません。
 
相手の影響によって、今まで蓋をしていたものが浮上してきた。
 
つまり、気付かされた!と言うこともあるかも知れません。
 
そんな時、自分の中に、ネガティブな感情がまだ残ってたのねっ!なんて感じですよ。
 
表面化しないと手放せないですからね。
 
人は、完璧な人はいないですから、人と関わると、気づかされてしまうことってあるかもしれません。
 
これだね、これ問題だね、って認識することも。
 
でも、相手がネガティブを発信しても、何も感じなければ、クリアというか、客観視出来るようになったとか、ちゃんと浄化され自分の軸が整ってる状態じゃないかなって思います。
 
自分の軸がしっかりしていれば、ネガティブな人に影響されることもないし、出会うこともないかもしれません。
 
人との関係で、心のバロメーターが測れるんですね。
 
できれば、良いエネルギーの環境や人と関わっていくことが大事です。
 
良い環境ではなさそうとしても、自分の軸をしっかり保てるようになる事で、周りの環境に花を咲かせることも可能です✨
 
 
軸がしっかりして、うまく通り抜けられれば良いのですが、難しい世界もありますし、ブラック的な環境では負けてしまうこともあるので、自分の居場所はとても大事で、良い影響、良いエネルギーをたくさん自分に与えていかなければなーと感じます。
 
こちら↓の記事とYouTubeを見させて頂き、本当にそう感じました。

 

 

セッションの詳しい内容は

アロマヒプノホームページ

ご予約お問合せ

 

友だち追加


テーマ:

許せないという気持ちを何年も引きずる人もいます。

 
人の心のつくりや深さ、感じ方はそれぞれ、物事もいろんなパターンがあります。
 
人を許すのはとても難しいものと感じていました。
 
生きてれば、いろんな人と関わり、そういう人にも出くわす事もあるでしょう。
 
自分も人からは許せない対象になってるかもしれません。
 
不意な出来事でそのような感情を引きずってしまう。
 
人というのは不可解な生き物だなー、なんて思ったりします。
 
過去に私が許せないという立場に立った時に、どんな言葉が一番心を和らげたかというと、モンゴメリー著書の赤毛のアンを読んでいた時、『許せないのに許す必要はない』というセリフでした。
 
誰かに強引に諭されたわけでもなく、もう1人の自分は許さなくてはならない!と無理に思い、より苦しんでいたかもしれません。
 
多分、赤毛のアンでは、赤毛に対する侮辱的な言葉から始まって、自尊心を傷つけられたからで、その後いろんな人間関係の学びで、相手を許せる状況に達した、そんな流れだったと思います。
 
自分に正直に生きる赤毛のアンからはいろんなことが学べ大好きです、また読み返してみたいものです。
 
赤毛のアン 赤毛のアン・シリーズ 1 (新潮文庫)
 
よく、許せないと感じてる人に対し、忘れなさいとか広い心を持ちなさい、というような言葉をかける人がいますが、それは、苦しい感情を持ってる人に油を注ぎ、なおより苦しめるものではないかと思います。
 
許せない気持ちの時って、当人はとても惨めで、屈辱的な感情になっていますから、上から目線で諭されても何も悟ることはできません。
 
許せない気持ちがいい状態でないことくらい誰でもわかっています。
 
そんな人に叱咤しても、頭では分かっても心には響かないものです。
 
ヒプノの学びでは、そういった話がいろいろ出てきて、私などはもう忘れていたことがインナーチャイルドに出て、その時の感情に浸り、涙したりもしました。
 
負の感情の残骸がまだ残っていたか?と思いました。
 
前世療法の本を初めて読んだ時、「まさしくこれ〜」と思い、その本を読んだだけで、救われた気分になっていましたので、機会があったら受けてみたいと温めていました。
 
過去の出来事が今の自分をつくったの⁈じゃーその前は一体何なの?何故そんな状況に出くわすの?、とさかのぼって考えたら、「前世」というものにとても興味が湧いてしまい、そういう世界を知りたくなりました。
 
そして、やっと受ける機会を設けたのですが、初めてだったものですから、「えっ!これで良いの?」
 
前世療法の本のような激情的なインパクトを期待していたので、正直、?と思ったわけです。
 
特別な場所で特別なセッションを受けた!という意識。
セラピストさんのカウンセリングで癒された。
浮かんできたものはただの自分の想像ではないか?、という情景に対し何故か涙を流していた。
普段は日常的にさらすことはほとんどない感情が顕在意識に現れ、隠しておきたかった感情を認めてあげた感はありました。
 
しかし、完全に悩みがなくなったわけでは無かったので、そこで諦めたくもなく、余計追求したくなり、まさかそれから何年か経って、自分がヒプノを学ぶなど想像していませんでした。
 
普段表に出せない感情を自分で認識することは忙しすぎて、忘れてしまうことがあります。
 
そして何かのきっかけで、引っかかる居心地が悪い負の感情、その感情を無意識に再体験したり、夢に現れたりすることもあります。
 
それは人によって、感じ方、捉え方は様々ですが。
 
 
子供の頃、私に意地悪する子がいまして。
 
私は一人みんなの輪の中の小学校の集団になじまなければならず、初めて出会うその子に入学式の時から意地悪なことを言われ、学校が始まってからも、仲間外れにされることもありました。
 
当時はその子に仕返しするとか、そういうことは思いつかないたちだったので、嫌な奴( *`ω´)とずっと思い続けていました。
 
田舎なので、都会と違って閉鎖的な面もあったりし、よそ者は受け入れないって感じだったのでしょうか、今思えば親が子供の前で、悪口を言って子供がそれに反応し真似する図式だったのかもしれません。
 
ある時、よその学校と合併になり、その子が仲間はずれになった事があり、あれだけ威張っていたその子は、萎縮したような感じになっていきました。
 
その子は、自分が仲間はずれにされたからと私に救いを求めるかのように、その子を仲間はずれにした人の悪口を言ってきましたが、私に意地悪をしておきながらと許せない気持ちが残っていましたので、私は何も言わず黙っていました。
 
人に意地悪をすれば自分に返ってくるものだと、因果応報をなんとなくどこかで信じていたのかどうか分かりませんが、私は子供ながらに感じ見届けていた感じでした。
 
あまり、良い印象がない子だったので、近づきたくはなかったからですが。
 
それから環境が変わり、その子と離れ、なんとも思わなくなっていきました。
 
ばったり会うこともありましたが、相手は私に対し謙虚に、私はクールな態度でした。
 
その子に対し懐かしいとか、あの頃はムカついたとか、そう言った感情はなく、事実だけが私の頭には残ってはいました。
 
しかし、大人になってから、時々夢に現れ、嫌な事を言われる光景ばかりの場面がよく出てきました。
 
あの頃の傷がまだ癒えててなかったのか、悔しい思いをする夢ばかりでした。
 
しかし、ある時、その子に怒り狂い、感情を吐き出し、やり込めた感を味わった夢を見てから、それ以来、全くその子は夢に現れませんでした。
 
それからだいぶ経ち、その子の家庭環境の事情を聞きました。
 
その子の兄が若い時に事故を起こし人を死なせてしまった話や、その子が結婚の時、親との関係があまり良い状態でないまま嫁ぎ、友達もお祝いに呼ばなかったことなどを耳にしました。
 
その子のことは忘れられない存在ではあったけれど、親しくしていたわけでもないし、私もその子がどうなったか、当時のその子と私の関係など誰にも話したことがないのに、何故その子の噂を耳にするのか?不思議に思いました。
 
人生はどうなっていくのか分からないものだなという思いと、その子自身はどうなのかは分からないけれど、私にとっては、なんとなくその子が哀れだなと感じました。
 
当時意地悪だったのは、その子の生い立ちや何かに原因があったのかもしれません、そして当たりやすい私に発散し、自分の心を保とうとしていたのかもしれません。
 
しかし、そのように思うようになるには長い年月を費やしました。
 
もうその子に対しては許せないという思いは、とっくのとうに無くなってはいましたが、だいぶ昔の過去なのに、大人になってから夢に現れるのですから、心というものは凄いもんだと感心したものです。
 
私はその頃のその子との情景が何度も何度も夢に現れ、その当時「意地悪ね!」と怒りをぶつける方法すら分からなかったのです、どれ程ぶつけたかったことでしょう。
 
その子にというより、自分のその子に対する自分の中の何かと戦って、その当時言いたかったことを、夢の中で最後に会うその子にやっと吐き出したのですから。
 
その子を夢の中でやり込めた自分の潜在意識は爽快だった事でしょう。
 
自分の中にある感情を自分に対してだけは隠そうとせず、誤魔化さず、自分の中の嫌な感じ、不愉快な感じを受け入れ認識することは、とても重要なのこと。
 
私はそのような自分の本当の感情、怒りは心の中にあるのに、それを相手にどのように表現して良いのか分からなかったのです。
 
なぜ分からなかったのかも分かりませんでした。
 
言い返せなかった自分が、前世のなんらかに原因があるのかもしれませんが、そこまでは追求する必要はもはやありません。
 
ただ、その時の体験は、それはそれで今となってはいい勉強です。
 
しかし、相変わらず、人との関わりで、否定したり、反発したりはなかなか他人にはとっさに出せないものです。
 
そして、すぐ出してしまう人が時に羨ましかったり、鬱陶しかったりするものですが(´⊙ω⊙`)
 
表面を取り繕う!?日本人は特にそういう傾向が多いのではないかと思います。
 
そして、そのような方の悩みを聞く機会が多いのも、自分がそういう人間であるからなのだと思います。
 
 
許さないという感情は何故なのか?自分の深い心の中には何があるのか?
 
 
いちいち分析してしまうのですが、冷静に分析すると、自分という人間がだんだん理解できるようになり、見えてきたりしますので人間学を学びます。
 
私は許せない気持ちは良くないこと!とあわてて排除しようと思っていましたけれど、全てが悪いことではない。
 
人間はいろんな種がいらっしゃいます、この世は自分の身を守る必要もありますから、許せないことが悪いのではなく、許せない傷ついた自分の心に蓋をしているという事が良くないのです。
 
あとで傷口が膿んでしまう可能性もありますからねショボーン
 
傷ついてるわけですから、傷を癒してあげなければならないのだと思います。
 
 『許せない自分をまず許し、自分をいたわりなさい』
 
そう自分に言っている気がします天使
 

セッションの詳しい内容は

アロマヒプノホームページ

ご予約お問合せ

 

友だち追加

 

テーマ:

 

猫を外に出さないようになって、3ヶ月。

 

 
しばらく季節の変動時期、ダルそうだったのだけれど、家ん中にいるのが相当退屈で、ドア、ドガンドガン開けようと毎日必死。
 
開けないよう重い物を置いたり、ドアの取っ手の向きをかえたり、試行錯誤。
 
仕事場で、家族からラインで、「また脱走した!」 暑さのおかげか「すぐ帰ってきた」 「すぐ捕まえられた」この夏、猫も猛暑には勝てないようだった。
 
その代わり、外に出さないせいか、どんどん綺麗になって、私にあまり関心がなかったのが、以前よりしおらしくゴロゴロ甘えて来るようになった。
 
外に出たいニャン😿
 
他の猫好きな方々みんな、やはり同じような経験をしている、外飼い→近所から苦情→家の中から出さない→家ボロボロ。
 
だいたい猫も歳をとると諦めるようになるらしいが、うちのはまだ若い!
 
もともと野良だった猫を飼い始めるとこんなに苦労するのか。
 
野良のまんまの方が幸せだったかも知れない。
 
特にもともと人間の側で生まれ、捨てられた猫は、人に懐いているので、猫好きで可哀想と思う人は出会ってしまうと飼い慣らしたくなる。
 
赤ちゃんの頃から、外に出さないまま飼っていれば、外の世界を知らないまま、一生終えることも出来るが。
 
飼いならされた猫が捨てられ、外に少し慣れてしまうと、野良にもなりきれないままどっちつかず。
 
野良だったけれど外で痛い目にあうと、外が嫌いになる猫もいるというから、家の中にとどまらせるのも不可能ではない!と希望を持つ。
 
ペットショップで血統書付きの猫を飼っても、引っ越し先では飼えないと捨てられる猫もいる、と聞くから、ビッグリ‼︎
 
人間と関わることで、幸にも不幸にもなる。
 
猫自身は何にも悪くないのに。
 
地球に存在している以上、何かしらの意味がある訳だから、うまく付き合っていかないと。
 
うちは動物が苦手な人間が2人、触れることもできなかった。
 
飼うのに反対し、文句言いながらも、色々協力してくれ、嫌い嫌いと言いながらも、懐くと可愛いと思うらしく、猫騒動になった時も、心配し、
 
「生き物だから、酷いことは出来ない」と。
 
人の気持ちも変える猫🙀
 
捨てられた猫を可哀想と思って勝手に連れてきたうちの子供は、犬も勝手に貰ってきて、ちゃんと面倒見るからとの約束を破り、所帯を持ち引っ越した。
 
先では飼えないからと、身勝手なやつだと、罵ったが、でもこっちも手放したくはなかったから、子供は私がそういう人間と知っていたので託したんだろう。
 
ペットはいつまでも面倒見続ける小さな子供のよう。
 
人間とも違うから、いるうちは、トイレもご飯もお手入れもずっとし続けなければいけない。
 
全くもう!(⁎⁍̴̆Ɛ⁍̴̆⁎)と子供に言いつつも、それ以上に癒しを与えてくれる貴重な存在になってしまったので、やっぱり手放したくない。
 
家の出入りを許し飼っていると近所から苦情、勝手に捨てたやつがもっと悪いんやー\\\٩(๑`^´๑)۶////と怒ったところで、どうにもならない!
 
とにかく関わってきた命を捨てたりするのは許せないし、自分は出来ない。
 
愛情を注いできたのか自己満足なのか?、どちらにせよ関わってきた命、もし飼えないと思うなら、見捨てるのでなくちゃんと里親を探すべき。
 
幸いこの街は、動物に対する行いが優しいと思う。
 
地震災害の時に備える、ペットに対する守備の方法の回覧板が回ってきた。
 
そういうことも考えていかないといけない時代。
 
嫌いな人もいるから、そういう人に迷惑をかけないようにも気をつけなければならない。
 
ペットがいなくなったと、よく「見つけたら知らせて下さい」と、チラシが貼ってあるのを見かける。
 
うんうん、気持ちわかります(u_u)、切ないなーって思う。
 
当たり前ですが、そしてそういう心根の人達も沢山いてホッとします。
 
外に出たいニャ、諦められないニャ😾
 
 

セッションの詳しい内容は

アロマヒプノHP

ご予約お問合せ

 

友だち追加

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス