脱ステロイド Vol.2 ~遠赤外線サウナとの出会い 前編~ | アトピーブログ☆脱ステ・脱保湿後の対策☆
2009年10月25日(日)

脱ステロイド Vol.2 ~遠赤外線サウナとの出会い 前編~

テーマ:脱ステロイド

(前回の続き)

脱ステロイド実行2週間後救急車で病院に運ばれた私でしたが、これは脱ステロイドの入り口に過ぎずその後2年間毎日、血圧異常、体温調節不能、呼吸困難の状態が続き、救急車に再度運ばれたこともあった。もちろん、このころは全身包帯でミイラのような状態で、包帯の下は黄色い汁で酷い状態で、薄皮一枚の状態でちょうど大火傷したような状態になっていた。


いままでの顔はどこに行ったかと思うほど変わりはて、間接は全て血だらけで動かすことができない状態になる。さらに、音楽ぐらいは聴けるだろうと思うかもしれないが、音楽というのはどんなに綺麗なクラシックでも音圧というのがある。この音圧により呼吸困難が起こるのだ。常識では考えられないと思うが、音楽なんかも2年ぐらい聞くことが出来なかった。大好きな音楽が聴けるようになったのは3年目ぐらいで約5~10分程度効けるぐらい音圧にも耐えれるようになった。


当たり前の話だが、外出はできない。歩けても5分が限界である。お風呂も汚い話だが3ヶ月~半年入れないのは当たり前で、お風呂のシャワーでも体温調節ができないため、呼吸困難や全身にしびれが起こり、お風呂には入れたとしてもその後数時間は、苦しむことになる。



そんな中ある日インターネットで簡易サウナを見つけたのだ。名前は「スマーティー」というものだ。いわゆる家庭用サウナなのだが、アトピーで療養中の方に効果があったという記事を見つけた。どういう効果かというと体にたまったいわゆる酸化ステロイドや金属などの悪いものを遠赤外線サウナで全身を温めることにより汗と共に外に出すものなのだ。その証拠にスマーティーに入った方は黄色い大量の汗が出てくる。早速、口コミサイトや掲示板でこのメーカーの情報を探すのだが、購入者が当時少ないのか、まだあまり世間に知られていなかった。でも、このサウナはソルトレーク五輪の選手にも使用された実績があることから信用できると思った。


早速、家族がスマーティーを作っているフジカという会社に問い合わせてみると展示場がありそこで体験できるということがわかった。しかし、当時包帯でミイラ状態で5分も歩けない私にはどうしてもそこに行くことも体験することもできなかった。そこで親が代わりにフジカの会社に訪問してくれたのだ。


そして、フジカの社長自らがうちの親を迎えて下った。そして、親が私の代わりにスマーティーを体験してくれてチェックしてくれました。30分ぐらい入った親の汗は、スマーティーの紹介文通り、黄色い汗が大量に出たという。これはすごいと確信した私の親が社長に病気で苦しんでいる私にこのサウナを体験させたいということを言ってくれた。すると、この社長のご好意によりたまたま現在使用していないスマーティーがあるのでレンタルしてくれるという話をしてくれた。本当に感謝でいっぱいだった。


数日後、そのスマーティが届きました。早速入ってみるとまず私の体は体力がない為20分ぐらいが限界であったが、遠赤外線サウナに入った後、下に引いたタオルを見ると黄色い汗が確かに出ていた。これはすごいと思った。さらにすごいと感じたのは、脱ステロイドをしていると分かると思うのだが、皮下に独特の臭いのある酸化したステロイドが貯まっている妙な感覚があると思う。その酸化ステロイドが外に出て行っているのではないかというなんとなくだが良い感じがした。


実はこれが大事で、このなんとなく良いという感じが重要なのだ。サウナでも入ってみて全然ダメというものもあれば、これは何かが違う、言葉で表せないけど、普通アトピーの方は汗をかくと痒みが襲ってくるのだが、この赤外線サウナ「スマーティー」は汗をかいても痒くないのだ。それが驚きだった。ただ、このサウナは息苦しいので長時間入ることが当時の私にはできないことが欠点だった。


私はある確信をした。もしかしたら、早く酸化ステロイドを体外に出せるかもしれないと。そして直ぐに両親に頼みスマーティーを購入してもらった。スマーティーは簡単に購入できるものではなく値段が高い。私はできるだけ安く購入する為、楽天の最安価格で購入し、スマーティーを脱ステロイドの治療に使用することに決めたのだ。


(長文の為後編に続く)


ペタしてね

Spainさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス