アファメーションって聞いたことありますか?

 

ポジティブな言葉を自分自身に語りかけて、それを潜在意識に刷り込むことで

現実化させる、という方法。

 

潜在意識に刷り込むことができれば、アファメーションで唱えた現実と

実際のこの第3次元のギャップを埋めようと潜在意識が働いてくれて

アファメーションの現実が叶う、といったものです。

 

 

例えば、

『わたしはアトピーが治り、自信たっぷりでお客さんと接しています』

 

とアファメーションをすることで、

それがしっかり潜在意識に刷り込まれれば、それが現実となるわけです。

 

 

 

ですが、アファメーションってただこうして唱えるだけでは全然効果なし。

うーん、たぶん残念なことに、逆効果だったりします^^;

 

 

というのも、

『わたしはアトピーが治り、自信たっぷりでお客さんと接しています』

 

って唱えたと同時に

 

『いやいや、そうは言っても、アトピー顔に出てるからやっぱり氣になって、

お客さんがどう思うかも氣になるし、そもそも目も合わせずらいから

自信もって接するなんてムリ!』

 

って思ってしまう。

 

 

他には、

アファメーション 『自分は人氣者で、どこへいってもすぐ友達ができます』

『いやいや、人見知りすごいし、なかなか新しい出会いですぐ仲良く

なんてなれない、ましてや人氣者なんてありえへんし!』

 

 

なんて、いくら肯定的なアファメーションを潜在意識に刷り込もうとしても

そもそも、潜在意識から間髪入れずに否定されるw

 

ほとんどの人がこういったパターンに陥って

うまくアファメーションを使えないでいるのではないでしょうか?

 

 

結論から言うと、

 

アファメーションは、使い方が正しければ効果がある

逆をいえば、

アファメーションは、間違ったやり方ではまったく効果なし

です。

 

 

 

でも、ちまたで言われてる、

 

『ただ、肯定的な言葉を自分に言い続けてたら

潜在意識に刷りこまれてそれが叶うよ!』

 

では、何年唱え続けようが、現実は変わらないでしょう。

 

 

 

では、

どういう風にアファメーションすればいいのか?

 

 

ですが、その前にメチャメチャ大切なこと、

これをしないからみんなアファメーション効果が出ない、

ということをお伝えします。

 

それは、

 

アファメーションをやる前にブロックを取り除くこと、です。

 

 

 

先のアトピーの例文の場合は、

『アトピーだから自信持ってお客さんに接することができない』

ですよね?

 

この『アトピーであること』『自信を持ってお客さんに接する』

の関連性をみていくのです。

 

 

アトピーだって、自信持って接客してる人はいますよね?

 

アトピー=自信持って接客できない、って、

必ずしもイコールである必要ないな、と氣づく。

そうすると、アトピーだって自信持って接客してもいいんだ、となる。

 

 

 

これだけでも、アトピーだから自信持って接客ができない、という

自分が勝手にこしらえただけの信念が揺るぎませんか?

 

『ん?アトピーと自信のなさって関係ないかも?』

 

って、疑問が出れば、今まで自分を縛っていた信念がゆらぎます。

完全にその信念が壊れなくてもいいんです。

ゆらぐだけでもOK。

 

と、

こうして今までの不都合だった信念がゆらいでから

アファメーションするんです。

 

そうすると、潜在意識がアファメーションを受容れやすくなってるので

効果は格段に上がります!

 

 

 

都合の悪い信念を取り払えたら

もちろん、もっとアファメーション効果は上がります。

 

ここでは簡単なやり方の説明に留めますが、

もし興味ある方はコメント欄にでも書いていただき、

知りたい方が多いようなら詳しいやり方もお伝えしますね。

 

 

まずは、簡易編でもこれを一度やってみてください。

 

『どんなけ都合の悪い信念を勝手にでっち上げてたのー、アホらし!』

 

となること請け合いです^^

 

 

 

ランキングに参加しています。

ポチっとしていただけると嬉しいです♪

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


自分らしさランキング


アトピー性皮膚炎ランキング