ニキビの原因

テーマ:

 

Q.わたしはよく肌にニキビができてしまいます。皮膚科で薬を処方してもらっても、これといってよく効いた!という実感がありません。人それぞれ原因は違うと思うので、私はなぜニキビが頻繁にできてしまうのかを調べたいのですが、病院の何科で検査していただけるとかはありませんか?

殆どの人は、薬でニキビが治っていません。

薬で治ったという人は、自己治癒力が、

薬を使っている時に、たまたま高かった

からだと思います。

 

ニキビ用の薬は、殆どが抗生物質。
抗生物質は、ニキビを治す薬では
ありません。

抗生物質は、毒性のきつい薬です。
一時的に症状を抑え込んでも、
ニキビは治っていません。

抗生物質は、ニキビの原因になる
黄色ブドウ球菌も死滅させますが、
同時に肌を守っている表皮ブドウ球菌も
死滅します。

肌を守っている良い菌がいなくなることは、
ニキビもできやすくなるということです。
そして、抗生物質は、体の70%の免疫機能を
担っているという腸内環境も乱します。


皮膚科の先生も、抗生物質でニキビは
治らない。
もし、薬で治そうとするなら、一生
薬を飲み続けること、とおっしゃって
います。

薬でなく、自己免疫力で治すには

.規則正しい生活
.皮脂を詰まらせない

この2点だと、おっしゃっています。

ニキビの原因は、病院の検査では分かりません。
アレルギーの検査は、病院でできます。

私たちは、健康で生きていく上での
機能がすべて体に備わっています。

少し無理をしても、元へ戻ろうとする
力が働きます。
 

肌は自らうるおうものです。

ただ、水分だけは、与える必要が

あります。

年齢とともに、水分が減っていく

からです。

 

  • ニキビが頻繁にでき、治らない原因

.1.石鹸洗顔しないで、クレンジング剤で
洗っていませんか?

クレンジング剤は、汚れを落とすことができません。

 

.2.肌に必要な物は、ただただ水分のみ。
化粧水以外に、クリームや乳液を
使っていませんか?

私たちの肌には、うるおい成分を作る
機能が備わっています。

 

ただ、年齢と共に水分が少なくなって
きます。不足している水分のみ与えて
いれば、ニキビはできません。

 

過剰なケアは、肌に負担に皮膚に備わっている
機能が働かなくなり、乾燥しニキビを作ることに
なります。

肌に水分が満ちていると、肌細胞は活性化し
傷んだ肌細胞を修復する作用があります。
されに、水分があるところに、皮脂が分泌
されやすくなり、水分と皮脂が混ざり合い
クリームが作られます。

このクリームは、肌の内側で作られますので、
しっとり感が長く持続できますので、冬の
乾燥期にも、肌荒れが起こりません。

このクリームが作られるようになると、
ニキビは治って、ハリとツヤのある卵肌を
手に入れています。

.自分の口にした物が体を作っています。
ニキビも代謝がよいと、できません。
自分の好きな物を口にするのではなく、
60兆個の細胞が活発に働ける物を
口にする。

60兆個の細胞が活発になるのは、
日本古来からの和食です。
魚、海藻、穀類、豆類、野菜

これらは、ミネラルを多く含んでいます。
ミネラルには、体や皮膚の傷んだ細胞を
修復する作用があります。


上記を実践すれば、ニキビと縁遠くなる
のは、確かです。

 

アトピー・ニキビ肌・トラブル肌用低刺激スキンケアYH化粧品パウダーパウダー
WEB無料メール講座9日間で学べる、アトピーもニキビも卵肌になれる方法
モニター体験記お客様の声 アトピーお客様の声 ニキビお問い合わせ

登録お願いします。
友だち追加