そもそも、皮脂とは? | 子肌育Blog アトピーに負けない生活。

子肌育Blog アトピーに負けない生活。

子どものアトピー性皮膚炎治療、スキンケアなどについての正しい知識を、わかりやすくまとめています。


テーマ:

皮脂とは


そもそも、皮脂とは?


こんにちは。橋本です。


「皮脂が多くて」「皮脂でテカって」とかいいますが、そもそも皮脂とは、なんでしょうか?



皮脂腺(脂腺)で作られる


皮脂は、皮脂腺(脂腺)で作られます。


人間の皮膚には、毛穴がありますよね。


その毛穴は皮膚の中で、長い毛を包むように袋状になっています。


その袋の上から3分の1のところに、つながってくっついている袋。それが皮脂腺です。


皮脂腺は、多角形の細胞が集まって、ちょうどぶどうの房のような形でできています。


一部には、毛穴に付属したものではなく、直接、皮膚の表面につながっているものもあります。


皮脂と皮脂腺



皮脂腺は、体の場所によって違う


皮脂腺は、体一面に均等にあるものではなく、体の場所によって数が違います。


頭がいちばん多く、次に顔。


そして、胸や背中。わき。股などに、多く皮脂腺が集まっています。


赤ちゃんが脂漏性湿疹になりやすいのも、顔に皮脂腺が多いためなんですね。


そして、皮脂腺は中心部に集まりやすいのも、ひとつの特徴。


顔の中でも、一般的に「Tゾーン」とよばれる、額や鼻すじがテカリやすいのも、そのためです。



皮脂は油分


皮脂腺から分泌される皮脂は、油分です。


つまり、水分をはじきます。


油成分である皮脂が皮膚表面に出るため、角層中の水分の蒸発がおさえられます。



季節で分泌量が違う


皮脂は、1日に1~2g分泌されますが、分泌量は年齢や性別、湿度や気温に左右されます。


気温が高くなる夏は、皮脂の分泌量が増えます。


反対に、寒くなる冬は、皮脂の分泌量は減ってくるんですね。


それもあって、冬はより肌がカサカサしてくるわけです。


食事内容で分泌量が変わる


皮脂腺が皮脂を作るのに、血液の成分が使われます。


とくに、血液中の糖分脂肪分を取り込んで、皮脂が作られます。


そのため、甘いもの、油っこいものを多く食べると、皮脂の分泌量が増えることがわかっています。


皮脂の分泌が多いとニキビができやすくなります。


なので、ニキビができるようなら、「甘いもの、油っこいものを控えましょう」とよくいわれるんですね。



皮脂の役割


では、皮脂はなんのためにあるんでしょうか?


それは、髪や肌を保護するため。


皮脂が薄くコーティングすることで、髪、肌を保護して、うるおいが逃げるのを防ぐんですね。


肌は汚れとともに皮脂を洗い落としても、皮膚が正常なら、またすぐに皮脂が分泌されます。


しかし、髪の場合。長ければ長いほど。


髪にコーティングされた皮脂を、シャンプーで洗い落としてしまったら、どうでしょうか?


再び、皮脂が髪をカバーすることはありませんよね。


髪から落ちた皮脂の役割を補う。


それが、リンス、トリートメント、コンディショナーなどを使う目的なんですね。



橋本夏樹さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。