森友問題につづいて、セクハラ事務次官の件でもちきりですね。国会という日本をこれからどうしていくのか決めていく場所が、このようなしょうもない、この上なくつまらないことに消費されていく現状に。日本の未来って大丈夫かな?という不安を感じます(笑)

 

とくにセクハラ事務次官の件なのですが。こんなのホントにどうでもよくないですかね。財務省の偉い人がセクハラおやじでした。それでおしまいだと思うのですが。なんでこんなにみんなで盛り上げているのかわかりません。

 

そして。この出来事の経緯について変だな、と思うところがあります。


一番あやしいな、と思うのは。テレビ朝日がこの女性記者のセクハラ報告を握りつぶした点ですね。これ、なんで握りつぶすんですかね?その後セクハラ問題が週刊新潮で報じられると、一転してセクハラ許せない!と事務次官を攻撃するわけです。ここが私にはものすごく疑問ですね。ぜんぜん行動に一貫性がありません。

 

どのように考えればテレビ朝日の行動がつじつまのあったものになるのか?

 

たとえば、この女性記者の取材行動は、上司も一体となった組織的なもので。たとえば色っぽくて事務次官が鼻の下を伸ばしそうな女性記者が選ばれて。取材しているなかで予定どおりセクハラがあって。女性記者がこのへんできりあげてセクハラでスクープしたいと上司に言ったけど。文書改ざんなどもっと重大なネタにたどり着きたい上司に取材続行を命じられ。頭にきた女性記者が週刊新潮に売った。

 

この流れだとすっきりするんじゃないですかね?

 

だいたい嘘つきの言うことって不自然です。テレビ朝日の。

セクハラ握りつぶし→セクハラ事務次官ゆるすまじ。

この流れの不自然さに、この件の答えが隠されているように感じます。