福島県のゴルフ場の放射性物質は一体誰の持ち物なのか?!発生者責任の原則で判断するべし | 内部被曝、放射能問題、原発事故、地震、津波についての情報ブログ

内部被曝、放射能問題、原発事故、地震、津波についての情報ブログ

<提言>内部被曝と外部被曝は危険性が全く違います。屋外を外出する場合は、マスク等を着用して放射能を内部被爆しないようにいたしましょう。
東京や関東、東北の放射能が高い場所では、マスクやゴーグルを着けることで内部被曝を最小限にすることができます。


テーマ:
福島県のゴルフ場の放射性物質は一体誰の持ち物なのか?!
発生者責任の原則で判断するべし

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011111400849

時事ドットコムから引用(2011/11/14-20:08)

福島ゴルフ場の仮処分申請却下=「営業可能」と賠償認めず-東京地裁

東京電力福島第1原発事故でゴルフコースが放射性物質に汚染され、営業できなくなったとして、福島県二本松市のゴルフ場「サンフィールド二本松ゴルフ倶楽部岩代コース」の運営会社など2社が、東電に放射性物質の除去と損害賠償の仮払いを求めた仮処分申請について、東京地裁(福島政幸裁判長)は14日までに、申し立てを却下する決定をした。

2社は同日、東京高裁に即時抗告した。

決定で福島裁判長は、ゴルフ場の土壌や芝が原発事故で汚染されたことは認めたが、「除染方法や廃棄物処理の在り方が確立していない」として、東電に除去を命じることはできないとした。

さらに、ゴルフ場の地上1メートル地点の放射線量が、文部科学省が子供の屋外活動を制限するよう通知した毎時3.8マイクロシーベルを下回ることから、「営業に支障はない」と判断し、賠償請求も退けた。


さらに、2011-11-24朝日新聞より引用

朝日新聞に連載されてる~「プロメテウスの罠」~の欄から「無主物の責任」とは?!

放射能は誰のものか?この夏、それが裁判所で争われた。

8月、福島第一原発から45キロ離れた二本松市のゴルフ場が東京電力に、汚染の除去を求めて仮処分を東京地裁に申し立てた。

「事故の後、ゴルフコースからは毎時2~3マイクロシーベルトの高い放射線量が検出されるようになり、営業に障害が出ている。責任者の東電が除染をすべきである。」

対する東電は、こう主張した。
「原発から飛び散った放射性物質は東電の所有物ではない。
したがって、東電は除染に責任をもたない。」

答弁書で東電は放射性物質を「もともと無主物であったと考えるのが実態に即している」としている。

無主物とは、漂う霧や海で泳ぐ魚のように誰のものでもないと言う意味だ。

つまり、東電としては、飛び散った放射性物質を所有しているとは考えていない。

したがって検出された放射性物質は責任者がいないと主張する。

さらに答弁書は続ける。「所有権を観念し得るとしても、既にその放射性物質はゴルフ場の土地に符合しているはずである。
つまり、債務者(東電)が放射性物質を所有しているわけではない。」

飛び散ってしまった放射性物質は、もう他人の土地にくっついたのだから、自分たちのものではない・・・そんな主張だ。

決定は10月31日に下された。

裁判所は東電に除染を求めたゴルフ場の訴えを退けた。

ゴルフ場の代表取締役は、東電の「無主物」という言葉に腹がおさまらない。

「そんな理屈が世間でとおりますか?!無責任きわまりない。従業員は全員耳を疑いました」

7月開催予定だった「福島オープンゴルフ」の予選会もなくなってしまった。

通常は年間3万人のお客でにぎわってるはずだ。

地元の従業員17人も9月いっぱいで退職してもらった。

「東北地方でも3本の指に入るコースといわれてるんです。本当に悔しい。除染さえしてもらえればいつでも営業できるのに」

東電は「個別の事案には回答できない」(広報部)と取材には応じていない。


ここからは、持論のコーナーです。

福島県のゴルフ場の放射性物質は一体誰の持ち物なのか?!
発生者責任の原則で判断すべきです。

東電の無責任極まりない主張に耳を疑いたくなります。

このような無責任なことを主張をする電力会社は潰してしまおうではありませんか?!

会社が存在する意義が全くないのですから。

東電は、とんでもない会社であることがはっきりした。

また、この東京地裁の裁判官や裁判長は一体誰なんだ?!

調べれば直ぐに分かることだが、彼らは世間知らずのおバカ軍団なのか?!

ゴルフ場の放射線量が、毎時3.8マイクロシーベルを下回ることから、営業に支障はないと判断し、賠償請求も退けた?!

地上1メートル地点の放射線量が、毎時2~3マイクロシーベルを低い放射線量と判断したってことですよね。

毎時3マイクロシーベルは、年間に換算すると26.28ミリシーベルト/年にもなるのですよ。

常識はずれの馬鹿とは、この裁判を担当したこの東京地方裁判所の裁判官達のことですよ。

明らかにこのゴルフ場が放射能で汚染されているにも関わらず、裁判官は一体なにをやっているのか?!

民法の無主物の責任を論点にするのは甚だおかしいし、原子力委員会の2005年10月の原子力政策大綱に示されている放射性廃棄物処理の原則の中で、「発生者責任の原則」によって判断されるべきものである。

発生者責任の原則によれば、当然に東京電力が発生者になるはずです。

東京電力に放射性廃棄物である放射性物質を処理(除去)する責任があることは明白である。

しかし、裁判では「除染方法や廃棄物処理の在り方が確立していない」という理由で、東電に除去を命じることはできないとしているのも、全くおかしな馬鹿げた話しだ。

一体、司法の独立はどこにいったのか?!政府や原発推進派の人間の操り人形のような裁判である。

この判例がこれからの同様の裁判に悪く影響する前例になることだけは避けたいと感じている人は沢山いらっしゃるはずです。

常識のない人間によるおかしいな裁判が当然になされているのは、流石に常識も知らない馬鹿ばっかりなのかと司法を疑いたくもなるのです。

法学や法律を学ぶ人間の中にも、真剣にこの放射能の問題を国民に納得できる形で解決できる 筋道や理論を打ち立てることができる人間にこれから期待したい。

この東電の担当の弁護士の良心や常識を疑いたくなる。悪魔に魂を売ったような弁護士には、正直腹が立つ。全く節操がないと感じるのは自分自身だけでしょうか?!

アトム東京さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス