皆さんこんばんは。今日夕方から、ずーっと人工台風18号(666号)の様子を気象衛星画像で見ていました。この台風は、中国本土や北朝鮮方向から電磁波を当てられ続けており、九州および日本攻撃の意図があることは明白です。

ところが、2015年に敷設されたハーモニー宇宙艦隊のプロテクショングリッドを甘く見ているのでしょうね。いったん突破を図りましたが、ご覧のように後から効いてきてしまい、台風の先頭部分がガタガタになっています。

すでに亀裂は中心付近にまで到達しており、勢力が削がれることは誰に目にも明らかですね。これでもまだ「非常に強い台風」になると見込んでいるのですから、気象操作庁も中国人民気象改変部も、お目出度い限りです。どこまで頭がイカれてるんだろう・・・

また明日も人工台風18号ウォッチングを続けます。