遠隔霊視と宇宙のネットワーク(Ameblo版)



皆さんこんばんは。チームロケット内外で、大反響を呼んでいる光の想念エネルギー写真ですが、

一体どのようにして撮影しているのか、本邦初公開いたします(^^) まず用意するものは、アップルの

スマートフォンiPhone1台。これだけです。次にカメラモードにして、レンズを気持ち左斜め上方向に

向けて目をつむり、ダイヤモンドゴールド太陽を心に描いて、それが上空からバーッと降ってくるよう

なイメージを心に描きます。この時、カメラを下に向けないことと、髪の毛がレンズにかからないよう

に注意してください。そして、必ず左斜め上方向に向かってシャッターを何回も切ります。



注)スマホや携帯の機種によっては、まったく何も写らないケースもあります。今のところ隊員間で実験

した限りにおいては、iPhoneが一番表現力豊かに想念波動を捉えるようです。もちろん、auなどのアンド

ロイド端末でも撮れています。ただ、ドコモのスマホでは、うまく撮れないという報告が来ております。

理由はちょっとわかりませんが、これからいろいろ研究し解明していきたいと思います。



さてこのようにして撮れたのが、①~④の写真です。場所は昨日も申し上げたようにJR東京駅構内にある、

「ブルディガラ」というベーカリーカフェです。①の写真は、まずイヒロさんが、店内に向かって撮影した

もので、イヒロさんから見て左斜め前にいる男性が頭をかいていますが、この彼に上空から集中的にダイ

ヤモンドゴールド太陽が流入しているのがわかります。上から横から、何本も軌跡が写っています。



②は、イヒロさんの実地指導のもと、私もイヒロさんのiPhoneを借りて額に当ててダイヤモンドゴールド

太陽をイメージしながら向かい側の壁~天井方向を撮影してみました。最初はうまくシャッター押せてい

るかどうかが気になり、想念がバラけていたので、光のエネルギーもちょっと小さめな感じです。



気を取り直して、③再度撮影してみます。今度は慣れてきたのか、ダイヤモンドゴールド太陽のイメージ

ングが、いつもの光のアクセスポイント設置の時のようにスムーズにいきます。だんだん光が強くなって

きました。そして、光の太陽イメージングマックス時に撮れたのが、④です。心の中のスクリーンには、

お店の上のほうから、ダイヤモンドゴールドの光ぶわーっ!とが降り注いできているところがハッキリと

イメージできていました。すると写真にもその通りの光景が写っていたわけです。ブルーの光は予想外

でしたが、とてもキレイな色でびっくりしました。



iPhoneなどのスマホをお持ちの読者の方は、ぜひ上記のような方法で、ご自身の想念エネルギーの形を

撮影してみてください。明日ご紹介しますが、小学校3年生の男の子が撮ったものは、もうビックリする

ような素晴らしい写真になりました。でも家族で撮り始めると、奪い合いになるのでほどほどに!(笑)