碁嬢の人生鑑賞~♪

映画、観劇、クラシックetc鑑賞に行ったこと、

また日常も「鑑賞」して人生に一滴の清涼剤を!

(*^_^*)


テーマ:

猛烈に多忙な1日になりました。
午前中に課長に無理を言って半日有給を貰ったのはシンフォニーホールにクラシック鑑賞。
通常の時間に家を出て、福島区にあるシンフォニーホールに10時半過ぎに到着。
平日11時開演の「ヤング・プレミアムコンサートVol.1 南紫音(みなみ しおん)ヴァイオリン・リサイタル」
平日昼間に1時間のコンサート観客は100人ちょいかな。
団塊の世代多し。
【演目】
①チャイコフスキー…ワルツ・スケルツォ。
何と、弓使いの綺麗な人だろう。
弓の体幹がしっかりしているので、本当に綺麗な音色をストラディヴァリウスが鳴く。
②バルトーク…ルーマニア民俗舞踊。
初めて聴いた曲で終わったことが分からない。
と思っていたのは他の観客も同じで、頭を下げられて皆が拍手(笑)
色々なテンポや曲調があり異国に心が旅した感じ。
③シューベルト…ヴァイオリン・ソナタ。
これを聴くと、日常の色々な記憶が蘇り楽しくなったり考えさせられたり。
今日は、嫁さんの病気のことや、欠勤者が続発して仕事が溜まっていること思い出すが、最後は劇的に良い方向に行くようイメージ出来た。
それにしても柔らかな音色の中で芯がしっかりしている不思議な人。
④パラディス…シシリエンヌ。
本日の南さんの弾いた曲の中で、一番気に入った曲。
綺麗な弓使い。観客にカッコ良く見せる弾き方。繊細なメロディーとピアニスト三又瑛子さんとのハーモニーがバッチリ!!
心が広い海に漂っている感じ。
⑤ラヴェル…ツィガーヌ。
いやもう、参った。ヴァイオリンの独奏の長いこと、ラヴェルらしい数々の技法を織り込んでいるが綺麗に纏めて、心地好く眠くなるが、シューベルト当たりから斜め後ろのお爺さんが、指でテンポを取りガシャガシャと音を立てるは、遠慮無しに「ヘンッ」とか「フェン」とか遠慮無しに痰を切る音を立てる(涙)
残響2秒のホールで止めてくれ…
残念な事に舞台に集中出来ず終了。
~アンコール~
私の大好きな、エルガー…愛の挨拶。
心が広い海に漂っている感じ。
終了後、1ドリンクと小さな小さなサンドイッチと鶏の唐あげが出て立食で南紫音さんを囲んだパーティ。
参加者40~50人
ここで、喫茶店にモノ申す。
ホットコーヒーが足らなくて10分近く待たせるのありか?
しかも待たせたお詫び無し…




救いは南紫音さんが本当に優しい方でサインもツーショット写真も快く応じて下さったこと。(横で注文の多い客や話の長いマネージャーさんが苦労されてましたが…)
残念ながら、バクバク食べて途中退場、慌てて仕事場に、欠勤者分も含めて退社時間迄トイレも行かず2.5倍仕事する。
頑張れたのは南紫音さんのお蔭。
そして退社後、難波の大阪ボディメーカーコロシアムにて母とプロレス観戦。





第1回初代「爆破王決定戦」(チャンピオンベルトは御影石)
ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ「なにわ超花火」
初めての電流爆破観戦。
大仁田厚VS高山善廣
最初の被弾で、私も母もボーゼン…
爆破の光で何も見えない視覚混乱。
爆破の音の凄さで、身が震える。
火薬の臭いで、むせ変える。
五感のうち、視覚、聴覚、臭覚が感じる試合。
両者、場外乱闘もあり何度も被弾するが、どちらも意地で3カウントならず。
特に大仁田の驚異的な粘り、「高山~!!」と
絶叫する私…
結果、高山が初代爆破王になった。
3カウント入って高山が勝った時に、何故か涙が出た。
と、母が知らないうちにリング近くに行っているではないか!!
母も感動したのだろう。
高山選手はベルトを渡されても無言だった。
ベルトを手にしてリングを後にする高山選手の腕に触れた。
今まで触ったプロレスラーや格闘家で一番硬かった。
大仁田は、言い放った。「人生は苦しいことばかりだ。人生は苦しいことばかりだ。人生は苦しいことばかりだ。でも夢を夢を夢を信じて生きて行く。」
「カッコ悪いよな。プロレス生活40周年の最初の試合が負けだ。でも、人生失敗することが多いよな。俺は、俺は、俺は、爆破王に、爆破王に、爆破王になる。」
(わたしの記憶なので曖昧ですが)
また涙が溢れた。
退場して、直ぐにサイン会。



母がいることに気がついた大仁田信者さんが、「お年寄りがいるから先にサインして上げて下さい!」と何人かが主催者に声をかけてくれた。
主催者さんが気がついて先に通してくれた。
大仁田さんが、母に「怪我して、ちゃんとサイン出来なくてすみません。普通、『邪道』と書くのですが、失礼なので「夢」と書いて良いですか?」優しい顔で母に話しかけてくれる。
ご満悦の母。
「良かったわぁ。凄い花火やったねぇ。連れて来てくれて有り難う。」
また涙が込み上げた。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
1月5日初出勤の後、繁昌亭に行きました。
桂米輝…看板の一
桂米紫…兵庫船
笑福亭由瓶…鉄砲勇助
~中入り~
笑福亭由瓶…試し酒
桂米紫…除夜の雪

初笑いには鉄板の落語中毒show
由瓶さんの熱演で中入り前にお腹一杯(笑)
トリの除夜の雪、後半やるせない噺ですが爆笑の後、良い感じで終わりました。
またお客さんの多さに驚きました。
初出勤の月曜の夜に落語会。
長い一週間になるでしょうが、頑張れるかなと思いました。
今年も落語中毒showあなどれない。
次回、3月27日出没予定

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
碁嬢の人生鑑賞~♪-SN3P03790001.jpg

日曜日、京都府立文化芸術会館まで行きました。
というのも生涯一度観れるかどうかの上方落語の旅ネタ『東の旅』の通しの落語会があったからです。
・和室
・第百回記念
・一日三部構成
お客さんが詰めかけるのは必至でぎゅうぎゅうの中での鑑賞となることを察知しながら、先週のAKB48の疲れが残る中を今週は長時間落語会に参加…
バカな私。

結局6時間程、座布団で身動き出来ずに東の旅を堪能しました。
やっぱり、上方落語は旅ネタですね!(私見ですが)
お客さんは100人は軽く越えていたと思います。
マクラも無く桂小鯛さんの東の旅~発端から始まりリレー落語で三十石~夢の通路~まで以下の演目でした。
【第一部往路】
・東の旅発端 桂小鯛
・奈良名所 桂文我
・煮売屋 桂まん我
・七度狐 桂米平
・軽業 桂文我
・うんつく酒 桂宗助
・常大夫儀大夫 桂文我
・鯉津栄之助 桂文我
・三人旅 桂しん吉
・尼買い 笑福亭生喬
・宮巡り 桂文我

【第二部復路】
・桑名船 桂まん我
・軽石屁 桂文我
・高宮川天狗酒盛 桂しん吉
・これこれ博打 桂文我
・矢橋船 笑福亭たま
・宿屋町 桂米平
・こぶ弁慶 桂文我
・走り餅 桂宗助
・三十石(前) 桂まん我
・三十石(中)笑福亭生喬
・三十石(後)桂文我
昔に関西テレビで東の旅リレー落語というのを見たり、桂米朝さんの旅の噺というLPレコードを聴いていたのですが、今回は生で詳細に復元された噺もあり、自分なりに納得したりで勉強になりました。
特に喜六、清八という二人旅のはずが途中で源兵衛という三人旅になったりが不思議だったのですが、やはり不思議なままで、源兵衛は忍びの者という話もあるとか(笑)

特筆するべきは出演者がマクラなしで次々と噺に入り、伊勢参りの情景に心を馳せたこと。
そして桂文我さんの研究心の賜物で、このような会を催すことが出来たこと。
笑福亭たまさんの非凡さでした(爆)

皆さんも機会があれば上方落語の旅の噺を体験して下さいませ。
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。