こんにちは おけいです。
 
毎日毎日
 
どんどん自分の中から喜びがなくなっていく…
 
その方が、きっと自分にとって良いだろうと思って
 
選択し続けてきたこの道が
 
結果的に自分を苦しめる。
 
何もしたいと思わなくなる。
 
そんな負のスパイラルに突入して
 
3か月…
 
自分につく嘘が自分を苦しめていき
 
本当に望んでいる人生とは
 
まったく別の現実を我慢して生きていることに
 
気づきました。
 
 
 
 
 
 
最大の苦しみは
 
自分が「家事が苦手である」ということに
 
原因がありました。
 
本当はやりたくないのに
 
妻だし母だし女だし
 
できたほうがいいし、やるべきことだろうという
 
自分に軽い気持ちで嘘をついていました。
 
 
 
料理もそんなに好きじゃないから、そんなに上手くできない。
 
洗濯も洗うのもたたむのも常にたまってしまう。
 
掃除は嫌いじゃないけど
娘や夫が家中に服を脱ぎっぱなしにしていたり
お菓子のくずをその辺に平気で放置していたり
ちょい残しのペットボトルが散乱していたり
 
とにかく、自分以外の人の後始末をすることが
非常に億劫でして。
 
本当に嫌なんですよね。
 
だから、嫌だなぁ嫌だなぁっていう思いを
 
潜在意識に刷り込みすぎちゃって
 
家事をしなければならない場面がやってくると
 
体が痛くて動かなくなっちゃいました。
 
 
私の人生ってなんなんだろ。
 
むなしいなぁ
 
ちっとも面白くないなぁ
 
そんな気持ちが心を支配していました。
 
だけど、私は
 
ただ家事がうまくできないだけ!
 
あんまり好きじゃないだけ!
 
真実はそれだけなんです。そこに善も悪もない。
 
だから、そんな自分を
 
自分自身が認められずにいただけなのだと
 
気づいたんです。
 
 
 
そして、私は無意識的に
 
嫌だなぁ嫌だなぁと繰り返し潜在意識に
 
刷り込んでいた自分の感情を
 
意識して
 
なんとかなるさ!大丈夫さ!に
 
変えてみました。
 
嫌だなぁの倍の倍の倍くらい
 
新しい意識を練りこんでいく作業が
 
必要なので、即効性はないと思いますが
 
とにかく反復して
 
潜在意識のメカニズムを学んだことを
 
活かして、このどん底から這い上がって見せますよ!
 
 
 
 

 

 

 

 
ちょっとでも、テンション上げていこうということで
 
祭りに行きました。
 
うちの子、お面かぶってなくても
 
顔が顔も髪型もキャラもチコってるんですが
 
やっぱりチコちゃんのお面をかぶると
 
強烈です。
 
日々の中に小さな喜びを見出して
 
一歩ずつ自分の真実の人生に
 
戻るように進んでいきます。
 
最後までおつきあいいただきありがとうございました。