皆さん、おはこんばんちわ。A.T.LABフィールドアドバイザーでフィッシングライターの仮面ライターKデス

今日は、ちょいと釣りから離れて潮干狩りのお話

この大潮や次の大潮は、1年の中でもかなりよく潮が引くタイミングデス。潮干狩りに行こうかな?と考えている人もいるでしょうから、軽くアドバイスします


チャリンコでぷらりと訪れたのは、横浜金沢区の野島

最初に言っておきますが、完全に掘り尽くされている感があります。例年なら1.5センチほどの「採らないサイズ」がいるのですが、普通の砂地の場所は、掘っても掘っても砂ばかりショボーン

このままでは、来年も期待薄かもしれませんね

対岸の海の公園は、壊滅的と聞いておりマスアセアセ


潮干狩りに用意していくものは、

・熊手
・手袋
・アサリを入れるネット
・海水を持ち帰るペットボトル
・アサリ選別用のザル
・雑巾

といったところ。これらをバケツにまとめて持っていくといいですねっ


右往左往しながらも、何とか筋を見つけて、家族で食べる分だけは確保。殻が3センチを超えるものだけキープしてきました

素人が見つけられるような場所には、もうアサリはいませんし、毎年いる掘り子のおじさんたちも、まったくいません。いつか野島の大きなアサリはいなくなってしまうかもしれませんね

ファミリーで潮干狩りを楽しみたい方には、富津など有料の潮干狩り場へいくことを切にオススメします


今年はアマモがほとんど生えていなくて、生き物は岸寄りの藻場にたくさんいました

そっとザルを差し出して、メバルゲットデス 笑

他にもアミメハギが捕れマシタキラキラ

アナハゼやギンポ、ボラ、イシガニ、ドンコ、エビなど、生き物がたくさん。アサリを掘るより、そんな魚たちを眺めている方が楽しかったデス

今年は砂地でカレイの子供をたくさん見ることができて、こいつらが大きくなって釣れてくれることに期待デス

アサリ掘りではなく、そんな干潟の生き物観察をしたい親子連れには、まだまだ遊べる場所かとは思います。採る時は、ソフトなネットで優しく捕獲して、観察したらそっと逃してあげて下さいねっおねがい



自宅に帰り、汲んできた海水にアサリを浸して、砂抜きします。電気の消えた暗い浴室においてやって、バッチリ吐かせましたグッ

砂抜きは、暗いところでやるといいデスよっ

今年は、実入りがよくて、殻いっぱいにプックリとした身が詰まってマシタ


掘られてくれたことに感謝しつつ、バター蒸しを美味しくいただきマシタ生ビール

〆は…


バター蒸しで残った汁にご飯を入れて、アサリダシリゾット

今日も海の幸でお腹いっぱいデスルンルン
AD
皆さん、おはこんばんちわ

A.T.LABフィールドアドバイザーで、フィッシングライターの仮面ライターKデス

取材、原稿書き書き、入稿後の時化、数日間の体調不良にて、ちょいと沖へ遊びに行けてマセンデシタえーん

おかげさまで、体調も回復し、もう次の取材へも行かされ、貧乏暇なしな日々を送らせていただいちょりマス。この大潮には、潮干狩りへも行きたいなぁってな今日この頃デス

さて、まもなく隔週刊つり情報6月1日号が発売されマス


今号のオレのイチオシは、南六郷出船のキスアナゴリレー

ロケは、電車で行ってきマシタ


キスアナゴといえば、アレでしょってな釣魚料理がドーンと紹介してありマスんで、ぜひぜひ手にとってご拝読下さいキラキラ


撮影の後、残ったアナゴで、アナゴの蒲焼きを堪能しマシタ。コレも美味いのなんのって、冷酒でしっぽりと家呑みの晩酌を楽しみマシタぜっ

アナゴの骨せんも、サックサク&カリッカリでマイウデシタ♪

余談デスが、こないだ、魚料理を売りにしている巷で人気の某居酒屋に行ってきたのデスが、オレの釣魚料理の方が数倍美味かった 笑

美味い魚を食いたかったら、やっぱり釣らないとだね!


取材でお世話になった、南六郷「ミナミ」の祥一船長。ただいま、船長見習い中デスが、とても面倒見のいい若船長デス。初心者の方やキスやアナゴ釣りが初めての方もきっと楽しませてもらえると思いマス。

またまた余談デスが、帰路に立ち寄った雑色駅前の居酒屋。釣りのあとに呑んだビール、つまんだもつ焼きは、格別デシタ生ビール

やっぱり、電車釣行は、いいねグッ
AD
皆さん、おはこんばんちわ爆笑
A.T.LABフィールドアドバイザーで、フィッシングライターの仮面ライターKデス

隔週刊つり情報、6月15日号が発売されマシタ


表紙は、宏昌丸で釣れたヒラマサ。昨日は30キロオーバーが揚がったとのこと。
外房ルアー、メッチャ熱々デスなっ炎

今号のオレのオススメは、


東京湾のマゴチ。子安のだてまき丸さんへお邪魔してきマシタ。

このマゴチ。個人的には50センチを超えたものをマーゴンと呼んでマス 笑(60センチじゃないかとご意見いただいてます)

カラーグラビアのメインを飾ってくれた石原さんは、東京の蒲田で料理屋(蒲田 蓮沼 「神花」)をやっている料理人で、マゴチの処理や熟成について、親切に教えて下さいました。おかげさまでまたまた勉強になりマシタ。石原さん、ありがとうございました😊

マゴチ釣りは大好きな釣りの一つで、これからマゴチ釣りを始めよう、始めたいという方にオススメの船宿さんデスから、そんな方は是非本誌記事をご拝読下さいませ。

マーゴン、釣りたーーーい❗️
AD
皆さん、おはこんばんちわ。A.T.LABフィールドアドバイザーで、フィッシングライターの仮面ライターKデス口笛

もう、新しいつり情報が届きマシタ♪

{8A75DF52-986D-4B1B-B776-A2BADE913F80}

このタイ、こんなにたくさんの玉に囲まれたのは間違いなく生まれて初めてだろうな 笑

なんだか楽しげな表紙になってマス

さて、今号は、僭越ながらワタクシめが担当しておりマス、"ツリ☆たべ"の号でありマス

{8CF711F1-A791-4410-ADF0-7F9E31FFE07D}

今回のお魚さんは、マゴチ。
ぜひぜひご拝読下さい照れ

{99ADEF46-2ED7-4344-B63D-40CE4B0EB872}

今回は、エディターK欠席により、ゴリキさんと由梨ちゃんにご協力いただいて、感謝&感謝キラキラ

楽しい取材になりマシタ♪

由梨ちゃんのモッてる女っぷりをとくとご覧下さいませっ❗️
ゴリキさんと2人、由梨ちゃんのスゴっぷりをあんぐりと口を開けて眺めておりマシタアセアセ

マゴチ釣りは大好きな釣りの一つですが、その船、その船長によって、こだわりは様々。今回の黒川本家でも、いろいろ勉強になりマシタ。

ちなみに、本誌誌面の仕掛け図で、A.T.LABのマゴチ竿を紹介してマスが…A.T.LABのマゴチ竿には、スピードとマルチとがありマス。
オレは、手持ちにはスピード、置き竿にはマルチを使ってまして、どちらか一本選ぶなら……個人的にはスピード推しデス。独特の調子が気に入ってマス。お財布にも比較的優しいプライス。
是非、キャスティング各店でチェックしてみてくださいキラキラ

マゴチ、お忍びで遊びに行こっと♪
皆さん、おはこんばんちわ
フィッシングライターで、A.T.LABフィールドアドバイザーの仮面ライターKデス

桜が咲いて春爛漫と言いたいところですが、、、暑いデスなっアセアセ昨日は南房で釣りをしてきたのデスが、沖上がりしてからは半袖&短パン。首と腕の日焼けがヒリヒリしてます。

もうすぐ、大好きな夏♪
夏大好き、夏最高デス‼︎

さて、4月1日発売の隔週刊つり情報、ご覧いただけましたでしょうか?

{5FCFD89F-3574-4AB9-933C-668156A235E9}

特集は、マダイ。こんなの見てると、久々にコマセマダイも行きたくなりマス。

さて、今号のオレのオススメは、

{C5743E65-D226-446D-935B-F9C5E3429D50}

大洗出船のヤリイカデス。

これが、マジで、面白かったデス❗️
取材デスから、ちょいちょい竿を出しただけなんデスが、たまにはいいもんですなぁ、浅場のヤリイカ。

{0E5F3A04-F6D4-4FC9-9AD1-9CC2E4F6DB6C}

大洗出船のヤリイカのキーワードは、なんといっても「浅場」と「大型」ってとこデスかね?

今回お世話になった昭栄丸は、昨年の秋にテンヤマダイでもお世話になった船宿さんでして… 詳しくは誌面をご拝読下さいませ。

{B2B5075B-EB96-4D19-942E-FD2F15973389}

{CD6EFC16-48F0-4928-B288-96824F871763}

{76C45121-21BC-48C2-98DA-FB410416FB50}

大きな船で、大きなヤリイカ。是非、遊びに行ってみてくださいなっ。

ちなみに、北関東道のアクセスがいいせいか、群馬のお客さんも多いそうデス。とりわけ、茨城はもちろん、栃木、群馬、千葉北部、埼玉あたりから行きやすい港かと思いマス。



※雑誌や新聞の誌面をSNS等へアップする方へのお願い
SNS等で誌面を紹介して下さること、本当にありがたく思います。しかし、写真や文章は、雑誌や新聞の生命です。昨今の写真は解像度が高く、スマホの写メの文章もハッキリと読むことができてしまいます。できましたら、掲載内容をご紹介いただける際は、写真や文章につきまして、モザイク等を入れていただけたら幸いに思います。雑誌に携わる者と致しまして、ご理解ご協力のほど、よろしくお願い致します。