【 生まれ出づる悩み 】 砂漠(サハラ)で、素足で枯れ木を踏んだ時に、枝の断片が足の裏に刺さったまま傷が閉じてしまった。 (自分のラクダ可愛さに、砂漠にはバックパック及び医療セットを持って行かなかったため) 時間が経過したいま、己の肉体に完全に埋没した枝を取り出すのはもはや至難の業である。 故に現在、非常に歩きづらい。 足の故障が治ったと思ったらこれか。 夏目漱石は、人生に於ける悩みと云うものは、手を変え品を変えながら、一生付き纏うものだと言った。 多分、一生がこんな感じで、きっと、それでも幸せなのだ。 (今日の結論 破傷風の予防接種をしておいて良かった) (旅ブログ『世界一周千夜一夜』より抜粋) 掲載写真のジュエリーは、DMからのご注文・オーダーも歓迎いたします。Webカタログは「アトリエことら」でご検索くださいませ♡ http://akotora.wixsite.com/kotora/

世界一周ジュエリーサロン アトリエことらさん(@atelierkotora)が投稿した写真 -