前回の鑑定結果の発表です!!

 

 

 

 

 

タンザナイトのネックレス

 

 

2万円

 

 

ルビーのネックレス

 

 

1万円

 

 

でしたゲローゲローゲロー

 

みなさんの予想はどうでしたでしょうかはてなマーク

 

 

さらにルビーのネックレスは

違うお店でも鑑定をしてもらいました。

 

そちらの鑑定結果が驚きでした!!

 

最初は

買取不可

 

と言われてしまいました。

とりあえずちょっと食い下がってみたら

あえて値段つけるなら・・・

 

う〜ん

500円

と言われましたゲッソリ

 

理由を聞いたところ

含浸処理と書いてあるのがNG

だそうです。

 

含浸処理を調べてみたところ

ルビー宝石赤やサファイア宝石ブルー、エメラルド宝石緑などに

よく使われている処理だそうです。

ヒビ・割れ・欠けなどを目立たなくするために、その宝石の屈折率に近いオイルや樹脂などの充填剤を宝石にしみ込ませます。

これが「含浸処理」です。
同じ含浸処理でも、宝石にしみ込ませる物質(含新物質)によって、

エンハンスメント処理(改良)と

トリートメント処理(改変)に分かれます。

そして、それは宝石の価値の違いに繋がっていきます。

 

1. 「ワックス」を使った含浸処理はエンハンスメント:天然石扱い
ワックスを使った含浸処理は、表面のざらつきや細かな傷をなくし、ツヤを出すときに行われます。翡翠やラピスラズリ、ラブラドライトなどに施されます。

2. 「オイル」を使った含浸処理はエンハンスメント:天然石扱い
オイルを使った含浸処理は、宝石内部のヒビや傷がカットや研磨などによってそれ以上拡大しないようにするためと、クラリティを高めるために施されます。「傷がないものはない」といわれるエメラルドには、ほとんどこのオイルを使った含浸処理が行われています。

一般的には樹木から採取されるシダーウッドオイルが使われます。

3. 「樹脂」を使った含浸処理はトリートメント:価値が低い
傷やヒビを埋めるために、オイルの代わりに樹脂を使う含浸処理は、トリートメントとみなされます。樹脂はオイルに比べてエメラルドの屈折率に近いため、傷の程度が大きい場合に使われることが多く、改変度が高いためです。

よって、樹脂含浸処理を施された宝石は、市場価値がかなり低くなります。

また、ターコイズなどのもろい石をカットや研磨などに耐えられるようにするために、樹脂を使って含浸処理する場合もあります。

4. 「鉛ガラス」を使った含浸処理はトリートメント:価値が低い
現在、安価で流通している透明度の高いルビーやサファイヤ、エメラルド、ダイヤモンドなどの多くは、この鉛ガラスを使った含浸処理が施されています。

こちらも改変度が高く、鉛ガラスによる含浸処理を施されたものは「ガラス玉」と同じような価値しかありません。

鑑別書に「宝石名+鉛ガラス」や「鉛ガラスの含浸処理あり」と書かれている場合は、妥当な価格かどうかをよく考えましょう。

なお、「含浸」や「鉛ガラス」の表示がなくても、「透明物質の充填」などと記載されていれば、鉛ガラス含浸である可能性が高くなります。

 

母のルビーのネックレスはこの鑑定書からでは

エンハンスメントトリートメントかは

わかりません。

 

1店目の方は鑑定士の方がお店にいて

鑑定をしてくれました。

 

2店目の方は鑑定士の方はいなくて、

写真を下請け業者に送って

それで業者が判断をしていました。

なのでおそらくトリートメント

判断されたのだと思います。

 

買取業者でも色々あるようで

得意・不得意があるので

高価なジュエリーを持ち込む場合は

ジュエリーが得意な業者へ行って

直接鑑定士の方が鑑定してくれる店が

いいと思います。

 

特に色付きの石はルビー、エメラルド、サファイア以外ほとんど買取価格はつかない

とのことでしたポーン

 

なので、タンザナイトのネックレスは

石の値段よりプラチナの値段

ということですあせる


気になる記事がありました。

お店によってかなり違うようなので、

相見積もりは必要ですね。

特に色付きの宝石の鑑定は難しいそうです。

 

 

 

これでわかったことは

 

鑑定書がある=高価

 

ではありません!!

 

本物の石だよ〜てへぺろという証明書程度

と思っておいてもいいかもしれないですね。

めちゃくちゃグレードの高い石の証明なら価値がありそうですが。

その場合は証明書がなくても鑑定士が見たらわかりそうだけど。

 

元々ノーブランドの石付きの宝石を売る場合は

買値の1/10

が妥当な買取価格だそうですが、

それにしても散々な結果でした笑い泣き

女性のファッションの場合、

自分が身に付けたいかはてなマーク

を基準に買うケースがほとんどで

リセールバリューを気にして買う人は少ないので

ある意味仕方ないのかな…笑い泣き

 

ちなみにこんな物も一緒に箱に入っていました。

販売会社の品質保証の証明書W
どこが「クオリティに対する誇りと自信、
そして信頼を約束します。」やねんムキーッ
 
どうやらこの会社は珍しいカラーストーンを扱っているようです。
 

 

今は金の値段が高いので、

チェーンの方が価値ありそうですね。

本物でも価値がないのなら、

コスチュームジュエリーの方がマシですね。

 

個人的にこのルビーのネックレスは

最初見た時、それほどキラキラキラキラもしていなくて

全然素敵だと思いませんでした。

母が本当に気に入って買ったのか

甚だ疑問ですガーン

 

きっと母は鑑定書もあるし〜

天然のルビーですよビックリマーク

とか言うセールストークに

ころっと騙されたのでしょう。

 

ちなみに昔(30年以上前)に

田舎のショッピングモールの中にある

宝石店で母が父に買ってもらったルビーの指輪も

ついでに見てもらったところ

2万円

でしたキラキラ

 

 

きっとこれは未処理の天然ルビーなのでしょう。

これはよくしていたので覚えていますニコニコ

買値は不明です。

 

○葉で買った宝石は購入価格が高額な割に

かなり低い査定になりました。

 

本当に呆れますね・・・。

こんな詐欺まがいの高額商品に

年利15%もの金利でローン払いをして

最期は支払いに苦しんでいたなんて・・・チーン

 

もちろん母の責任ですが

基本的に人を疑うことをしないし、

父の言うことに従順(というより言いなり)だったので断るということが出来ない

その性格を利用されたんでしょうね。

 

まだ完全に相続放棄が終わったわけではないので

まだ形見分けもしていません。

鑑定してもらっただけで、売っていません。

 

○葉で買った着物もたくさんあるので

きっとこれもタダ同然の値段になるだろうと

予想はしていますチーン

 

皆さんも鑑定書付きという肩書に

騙されないでくださいね!!

あちゅこのmy Pick