地震に備えて

テーマ:
 今すべきことは家具の固定です。阪神・淡路大震災では死者の80%以上が家屋の倒壊や家具等の転倒による圧迫死でした。必ず家具や家電製品の固定をしておきましょう。家具を固定するとき、取り付ける場所は「壁」「床」「天井」の3カ所ですが日本家屋の場合最も強度があるのは壁と床です。天井は吊り天井といってのせているだけでほとんど強度はありません。壁の中には「間柱、胴縁」といって、一定間隔で4~5㎝の角材が縦横に入っていますから、必ずそこに取り付けてください。
ご自分で難しい方はお近くの工事店にご依頼下さい。これだけは家族の安全の為ぜひやっておいてください。