「スパイク治療・商標申請」(開発から7年) | 未来スターを日々診療

未来スターを日々診療

「 小児のケガから~アスリートまで 」

総来患外傷98%(小児疾患70%)の真髄
「治とは1ミリを診る事で細胞が栄える事だ。」
常識を超えた幾多の超回復を成し得て来た院長のブログ。

~奇跡の治療の日々備忘録~    院長 谷川栄治

ついに!! 

 

開発から7年、

これまで多くの臨床で冴えわたって来ました。

 

スパイク治療。

 

本日、「特許庁商標登録申請」を終えました。

 

臨床数は延べ7万件以上です。

 

 

【商標権とは】

 

①商標を独占排他的に使用できる権利を言います。

 

②知的財産権の1つで、財産的な価値を持つものです。


③商標権があれば、第三者が無断で商標を使用した場合に、

法律にもとづき差し止めや損害賠償を請求することが可能になります。

 

 

開発から10年の臨床を経て、

論文の作成に取り掛かる予定でおりました。

 

世界の中の日本で更に小さな診療所ですが、

アメリカに渡った時に世界を治療で渡ってみたいと感じました。

 

あの時の夢がまた近くなった様な気がします。

 

その為に備えて更に学ぶ事も多いですが、

 

情熱は抑えきれません。

 

 

 

今回、商標登録にお力添えを頂きましたのは、

 

「よしはら特許商標事務所」

 

弁理士、吉原朋重(ともしげ)所長は開業10年目、

 

奇しくも私と同じ・・・。

 

また専門知識も豊富で謹厳実直なお方です。

 

 

って 実は・・・・

 

日曜体育モンスタージュニアのコーチでもあります、

 

持つべきものは友です^^

 

 

すべてに於いて、今後ともよろしくお願い申し上げます<(_ _)>