那須川VSメイウェザー | 未来スターを日々診療

未来スターを日々診療

「 小児のケガから~アスリートまで 」

総来患外傷98%(小児疾患70%)の真髄
「治とは1ミリを診る事で細胞が栄える事だ。」
常識を超えた幾多の超回復を成し得て来た院長のブログ。

~奇跡の治療の日々備忘録~    院長 谷川栄治


テーマ:

大晦日は特番が多かったですね、

紅白、SASUKE、格付け、RIZIN、笑ってはいけない他・・・

 

私は迷わずRIZINのメインイベントでした。

やはり話題は史上最強ボクサーであり、

21年間無敗、5階級制覇、50戦50勝、

引退から2年が経った今でも生ける伝説ボクサー

フロイド・メイウェザージュニアが日本で試合をすると言う奇跡でした。

 

今回はエキシビビョンと言う形でしたが・・・

 

 

対戦相手は28戦無敗の若き天才、

那須川天心。

 

メイウェザーをKOするとまで豪語していました、

 

メイウェザーは昨年の世界スポーツ年俸番付ではサッカー界のスター、メッシの

122億円を遥かに超える313億円の選手。

 

試合前から那須川選手を完全に舐めていたパフォーマンスが話題にもなりました、

そして試合寸前も銀座で買い物をして焼肉・・・。

 

1時間遅刻しての世紀の一戦だった様です。

 

メイウェザーは試合はあくまでもエキジビションを強調していた、

彼はあくまでもファンサービスを主張、

 

方や那須川選手は3階級王者を招いてのアメリカ合宿を何度も

行いメイウェザー対策を万全に仕上げてきてKO宣言、

ここで名を売って世界に総合格闘技RIZINを広めたかった主催者側の

無理と違和感を感じた・・・。

 

試合が始まってすぐにメイウェザーが軽く遊んでジャブで間合いを

白い歯を出し笑いながら確かめる余裕・・・

 

そこへ那須川選手のストレートが一発入り(実際には当たっていませんでしたが)

メイウェザーは「え!?」本気なの?

 

そこから一気にスイッチが入り軽くパンチを出して那須川選手が

3度ダウンで吹っ飛び終了。

 

終わってみれば格の違いなのか、

次元が違いすぎた、

 

方やRIZINと言う日本だけが騒いでいる小さな団体のが

作り上げた無敗の男、

 

方や歴史がある世界団体の本物の王者、

引退して2年41歳の老雄に20歳の無敗の男との試合、

 

シナリオだけなら面白いが、

メイウェザーは世界の名高い選手パッキャオやモズリーなど超一流と死闘を繰り広げてきた名選手、

 

まるで子供と大人の試合、

 

那須川選手の心のダメージが心配ではあるが、

今回の試合はわずか2分で10億円を手にしたメイウェザー、

世界からも賛否両論が出ているが個人的には那須川選手に

初めから気を配ってのエキシビを強調し那須川選手が試合に負けても

公式戦ではないから戦績に残らないと言うメイウェザーの気遣い、、

 

勝ち負けにこだわっていなかった奥深い伝説の男の

生き様を見た気がした。

 

 

 

 

 

 

 

谷川栄治 blog ~未来スターを日々診療~さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス