外傷専門ラストホープ

「 小児のケガから~アスリートまで 」

総来患外傷98%(小児疾患70%)の真髄
「治とは1ミリを診る事で細胞が栄える事だ。」
常識を超えた幾多の超回復を成し得て来た院長のブログ。

~奇跡の治療の日々備忘録~    院長 谷川栄治


テーマ:
とってもメンタルの強い子です!

先日、都内の小児専門医療センターで検査、
レントゲンでは異常なしと診断されましたが、

やはり子供は気を付けなければいけません。

来院時、母親に抱っこで来院、足を地面に着けると痛くて着けれませんでした。


【動画:魔法のギプスで帰りはなんと!】

実は当院で検査し骨折をしてる事がわかりましたが帰りは元気に歩いてくれました。強い!

【今回使用した相棒】

今回の相棒はGE製ロジックeエコー画像。
まだ日本の接骨院では当院のみの導入ですが、
今後発展の為、多くの院での導入を望みます。


【左:正常なくるぶし 右:剥離骨折】

ひと昔前はとりあえずレントゲンの時代でしたが、
痛みの原因の7%しか分からない。

近年は被爆もないと言う事と殆どの組織が
映し出せるので近年は「とりあえずエコーの時代」が来てる。

学校でも授業では平成30年より必修科目になったそうだ。



さて、細心の注意を払い見つけ出せたのは、
外くるぶしの軟骨剥離骨折でした。

小児の骨の端は未完成で軟骨に覆われており
ここは殆どレントゲンでは写らないので原因も
はっきりせず長引いてから来院される方が多いです。

毎回鮮明に教えてくれる相棒君には絶大な
信頼を置いております^^

今はMRIの解析度を超えた製品も出ており、
またこの相棒君はなんと!痛みの信号も出して
くれる好きすぎる右腕クンです^^



仕上は画像通りピンポイントでスパイク治療にて
加療し再生、修復を待ちます。

近年、治療家同士で高額なセミナー(勉強会など)を開催しているのが最近のトレンドだそうですが「経験ありき」の医道の道はお金では簡単に買えません。

道のりが遠ければ尚更自分の足で確かめたい。

今年に入り、海外からのお問い合わせも少々増え
予約も入って来ました。小さな院ですが今年は私もある決断をしました、その為にコツコツと行けたらと思っております。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

谷川栄治 blog ~外傷専門ラストホープ~さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。