前回登場した新キャラ二人があまり好きになれなかったのですが、

幼馴染の方の株は今回で上がりましたねw

物語的にもいい役割だったのではないでしょうか。






幼馴染こと木下さんが海人にフられる前にも失恋していたとは驚きました。

海人が何か木下さんに感じていた違和感はそこなのでしょうけど、

まああの態度だけでそれを感じ取るのは無理でしょう。

ましてや、その直後に木下さんに告白されてしまうのですし、

気遣う暇なんてありません。



木下さんの海人に対する告白の真意は人それぞれ感じ方が違って来そうですね。

私は前回の態度を見る限り、海人を好きだということが嘘とは思えません。

過去に好きだった人と再開して、もっと

好きになってしまう事もなくはないでしょうし、

多分割りと本気だったのでしょう。

もちろんそれと最近フラれた事が全く

無関係だとも思いません。

フラれてすぐだからこそ誰か他の人を好きになりやすい、というのもあったのかもしれませんしね。




そんな失恋の連続の中ですぐに割り切って、両想いであろう

イチカと海人を応援することができた木下さんは良い子ですね。

フラれたから次に誰かを好きになることで

自分の気持ちを紛らわそうとする、という女の子らしい一面もありますが

基本的には場の空気が読める子で

恋愛に不慣れなイチカよりは確実に恋愛スキルが高そうですw

この子が直接イチカを後押しした事は間違いなく

今後の海人とイチカの関係にいい影響をもたらすでしょうね。





映画の撮影に関しては、基本的に物語とリンクする形になりそうですね。

それは即ち、全てが脚本家こと檸檬先輩に見透かされているということを表すのですが、

そこにもいつか誤差が出てくるのかなーと思うと

映画撮影のシーンも目が離せません。

このままずっと檸檬先輩の思うまま…ということもありそうですが、

このややこしい恋愛事情にハプニングがないわけありません。

今までも多くの修羅場がありましたが、

檸檬先輩も予想がつかないようなハプニングにも期待したいですね。





さて、そろそろ役者たちも檸檬先輩の思惑に気付き始めているようですが、

それでも自分の好きな人と接近するチャンスを逃す人物はいないはず。

次回も祭りで浴衣と思いっきりサービス回のようですが、

檸檬先輩が企画した事である以上、何かがあるのでしょうね。楽しみです!