アサシンは前回で完全に退場だったのですね…。そしてまた怒涛の展開!

まさか令呪が再び宿ることがあるなんて思いもしませんでしたね。


それにしても、聖杯の導きとは一体なんなのでしょうか?

ここまで言峰にこだわる=彼の勝利を聖杯が望んでいるともとれるのですが、

彼自身にこれといった望みがない以上、その理由もわかりません。


ただ、彼に再び令呪が宿ることによって一番危うくなるのは遠坂でしょう。

遠坂からすれば、言峰は初めから恐れるべき存在でもあったわけなのですが、

それを逆手にとり、味方につけたまでは正解でした。しかし、

今回のアーチャーを見る限り、このまま遠坂に身を置くよりも

言峰が自分のマスターになることを望んでいるようでした。

サーヴァントがそれを望んでいる以上、遠坂からアーチャーを奪うことは

対して難しいことでもなくなると思うのですよね。


もしこのアーチャーの理想がかなったとすれば、それは本当に

言峰が勝利する可能性が高まることになるかと思います。

元々、戦闘能力の高くないアサシンが言峰のサーヴァントでしたが、

もしその席がアーチャーになると戦力のバランスが一気に崩れるのですよね。

確かに切嗣とセイバーや雁夜とバーサーカー、ライダーなども強いですが

言峰はたった一人であの強さ、しかもそこにアーチャーが加わるとなれば

なかなか叶う相手のいない存在になるかと思われます。



雁夜に対する執着というか、雁夜を深く調べたのは

遠坂をいつか裏切ろうという心の表れでもあるでしょうし、やはり言峰が

遠坂を裏切り、アーチャーを手にする日はそう遠くないような気がしますね。


一方、セイバー陣営はというと切嗣は他のマスターや

新たなランサーのマスターの散策をしているようですが、

やはり彼も言峰が気になるようですね。 確かに、視聴者からしても

言峰の行動は不可解でした。「サーヴァントを失った」ということになっている以上、

出歩いてはいけない彼がわざわざ自分から姿を表しに来る理由。

切嗣には若干思い当たる節がありそうな感じでしたが、どういうことなのでしょうね。


切嗣の心情に関しては本当に些細な行動でしか現れないのですが、

今回もアイリが求める家を与えたり、キャスターたちの行動に対して怒り、

紙を握りつぶすシーンがありましたね。こういったところで徐々に切嗣の良さを

見せられるというのはこの作品の素晴らしい点でしょうね。

細かい演出にもこだわりが見られるのですよ。アーチャーと言峰の会話シーンしかり。




さて、アイリスフィールに関する事情にも少しずつ触れ出しましたね。

今回だけでは彼女が今どういう状況にあるのか明確にはわからなかったのですが、

現時点では彼女は完璧なホムンクルスではない、という解釈でいいですかね?


この辺はアインツベルンが切嗣を迎え入れた本当の理由などに

関連してきそうな気がしますね。まだわからない事は多いですが

今後セイバー陣営にも波乱がありそうな予感がします。




というわけで、次回は最終回…ですよね?w

最近雑誌などを買っていないので全く下調べしていないのですが

時期的には次回が最終回。キャスター討伐回になりそうですね。


ついに今度こそはキャスターが退場してくれそうなので、

純粋にライダーの活躍に期待しつつ、遠坂や他のマスターから

邪魔されないことを願います(笑) ライダー頑張れ!w