バーサーカーに続き、キャスターもセイバーと同じ時代の人物…?


と思いきや、単なる勘違いでしたかw バーサーカーの方もまだはっきりとは


していないのですが、彼はEDがネタバレになっているようですしほぼ確定。


キャスターの正体は名乗られましたが…わかりませんw





さて、いきなりやり方のグロい切嗣が見られたわけなのですが、


やはりケイネスたちはこの程度では死なないでしょうね。


まあそれはセイバーの傷をみればわかることなので、切嗣たちも


すぐに彼らが生きていることに気づくでしょうけど。




しかし、今回のこの切嗣の行動はセイバーが知るとどうなるでしょうね。


もちろん彼女は召喚された身なので文句をいったりしても仕方ないのですが、


前回みているだけで何も出来なかった上に、自分が正々堂々戦おうと


決めた相手を勝手に暗殺しようとしていました。これにはかなり


失望しそうな気がしますね。もしかするとうまい具合に隠蔽して


セイバーには知れ渡らないのかもしれませんが。


どちらにせよ、今のところ切嗣とセイバーの相性はかなり悪そうですね。





一応、前回の時点では次の戦いはセイバーvsランサーだ!


みたいな展開になっていたのですが、キャスターの動きにより


また話は違う方向へ動きそうです。どういったルールを追加し


キャスター討伐を図るのかはまだわかりませんが、


アーチャーや切嗣などなかなか思うようには動かない連中は


果たしてそのルール通り動くのでしょうか?


このイレギュラーなルールによってマスターやサーバントにどのような変化が現れるのか楽しみですね。






そして意外なところで意気投合、というか関わり始めた人物がいましたね。


やはりアーチャーは遠坂が気に食わないようですが、


ここまで言峰に興味を持つということは言峰の心の空虚さに


隠れた何かを見据えているのかもしれませんね。


1話で切嗣も言っていましたが、たしかに言峰には何もありません。


何もないからこそ自分でも気づかないような野望があったりするのかも…


と妄想してみたりもするのですが、残念ながら言峰さんに関する考察は無理ですw


まあ今後は他のマスターたちの目的や願望を知りながら自分を見つめ直すということになるのでしょうね。


これはほかのマスターを見つめ直すことにもつながりそうですし、


視聴者的にもアーチャー的にも楽しみになりそうですw






というわけで話はほとんど進まなかったのですが、それでも情報量が多いし


会話劇だけで十分に楽しめましたね。冒頭のアイリの可愛さや


初登場のソラウさんなどキャラクター的な見どころもうまく盛り込まれています。


次回にも期待ですね♪