【住宅各論:外壁3 金属サイディング】




窯業系のサイディングに対して金属系のサイディング

全体のシェアとしてはたぶん窯業系サイディングには遠く及ばないと思うのですが・・
昨今はこれも多少は増えてきているようです。



何で?
プロ受けするからです。
私たちが好んで使うから。



この金属系サイディングというのは文字通り金属板を使ったサイディングです。

昔は金属製の外壁というとトタン板とか波板鋼板などといわれて、
少し経年しただけで錆々になったり穴が空いてきていたりと安物外壁の代名詞で、
お父さんの世代などでは嫌う人なども多いようです。

 


 


しかしそれは昔の話し、
今ではガルバリウム鋼板フッ素樹脂塗装鋼板などが生まれ、
むしろ窯業系サイディングなどよりも耐久性は高いと言われるようになっています。

窯業系サイディングではどうしても継ぎ目にシーリング材を使う必要があり、
そこが長持ちしないので10年程度で修繕が必要になるからです。
 

 



ただ、何しろ金属ですから柄とかを付けるのが難しく、
そういう意味でのデザイン性が低くシンプルな物が多くなります。

タイル形の物、
木に見える物、
石に見える物、
塗装に見える物、
そんなのはありません。

いえいえあるのですが窯業系サイディングほど本物に似てはいません。
似ているからデザイン性が高いっちゅうのも何だか違う気もするのですが?
それを言うなら本物のタイルや石にまさる物などないのですから。



主流はスパンドレルという金属を波板や角板や板状に加工され塗装されたサイディングです。



ただ、金属そのものの表情や特性が大きく出ますので、
シャープでシンプルで金属的な意匠性が我々のような者の心をくすぐります。
それが我々のようなプロ受けするのです。
 



だって、
本物ですから。
金属その物です。
塗装その物です。



素材の良さ丸出しなのです。
しかも耐久性も高いのです。
 



実は私たち建築家なんて人たちは、
これまでもこういう金属の外壁にしてきたのですが、

それを実現するためにはビルと同じように防火下地材を張った上にガルバリウム鋼板アルミのスパンドレルを苦労して張ったり、
板金屋さんに無理言って板金で苦労して張ったりしていたのです。

 

 

 


が、これがけっこう大変な工事でお金もかかってしまっていた。

それが金属系サイディングで簡単に安価で出来るようになり、
好んで使うようになってきたわけです。

 

 



すると、
それを見た皆さん方が家を建てる時に、
これって格好よくね?
って気がついて、
選ぶようになり増えてきたようです。



何しろそれまでは、
ビルと同じように防火下地材を張った上にガルバリウム鋼板アルミのスパンドレルを苦労して張ったり、
板金屋さんに無理言って板金で苦労して張ったり、
しなければならなかった物が、
金属系サイディングで簡単にできるようになったのですから。



ちょっと普通ではないお宅にしたい方は是非検討してみてください。

 

 

 

その際はカタログではなくて実物を見て選んでくださいね、

本物の良さは絶対にカタログではわかりませんから。

 

 
 

 

ちょっとだけ窯業系サイディングよりはお高くなりますが、

まあしれてますので、

それも皆さんがどんどん使ってくれれば下がることでしょう。
 

 

 

 

Atelier繁建築設計事務所HP
http://ateliershigeru.com
よもやま建築日記~家づくりの現場から~
http://ameblo.jp/ateliershigeru/