【住宅各論:階段2】



細かい話しを少し・・
階段の法律についてです。
その法律ってのは結局の所、日本人の人間工学から決められている訳なのです。
ようするにモジュロ-ルってやつです。



まずは、
階段の蹴上げ(けあげ)にについて、
蹴上げというのは階段一段の高さのことです。

 


法律では、
小学校:160mm以下。
中学高校や劇場集会場や大型店舗:180mm以下。
直上階の居室が200㎡をこえる階段:200mm以下。
住宅以外のその他建物:220mm以下。
住宅:230mm以下。
そう決められています。



踏面(ふみづら)について、
踏面というのは階段一段の踏み面の奥行きのこと。

 


法律では、
小学校中学高校や劇場集会場や大型店舗:260mm以上。
直上階の居室が200㎡をこえる階段:240mm以上。
住宅以外のその他建物:210mm移以上。
住宅:150mm以上。
そう決められています。



巾員(ふくいん)について、
巾員というのは階段の有効巾のこと、あくまでも壁芯などではなく有効巾です。。

 


法律では、
小学校中学高校や劇場集会場や大型店舗:1400mm以上。
直上階の居室が200㎡をこえる階段:1200mm以上。
住宅以外のその他建物:750mm以上。
住宅:750mm以上。
そう決められています。
さらに屋外などの場合はまた変わります。



それ以外にも、
外部に落下の危険がある部分の手摺りの高さは1100mm以上。
又、段を登る際に持つ手摺りが絶対に必要で、これは法律にはありませんが800~900mmくらいの高さ。

高さ3000mm以下毎に踊場が必要。

階段を何カ所つくるかも適当ではありません。
建物の用途や規模によって決められます。

その階段までの各部屋からの距離も建物の用途などによって決められます。

不特定多数の人がやってくる劇場とか大規模店舗などの場合は階段の大きさも数も位置もその収容人員数によって変わってきます。

これらは法律のごくごく一部の話し。



皆さんのお宅の階段はこの数字に合っていますか?
一度測ってみてください。



法律だけとっても大変でしょう?
これらを全て網羅しながら建物の階段は企画や計画から考えられて設計が行われます。
決して適当になんてことはありません。



ここまでは法律上の話しなのですが、これさえ守れば何やっても良いってわけでもありません。

法律というのは最低限のことを決めているだけ。
実際には機能上・計画上での安全性や使いやすさなども考えなければなりません。
ようするに人間工学、モジュロ-ルです。



住宅では最も上りやすい階段と言われているのは、
蹴上:190~210mm。
踏面:220~250mm。

程度になります。

 

巾員は尺モジュールのお宅ですと760~780mm程度になりますので法律ギリギリでこれは狭いです。

このため階段部分にはメーターモジュールを用いて850~870mm程度にするのが良いでしょう。

 

ただ、これももちろん一般的な話しなので、

そのお宅や住む人にもよるわけで、みんながみんなそれが良いってわけでもないのです。

 

 

 

ただ、それでも法律は守らなければなりません。

 

 


 

Atelier繁建築設計事務所HP
http://ateliershigeru.com
よもやま建築日記~家づくりの現場から~
http://ameblo.jp/ateliershigeru/