フランス人はいい人? | よもやま建築日記~家づくりの現場から~
新型コロナウイルスに関する情報について

よもやま建築日記~家づくりの現場から~

愛知で家づくりをする建築士が日頃、思ったことや考えたことなどを徒然に、さらにはちょっとした家づくりのヒントや知識などを気の向くままに書いております。建築にはいろいろな考え方がありますが私達の考え方や取り組み方などをお伝えできればば幸いに思います。

フランス人はいい人? ヨーロッパ建築探訪4




イタリアを南からずんずんと上がって行って、ミラノからフランスに入り、花の都パリに着きました。


パリは建築や美術の宝庫です


1週間ほどフラフラしてましたが、とても満足するまでは見れません、町が巨大なんです。イタリアの町々とは大きさが違うんです。




美術館なども、オルセー美術館に行った際、


                  オルセー1


オルセー美術館は1900年のパリ万博の際の駅舎だった物を後に改装して美術館にした物で、実に美しくて、建物を楽しみにしていたのですが、

建物も素晴らしいのですが、展示している絵がすごい!私、イラストやCGなどを描くのが趣味なものですから、絵も大変好きで、朝からハー!ホー!と絵を見ていたら夜になってしまい、それでも全部は見えませんでした・・・。




私のつたないCGなどをHP http://homepage3.nifty.com/ateliershigeru  のHOBBIEのコーナーで紹介して

いますので、暇な人は見てやって下さい。




何しろ教科書や美術本でしか見たことのないようなどっかで見たことあるような絵ばかりが、目の前の手の触れるところにゴロゴロしてるんですから!ガラスケースなんかありません、ただ壁に掛けてあるだけで、柵もありません!


写真撮影もフラッシュは禁止ですが、自由です。模写している人なんかもいっぱいいますし・・。



日本との文化の違いに驚くばかりです





そんなですから、ルーブル美術館などは全部見てると3日も4日もかかると言うので、建物と有名どころだけを見て、他の美術品はまったく見ないようにしましたが、それでも1日掛かりましたよ・・。


絶対にいつかもう一度ゆっくり行きたいと思っています。





建物としてはルーブルは個人的にはあんまりおもしろくありません。I.Mペイの傑作と言われていますが、美術品を引き立てることを主眼にしているためか、おおざっぱな感じで、うーーん?まあ個人的な感想ですが・・。私はオルセーの方をお勧めしますね!





そうそう、フランス人はお高いとか、つっけんどんだとかよく聞きますが、私が感じたフランスの人はとっても親切です。仏語でないと話してくれないなんて聞きますが、それはたぶん日本でも英語でまくし立ててくる外人て居るじゃないですか、おまえら英語もしゃべれないのか、みたいな感じで、そんな人に対してフランスの人はそうなるんじゃないんでしょうかね?





ギマールメトロを見に行ったときです。


                  ギマール1


エクトル・ギマールという人は19世紀後半からアールヌーボーを代表する建築家だった人ですが、メトロというのは、地下鉄のことで、駅の地上からの入口がギマールの作です。


                       ギマール2


すばらしい造形で、とってもこれを見たかったんですが、なにしろ観光地でも何でもない、ただの町の地下鉄の入口ですから、写真取ってると駅から出てきた人がみんな「なに撮ってんの?」って聞いてくるんですよ!


「これは何か有名な物なのか?」ってね。最初は仏語で、次に英語で、こっちは単語並べただけのカタコト英語で答えると、すると今度は向こうが「おまえはフジヤマか?」とかなんたらかんたら随分しゃべってましたっけ、そのうち何人も集まってきて、「君達自分の国の素晴らしい文化や建物を知っていなさい」みたいなことを言ってやると(こういうのは日本でも同じですけどね)、「オーセンキュー」ってフランスなまりの英語で・・。





ほんと、フランス人はお高いなんて誰が言ったんだか・・?





アトリエ繁建築設計事務所HPへ