うふふ、
この度開校する未来学校、
生徒の作品💖




こんにちは〜〜〜〜〜

昨日書いた記事、



があったけど、

そんで、




あーでもない
こーでもないと、


どういう学校がいいか
ともだちと話しててね、






日本人による日本人のための
学校にしようって🏫🌈✨✨
















そう、










ドイツに実際
6年間住んで、

ドイツ人の中に生きて、


ドイツ人と日本人が
全く違う民族だってこと、



よく分かりました。







なんか色々と、
納得した。







ほんっと違うの、

全然違う!!!!!









シュタイナー教育は、


ドイツ人による
ドイツ人のための学校。

(シュタイナーは
オーストリア人だけど、
創始者ヴァルドルフ氏は
ドイツ人👍)










マジで違うんですよ。

何がって・・・・・




全部😂













ドイツ人は真面目だね。



食事会、
飲み会の席で、

何やら深刻そうに
悲しそうに
話してるように見える。


酔っ払うなんてご法度。


知的に
話ができなく
なっちゃうからね。



そもそも、

酔っ払うと
喧嘩する、

そんなイメージ、
確率、

日本よりずっと高いし、


そもそも
ふつう
酔っ払うまで飲まない。









日本人は飲むね👍


日本の神様も
酒好きだって聞く。

こちら参照💖






でも日本人は、

冗談ばかり、
楽しい話ばかり
するよねーーーーー
基本。










ドイツでね、

大好きな友だちがいて、
ドイツ人の女の子、


日本が好きで、
日本語もできて、



よく日本人同士の
遊びにも誘って、

日本人友だちも
作ってた。




その子が、

比較して
教えてくれた。



日本人は明るい!

楽しい!

ポジティブ!


そんな風に思ったこと
なかったけど、

確かにな🤔




ドイツではよく、

山歩きに行くけど、


彼女ドイツ人グループとも
日本人グループとも行って、



日本人と行くのが好き、
だって楽しいから☺️💖
って。


ドイツ人は
とっとと歩くだけ、



日本人は
ワイワイがやがや、

楽しくおしゃべりして
過ごす。





Facebook 投稿も、
日本人は
明るいポジティブな
発信が多い。








全く気づかなかった、

言われるまで。










そんで、

帰国後に
日本が知りたくて
手に取った本、



明治維新と
第二次世界大戦の
二段構えで、

変わってしまったと
言われてる日本。


まだ若い世代のわたしには、
もう手が届かない、
本当の日本🇯🇵





せめてリアルな
話が聞きたい、



そうだ💡




江戸時代、
日本にいた人が書いた、
日本ってこんな感じだねっていう
リアルな描写、



江戸時代の
日本に滞在してた、

外国人の、


日本見聞録が
すごくたくさんあると知って、




しかも
それを一冊にまとめた
本がある。


めちゃくちゃ感動しました。
絶対読んで!!!!



わたしの、

めちゃくちゃ感動しました
感想文はこちら!!!




7年前の
Facebookに
投稿した記事。

今、ちょっと加筆
修正した。


やばい。

超やばい。




日本は本当に素晴らしい。





7年前、
感動して、

この日本を取り戻そうと
思った。


理想の教育も、

理想の社会も、


ここにあった。





やります。

日本を復活させる
学校。



これだけ読むと
まるで危険な
ナショナリズム⁉️


ちがうちがう!!



まず感動文、

この本のダイジェスト版、
















そう、

腐っても鯛。







ドイツ人と比べたりすると、

日本人は
まだまだ日本人だと思う。



わたしは本当に、

この民族が好きだ。


















シュタイナーを愛読、
読破していた、

座右に置いていた、

ドイツの文豪
ミヒャエル・エンデは、


日本びいきだった。

バブルの頃かな、



日本人と仲よくて、



自分の哲学や作品が、

日本で最も
理解されてると
感じていた。


奥さんは日本人、


エンデ博物館は
長野とミュンヘンに。


長野の方が規模が大きくて、
重要なものが
寄贈されてる。



そんな、

日本を知っていたドイツ人、
作家で哲学者の
ミヒャエル・エンデが、

日本人について言ったこと。




「会話がまるで
頭の上あたりを漂ってるよう
(単純に断定せず、深い)」


「バブルがはじけたあと、
日本中にウツが蔓延するだろう。
われわれゲルマン民族と違って、
日本人は繊細だから。」







そういえば、

シチェチニン先生も、

「あなたたち日本人は
本当に美しく、不思議な民族だ」

学校を訪問した
日本人に、

そうおっしゃったみたい。















ドイツで感じた
日本人の特徴、
素晴らしさは、

いつか書くとして、




とにかく全然違う民族。











シュタイナー学校って、


なるほど
真面目で
キリスト教的な、

すっと天に向かって
立ってる感じ、

そんな雰囲気。


教会みたいねどこか。



とてもヨーロッパ的。






日本人は根本的に
別のエッセンスを持った、

別の民族。










だから、

課題も
得意も苦手も、

世界における
役割もキャラも

全然違う。






人智学を学ぶのはいいけど、


日本やアジアの
世界観も学んだ方がいいし、

照らし合わせて
翻訳するのに、


そんで、


咀嚼し血肉化して、




創造的に
アーティスティックに

自由に!!!




新たな学校を
生み出す。






それくらいじゃないと、

シュタイナー学校の
日本創立は、



むずかしいと思うな!





いっそキ
リスト教学校にしちゃえば、
いいと思うけど。















シュタイナーも
シチェチニンも
口を揃えて言う。


その地の文化をベースに
子供を育てるべし。



和太鼓やお囃子、

いろんなお祭りの
踊り、


日本人DNA が反応するよね。


血湧き肉踊る。




そうして、

自分の中の
日本人と
強く繋がることで、

力が湧く。



だって日本人であることは、

わたしたち
個人個人の
一部だもん。



自分と深く繋がることになる。

自分の力を取り戻すことになる。








シュタイナー云々より
大事なこと。

文化で育てる。




わたしはそー思うぜ!!!!!

























クリックありがとう💓