これはドイツ。でもトルコ?ロシア?移民系の少年。温かかったーーーーーー☺️💓💓




エジプトです🇪🇬‼️


わたしの14カ国の旅で、
いちばん思い出深い旅。




ただただ海が恋しくて、

ドイツから近場で安かったのが、
エジプト、フルガダだっただけ。



だからピラミッドもスフィンクスも見てない。

いつか見たいーーーー




そしてけっきょく、
2週間の滞在期間、

海もほとんど行かなかったという(笑)。




何をしてたかというと・・・・






✨✨✨✨✨✨✨✨



初めてのアジア、

治安がチョット悪そうなとこ、



もちろん超ビビって行きました(笑)。

いつもビビってるなわたし。





でも行くんだよね(笑)。






そうそう、


わたしはビビったあまり、

行く前にドイツのユースで、
髪を切ったんだった。


少年に見えるベリーショートに。




当時髪はいつも自分で切ってたし、
短めだったから、
そう特別なことでもないけど。



そして古いボロい
男物の服を着て、


準備万端で行った(笑)。







でも着いたの夜。

旅慣れてるのか慣れてないのか、



この場合は慣れてないからです(笑)。
時間のこと考えてなかった。






地球の歩き方のコピーを頼りに、

宿はあらかじめ2泊だけ取り、



空港からタクシーに。






うーん、記憶があいまいだ・・・


無事たどり着いたし、

思ったよりタクシーの運転手さんが
親切でホッとしたんだった。








でも始終おっかなびっくり😳






だって街角に、

迷彩服で機関銃構えてる
お巡りさんがいるんだもーーーん😭



その後仲良くなって、

一緒に過ごしたエジプト人は、
警察を怖がってる雰囲気があったな。






警察が怖い。



日本人のわたしには新しい感覚で、

ドイツにも少しそういうところがある。



警察とヤクザ紙一重、みたいなね。









私が泊まったのは、
日本人に評判という宿。

でも小さな民宿みたいなとこだし、


なんか怪しいし(笑)、



ビビったーーーーー





警戒しすぎてて
ちょっとだけ悪かったなあと思う。


最初の方はね。








目的の海。



始めはシュノーケルツアーとか行ったけど、

沖縄シュノーケル経験者のわたしには、
何も面白くない(笑)。






当時、居候してた家の
ドイツ人が、

ここの海は超おすすめーーーー✨✨✨
って言ってたけど、


ドイツ人の意見を日本人のわたしが
そのまま聞いたのは、



間違いだったと悟った(笑)。








水中も水上も荒涼としてて、



砂浜に大きく看板が、

PARADIS

と書かれてたのが、
そのギャップがシュールで
印象的だった。




海はもういいやと、



フルガダという小さば町を
散策することにした。













当時、



環境保護とか人権問題とか、

社会問題に熱心だったわたしだからか、





現地の人が働き、




あふれんばかりの白人観光客が、
ギャーギャー遊んでるこの町は、

悲しく映った。



ひとことのエジプト語も喋らず、

イスラム文化なのに
肌も露出しまくって歩く女性観光客。









わたしは
地球の歩き方を頼りに、



なるべくエジプト語を覚えて喋った。

まだ覚えてるのは、



アッサラームアレイコ  こんにちは
アレイコアッサラーム  はいこんにちは
ミシュムムキン 無理
ムムキン オッケー
アーリファ 分かってる
アナ わたし
エンタ あなた♂
エンティ あなた♀
サイーデ 美しい
シュックラン ギッダン どうもありがとう
シャートラ スゲー
タマーム すごーい
ハラース おしまいー


けっこう覚えてる(笑)。
ちょっと意味間違ってるかも(笑)。

現地の少年に教わった言葉もあり。



言葉を使うのが楽しくて、

人をつかまえては、
言葉を習ってた。



そう、



なんとけっこうドイツ語が通じたのだ😲





ドイツ語でエジプト語を習う(笑)。





ドイツ語はけっこう上手なのに、

勉強したわけじゃない、



観光客相手に自然に覚えたそうだ。


すごい😲‼️



当時、
ドイツ語学びに苦戦して、

いつまでもたどたどしかったわたしは、


なんか、



その自然で、たくましい姿に、


感銘を受けたのね。







おかげで言葉もそんなに困らず、





ああ、あれは一体どうしてだったか、

人のいいお兄さんと食事に行ったり、


ナンパなおじちゃんと食事に行ったりしたな。





お兄さんはいい人で、



エジプト値段で支払えるように
工夫してキーくれたり。



観光客値段と現地値段と
きっちり分かれてるの。

別に構わないと思ったけど、


物価違うし、

でもその気遣いがうれしかった☺️





妹が結婚するのでそのお祝いに、
(ほんとなのか?ほんとと踏んだ)

わたしの持ってた
スイスのフラン札と
エジプトのお金を両替してほしいと
言われて、
してあげた。



エジプトのお金って、


すっごいボロボロで。









気軽にお金をくれと言ったり、

おごってくれたり、





ぼったくるぼったくらない、と、

観光本には書いてあったけど、



そもそもお金の価値観が違う、





ずいぶん自分がケチで、

せせこましいって気持ちになった。






エジプト人の、


ハートフルな価値観に、

触れていったよ。









しかしこんなエピソードは序の口‼️






もっとディープな旅になっていくのです。


すごく長くなる予感(笑)。









また行きたくなったよーーーーーー

大好きなエジプトーーーーーーーー🇪🇬❤️







クリックbitte
(ドイツ語で、お願い💓の意)