美人と石と風呂掃除。

ここ数日、狂ったようにお風呂の掃除をしているニシカワです。
なんでなんだろうと本日、考察してみました。

今年は美しい女性たちと過ごす時間が多かったんです。




彼女たちは容姿の美しさだけでなく
本当の意味での上品さを備えていました。
美しいなー。
いいなー。
と素直に思いました。

+++

真珠屋さんに気分が乗らなくて
「架空の人気アクセサリーブランド」という
のを作ってインスタで遊び始めました。


これはとても楽しかったし、今度はリアル展示会でデビューさせようと思います。
これが楽しいことで気づきました。

インスタの世界だけでなら、100%イメージ通りのことができる。
なぜ真珠屋さんをやってもやっても満たされなかったのかというと
お店やデパートという面積を自分のイメージやエネルギーで埋めることが
できなかったからです。
注いでも注いでもイメージと違うことにくたびれていたようなのです。
ああ、自分はなんて小さい器だったんだろう。
でも、ここまで面積を小さくすれば自分を満足させることができるんだなと知りました。

イリスを始めて、拡大、進化、進歩、集客、向上・・・
そういう方向性で思考をし、その通り育ってきました。
でも一方で、ブラックホールのような
埋めても埋めても埋まらないものも育っていました。
陰と陽なのでそりゃそうです。

わかったことは
自分は自分のエネルギーで満ちる空間がほしいのだ、ということ。

自宅全部・・・広い。
自室・・・まだ広い。
お風呂場・・・できるかも。

そう思って、お風呂場を自分の思い通りに作り、管理することにしました。
お風呂場の掃除は毎日誰かがやっていましたが
完全に私が毎日することにしました。

全体をきれいにすると
細部の汚れが見えてきました。
細部の汚れを落とすために必要な道具がわかりました。
汚れのメカニズムを知り、対策を立てるようになりました。
必要な道具を買いに毎日東急ハンズへ。
いろんなところを素手で触り、ぬめりやざらつきをチェック。

そうしていたら、いろんなことも落ち着いて見えてきました。

私の心はかなりのプレッシャーと戦っていたようです。
戦い方もわからないものと延々と戦っていたようです。

お風呂場が美しくなる。
わからないことは調べたらわかる。
毎日改善していくことができる。
なんだか涙が出ました。

漠然とした大きな不安は
細分化してわかりやすい問題に分解してしまえば
一つ一つは難しくない。

そのとき、あの美しい女性たちのように
丁寧に心を込めて、美しく仕事をしよう。
そう思いました。

 

何かまたわからなくなったらお風呂場にもどろうと思います。
というか、もうお風呂は私の担当になったので。
そうやって、一部屋ずつ攻略していけば、
自宅を自分のエネルギーフィールドにできます。
自宅のエネルギーを増やして、自分をすり減らさないようにすること。
これが一番お金がかからないし、まともな考えだと思います。

がんばってるんだよね。
よくがんばってるよ。


自分に言いながら風呂の床を磨いた。

風呂掃除なんてわざわざ言ってするほどの家事でもないけど
フォーカスを広げすぎて苦しくなったなら
フォーカスをしぼって、狭い範囲で確実にやりきる。
そして「できた」を味わう。

そうやってちょっとずつ自分のメンタルとの付き合い方を知っていくのかも。

架空の人気アクセサリーショップ、「MARIPOSA BLANCA」は
11月の日本橋三越でデビューさせようと思います。

 

デパートだけど、一角だけMARIPOSAを仕上げる。
そこに集中する。

そう思ったら面白くなってきましたよ。