初のクラファンオーナー

テーマ:

 

 

 



正直なところ、クラファンに対していまだに煮え切らないものがあった。
家訓として「借金はしない」というのがあり
「分相応」という価値観で生きてきたから。

自分が払えないからって誰かにお金出してーっていうのはどうなんだろう?
という風に見えていた。

しかしめしょんちゃんのKOTOBAスクールというところで
クラファンについての講座を受けて、認識が変わった。
クラファンは資金集めじゃない、という事実。
そして、ソッコー行動した。

イリスのオーナーでひとり、どうしても病弱なのがいた。
主催権利買ったのにすぐ入院。

彼女は数年来「クローン病」を患っていた。
勤めては入退院を繰り返す。
普通のオーナーのように集客をするのは難しい状況だった。

「だったら、クラファンならどうだろう?」

彼女の開催地、鹿児島には足が運べなくても
なんらかの形でファンのみなさまが関われる企画にならないだろうか?
クラファンとは資金を集めるシステムではなく
仲間を集めるシステムなのだと学んだ。

習いたての知識をすぐに鹿児島オーナーちーちゃんに伝え
鹿児島はクラファンにすることにした。

ページを作るだけでも本当に大変な作業。
ちーちゃんは来る日も来る日も修正地獄を戦った。

そしてとうとう、7月31日火星が大接近するのに合わせてリリースした。
↓↓↓
https://camp-fire.jp/projects/view/82894


 


病弱でも、人脈なくても、お金なくても
好きなアーティスト呼んで自分の演出でライブを作ってみたい。

エンターテーメントを供給する側になる。
それは彼女にとっては180度違うスタンス。
精一杯応援したいんだよね。

だって彼女は

「イリスに出会うために音楽を聴き続けていたような気がする」って言ったの。

クラファンページにはそんな彼女の思いが鮮やかに綴られている。

よかったら読んでください。
https://camp-fire.jp/projects/view/82894

そしてもしよかったらシェアなどしていただけたら嬉しいです。