色合わせができるようになる方法【フラワーアレンジメント教室 アトリエフィーズ 西宮 | 一生の花仕事を!イギリススタイルフラワーの資格と経営マインドを教えるフラワーアレンジメント教室 アトリエフィーズ 兵庫県西宮市

一生の花仕事を!イギリススタイルフラワーの資格と経営マインドを教えるフラワーアレンジメント教室 アトリエフィーズ 兵庫県西宮市

「できたらお花を仕事にしたい」あなたの夢をかなえます。一般社団法人Flower Works Japanの資格取得と開業開校が可能です。営業日時:月~土(9:00~18:00)

写真:本日の作品 エレガントクラシック夏バージョン

こんにちは。

兵庫県西宮市 香櫨園・夙川

イギリススタイルフラワーアレンジメント資格と経営マインドを教える
アトリエフィーズの谷川文江です。


今日はエレガントクラシックスタイルの認定レッスンでした。

その中で、色を合わせるポイントについて質問がありましたので

お答えしたいと思います。


配色のポイントを解説

写真:アトリエセントオブローズ 増田先生のフラワーコーディネート



今回は写真のアレンジの配色のポイントを、色彩理論から解説したいと思います。

配色:
類似トーンの多色使い+ダークトーン

類似トーン:
ビビットトーン+ブライトトーン

色相:赤紫 赤 黄 緑

どういうことかといいますと

4色の色味を、同じ、もしくはよく似た彩度と明度で合わせているということ。

もっと簡単に言うと

絵の具でいう赤紫 赤 黄 緑に、

同じ分量の白や黒が入っているかを見分けて、合わせているということになります。

【ビビットトーン】
 黄:ガーベラ
【ブライトトーン】
 赤:モカラ
 黄:ヒマワリ
 緑:姫りんご、グリーン(葉)
【ダークトーン】
 赤紫:スカビオサ
 ヒマワリの花心

*色彩の本はたくさん出版されていますので、本屋さんで確認してご購入になってください。


花の色を見分けて色合わせができる




今回は花合わせではなく、色合わせだけについて解説します。


【色合わせを考える場合】

花びらが何色から出来ているのか、分解して考えます。


講師レッスンでは、絵の具を使い花びらの色をつくる練習も行います。

3原色(青・赤・黄)と白と黒を使って色を作りますから

青味が強い

黄味が強い

くすんでいる

などがわかってきます。


この感覚は、1度や2度ではわからないかもしれませんが

何度も繰り返しお花を選ぶことで身につけることができると思います。

お花の色を見分け方を知りたいと思っている

あなたのご参考になりましたら幸いです。

体験レッスン簡単ご予約はこちら 24時間受け付けております


イギリススタイルのフラワーアレンジメント教室 アトリエフィーズ
【営業時間】9:00~18:00
【定休日】祝日・日曜日 
【場所】兵庫県西宮市屋敷町2‐19 阪神本線香櫨園駅徒歩4分


詳しいアクセスはこちら

いつも応援ありがとうございますニコニコ
にほんブログ村 花・園芸ブログ フラワーアレンジ教室・販売へ
**********************************************************
アトリエフィーズにはこんなところから生徒さんにお越しいただいております!
兵庫県 西宮市、芦屋市、神戸市、姫路市、尼崎市、宝塚市、明石市、川西市、加西市
大阪府 吹田市、大阪市、茨木市、羽曳野市、八尾市、堺市、守口市、枚方市、東大阪市
奈良県 奈良市
京都府 京都市 福知山市
広島県 広島市
三重県 桑名市
鳥取県 鳥取市
愛知県 名古屋市
佐賀県 伊万里市
静岡県 掛川市