この投稿をInstagramで見る

 ドレスを綺麗に着るための方法  Q.ドレスのスカートが足元に入ってきて歩きにくい時はどうしたら良いの?  特にインポートドレスは、美しさ重視でつくられている事が多く、歩きやすさまで配慮してつくられていない事が多いように感じます。  ■歩くと足元にスカートの裾がたくさん入ってくるので、パンプス👠で踏みそうになる。  ■スカートを踏んで破れ補修が必要になる。  などご不安を良くお聞きします。  ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨  そんな時は、以下を試してみて下さい♪快適に解決出来る事が多いです☺  □Aライン・プリンセスライン・マーメイドライン・スレンダーライン  ドレスのシルエットに影響しない位の小さめのパニエをはかれたらいかがでしょうか。ワイヤーパニエは調整出来ます。  □スレンダードレスなどパニエに抵抗がある・あたりが出る場合は、一番肌側のスカートの裾に張りのある芯・ホースヘア等を縫い付ける加工をされる事をおすすめします。  ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨  Q.なぜ歩きにくいか。  原因は一番肌側のスカート=土台となるスカートの生地がやわらかすぎる事が多いからです。  土台スカートが足元に入ってくると次々にスカートが入ってきます。土台スカートに張りがあれば足元もスカートは入ってしにくいです。  ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨  具体的どうすれば良いか。  □パニエの調整方法  ワイヤーがあるタイプのパニエは、裏側に1箇所ワイヤーの出し入れが出来る穴があります。穴からワイヤーを1周入れて重なる部分を固定する付属品で止めてあります。  ◎この時、1周の広がりを小さく調整します。ドレスのシルエットを確認しながら好みに調整されると良いです。  ✨✨✨✨✨✨✨✨✨✨  一人でも多くの花嫁様が、ドレスを着る時足元を気にする事なく幸せに自然に着て頂けると幸いです💓

岡田知子・ドレスのクチュリエ・職人歴18年(@atelierfelice_okada)がシェアした投稿 -