The wind-4 exhibition | a.r.t.
2005-11-15 18:25:37

The wind-4 exhibition

テーマ:●アトリエZen企画展(予告)

早いもので、今年最後のアトリエ企画となります。


wind-4 The wind-4 exhibition

会期:12月9日(金)~14日(水)

会場:ギャラリー沙蔵 【長岡市】

出品アーティスト:

Koharu (小春)/佐藤和行/立見迪子/豊口協



今春ふとしたきっかけで一緒に南米に旅した4人のアーティストの作品展。南米の風を受けて、各々の表現が展開されます。

出展は、ニューヨークを拠点に活動する版画家・Koharuさん、長岡造形大学の元学長の豊口協さん、長岡在住の造形作家である佐藤和行さんと立見迪子さんの4人。


↓は展覧会DMに記載した文章。出品者のひとり、立見さん によるものです。


飛行機がボリビアのラパスからアンデス山脈の上空を横断して、隣国ペルーのクスコに向かう間、目を見張る山並みの美しさに圧倒される。アンデスの長い歴史は、この雄大に連なる山々の懐の中に静かに治められているのだろうか。

旅人の目には美しい光景としか映らないが、知ろうとしない限り見えない未知の領域には、紀元前からの歴史の傷跡がたくさんあることを、風が教えてくれる。立見迪子「senso~向かう方角」より

atelier-zenさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス