アトリエトラベルのブログ
  • 25Feb
    • ニューヨーク美術鑑賞の旅

      今月2月1日より6日間の日程で久々のニューヨーク添乗。2月で寒いニューヨークでしたが、雪は降らず快適。今回はニューヨークの美術館とギャラリーを訪ねる旅でした。久々のニューヨークは治安も良く、摩天楼のニューヨークは最高でした航空機は全日空久しぶりに乗ったANAは最高ですサービスが素晴らしいですいつも和やかに対応していただいて、休んでいる間も常にお水などのサービスで席を周り、さすが日本のおもてなしを感じました。ホテルは皇室もお泊りになられている「ザ・キタノ・ホテル・ニューヨーク」フロントには日本人のスタッフがおり、日本のサービスを提供しています。朝食は日本食があり、焼き魚、お味噌汁等を提供しています。疲れた胃を癒してくれます場所も最高で、グラウンドゼロの近く。窓からは、エンパイアステートビルも見える好立地です1日目はメトロポリタン美術館とグッゲンハイム美術館を鑑賞。グッゲンハイム美術館は、フランク・ロイド・ライトの建築です。企画展はカタツムリのような建物に展示されていますが、残念な事に今回は展示の入れ替え中でしたので、観れなかったので常設展のみを鑑賞。ピカソブランクーシメトロポリタン美術館は展示の多さで圧倒されます。かなりの時間をかけないととても観て回れないほどの作品数です。名作品がたくさんあります。さすがアメリカ🇺🇸ゴッホセザンヌフェルメール次の日はチェルシー地区のギャラリー巡り。チェルシーには沢山のギャラリーがあり、最先端の作品を観る事が出来ます次にチェルシー地区にほど近いホイットニー美術館主にアメリカの現代作家を扱っており、そのためかすごい人気です。夕方近くに訪れたので美術館に入るのにずいぶん並びました。朝一番に行った方が並ばずにすみますね。キース・へリング次の日はニューヨーク近代美術館、フリック・コレクション、クーパーヒューイット・スミソニアン・デザイン・ミュージアムを鑑賞。ニューヨーク近代美術館も名作揃いです。ゴッホモンドリアン他にも名作が揃ってますフリックコレクションは撮影不可です。さまざまな絵画や彫刻のコレクションが展示されています。今回久々に訪れたニューヨークでしたがニューヨークのエネルギッシュな街と、名作群に感銘した旅でした✨✈️

      3
      テーマ:
  • 06Jan
    • 明けましておめでとうございます

      明けましておめでとうごさいます。本年もよろしくお願い申し上げます会社近くにある須賀神社へ参拝に行って参りました昨年までは若い人は見受けられなかったのですが、今年は若い人がたくさん参拝に来てました。それもそのはず。ここ四谷にある須賀神社は、大ヒット映画「君の名は」の聖地のひとつ。こちらの場所が、須賀神社さんへ向かう参道の階段です。今日もたくさんの人がこちらからの写真を撮ってました私も一枚ちょっと違いますが....須賀神社さんに行ってお参りして良い旅行をみなさまにお届け出来るよう頑張っていく事をお伝えしてきました改めまして本年もどうぞよろしくお願い申し上げます皆さまもステキな一年でありますように

      テーマ:
  • 21Sep
    • HPトップページ

      ホームページトップページの写真を変えましたそれぞれの写真をご紹介いたします。まず一枚目イタリアの小さな村ソラーノ。過去に何回かスケッチ旅行を企画しました。トスカーナにある小さな村で、エトルスク以前からの歴史を持つ古い町です。中世の古い町並みが残り、急斜面の断崖の岩の上に家がひしめき合って建っています。その美しさは圧巻です。この素晴らしい絶景の村でスケッチを楽しみました。2枚目がこちらスペインの北、ナバラ州にあるプエンテ・ラ・レイナ。今年4月に行った「ヨーロッパステンドグラス旅行」で訪問しました。この町の名前は「王女の橋」という意味。サンティアゴ・デ・コンボステーラの巡礼路にあり、ピレネー山脈が背後にそびえています。この町では、サンティアゴ教会とクルシフィホ教会を訪ねました。お昼に入ったレストランが安くて最高前菜、メイン、デザート、しかもワイン🍷付きで10ユーロ。前菜で食べたアスパラガスは本当に美味しかったこのレストランの裏庭で栽培しているものを提供。新鮮だから格別に美味しい3枚目がこちらロシアのカムチャッカ。今年7月にスケッチ旅行を行いました。通常日本からカムチャッカへ行くには乗り継いで何時間もかかるのですが、夏場だけチャーター便が運航します。ヤクーツク航空で、たったの3時間30分。ここには手付かずの素晴らしい自然が残っています。日本では山奥でしか見れない高山植物が平地で見られます。この大自然と美しい花々をスケッチしました。これからもスケッチ旅行やアートに関連するツアーを企画しております。是非ご参加ください

      1
      テーマ:
  • 11Aug
    • ホームページ

      アトリエトラベルのご利用いつもありがとうございます弊社のホームページが全く更新されておらずお恥ずかしい限りです。久しぶりに更新作業を先月末から進めておりましたが、サーバーの容量が不足のようでうまく更新されません。そこでサーバーの容量を満たすため、サーバー会社に依頼しておりますが、メールでのやり取りの為、全く前に進めませんサーバー会社は長期のお盆休暇に入ってしまったし、全くもって困ったものです8月末頃には更新出来ると思いますので今しばらくお待ちくださいませ毎日暑い日が続きますが、みなさま体調を整えてこの夏を満喫してください。みなさまの旅行のお手伝い、いつでもお待ちしておりますどうぞよろしくお願い申し上げます

      テーマ:
  • 16Jul
    • 仏像巡りバス旅行

      昨日は国内日帰りバス旅行の添乗でした。お天気にも恵まれたバス旅行🚌真夏日でとっても暑かったですけどね「仏教美術入門の旅 -横須賀・横浜・川崎-」仏像を拝観するツアーです。暑い暑い1日でしたが、皆様熱心に仏像を拝観。その熱意に脱帽です四軒の寺院を訪問。浄楽寺(じょうらくじ)横須賀にあるお寺。ここには、「運慶作」の仏像が5像あります。今年9月26日から東京国立博物館にて開催される『運慶展』に出展されます。こちらの仏像は雨が降ると拝観出来ませんが、見事に晴れて拝観可能に。7月1日にも同ツアーを行っておりますが、この日も雨は降らず拝観出来ました‼️皆様のパワーが雨を降らせなかったのでしょう満願寺(まんがんじ) 横須賀市本堂の横にある収蔵庫に4像の仏像。地蔵菩薩立像、菩薩立像、毘沙門天像、不動明王。こちらの地蔵菩薩立像、菩薩立像も『運慶展』に出展されます。弘明寺(ぐみょうじ) 横浜市一木造の十一面観音菩薩立像鉈彫(なたぼり)で有名です。影向寺(ようごうじ) 川崎市薬師三尊像聖徳太子孝養像仏像には興味がなかったのですが、仏像巡りの添乗を、重ねていくうちに仏像に興味が湧いてきました。ひとつひとつ違う表情、体型、しぐさ、造りも違う仏像を拝見していくと奥の深さを感じます。次回は11月に京都と滋賀の仏像巡りです。どんな仏像に出会えるのか楽しみです

      3
      テーマ:
  • 24Mar
    • 平山健雄 ガラス作品展

      いつもお世話になっている「光ステンド工房」平山健雄氏(ひらやまたけお)の展覧会に行って参りました。▪️平山健雄 ガラス作品展▪️会期: 2017年3月17〜24日▪️会場: 横浜バロック関内平山健雄氏はステンドグラスの作家です。大学を出た後、フランスにてステンドグラスを学ばれました。現在では、ステンドグラスの制作、日本に残るステンドグラスの修復、またステンドグラス制作も教室で教えておられます。光ステンド工房ホームページ今回の展覧会はガラスの作品の数々。素晴らしいガラスの作品です。どれも素晴らしい作品でした。平山先生は今年の9月にパリでグループ展を開催されます。そのツアーも弊社にご依頼いただきました。後日アトリエトラベルのホームページにご紹介いたしますご参加お待ちしております。

      4
      テーマ:
  • 03Feb
    • イタリアからのお客様

      イタリアのフィレンツェからホテル業者の方がセールスに来られました。アトリエトラベル代表江里口とクラウディオさんフィレンツェとヴェネツィアにホテルを持っているWtb HOTELS のマネージング ディレクターのCLAUDIOさん。何故弊社みたいな小さな会社にイタリアのフィレンツェからわざわざセールスに来られたのかが謎です....ホテルの写真を見せていただきましたが、どのホテルも場所が最高で、ホテルもキレイネットでホテル評価をチェックしたところ、全てが高評価でしたクラウディオさんが、説明してくれたホテルの中からいくつかご紹介します。ホテル・ロロロージョ(フィレンツェ)場所はフィレンツェの中心ドゥオモから600m。ロロロージョ L'orologio とはイタリア語で時計の事。時計をテーマにしており、時計の写真や絵画などユニークなデザインの内装です。ホテル・ロロロージョ(ヴェネツィア)同じくロロロージョのヴェネツィア版。大運河のすぐそば。リアルト橋や、サン・マルコ広場も歩いて行けます。ホテル・サンタ・マリア・ノヴェラ(フィレンツェ)テラスからはサンタ・マリア・ノヴェラ教会を望む事ができます。サンタ・マリア・ノヴェラ駅から徒歩5分です。ホテル・バレストリ(フィレンツェ)フィレンツェ市内中心を流れるアルノ川に面して建つホテル。ヴェッキオ橋やウフィッツィ美術館まで400mのロケーション。屋上テラスからはフィレンツェの素晴らしい景色を望めます。どれも素晴らしいホテルですご予約はどうぞアトリエトラベルまでアトリエトラベルは個人のオーダーメイド旅行を得意としております。「この時期にイタリアのこんなところに行ってみたいのよねー。でもどんなホテルがいいか、どう動いていいかわからないのよね〜」など、ご相談に応じます航空機の手配、ホテルの手配、列車や送迎車、ガイドの手配など、なんでも手配いたします。「でも高くなるんじゃないかしら...」という心配。ありませんよー。そんなに高くないですよー是非一度ご相談くださいお待ちしておりまーす

      2
      テーマ:
  • 09Jan
    • 初夏のシチリア島を描く展 ②

      先ほどの続きです。途切れてしまいスミマセン◼️増田 文子◼️目黒 喜三郎◼️鈴木 泉◼️金澤 孝久◼️田中 茂これで16名様全ての作品を紹介いたしましたレベル高いですよね。また、〝シチリアスケッチ旅行〟をお楽しみいただけた様子が絵に伝わってきますよねこの度はアトリエトラベルをご利用いただきまして誠にありがとうございました。皆さまの今後のご活躍を楽しみにしております。

      4
      テーマ:
    • 初夏のシチリア島を描く展

      昨年の12月になりますが、弊社アトリエトラベルをご利用の上〝スケッチ旅行〟に行かれた方々の展覧会が開催されました。展覧会のタイトル通り、イタリアのシチリアにスケッチ旅行。6月の初夏に旅行ですイタリアの6月は、夜の10時くらいまで明るいのです。まだそんなに暑くなく、とても良い季節です。日本では梅雨の真っ最中ですが、イタリアではほとんど雨が降らずとてもいい季節。5月、6月のイタリアは大好きです旅行期間は 6月15日 〜 6月24日《10日間》東京からパレルモに入り、セジェスタの古代神殿を見学&スケッチ後、古代ギリシャ都市のセリヌンテへセリヌンテでは2泊宿泊し、ゆっくりとスケッチ&見学アグリジェントに向かい考古学地区神殿を見学アグリジェントも2泊宿泊し、ゆっくりスケッチ最終訪問地、エトナ山と海の眺望が素晴らしいタオルミーナへタオルミーナでは3連泊し、ゆっくりとスケッチを楽しみましたそのスケッチ旅行の展覧会ですここに皆様の作品をご紹介します◼️麻生 秀子◼️石津 豊子◼️小笠原 幸子◼️沖 満子◼️川田 茂◼️小島 恭子◼️孤島 慧快◼️斎藤 悦子◼️酒井 かや子◼️鈴木 薦◼️福井 慶子スミマセン写真の貼り付け枚数がここまでですので、次回に持ち越します

      テーマ:
  • 04Jan
    • 新年のご挨拶

      新年明けましておめでとうございます。昨年中は色々お世話になりました。本年もよろしくお願い申し上げます。旅行業界にとって昨年は非常に厳しい年となりました。旅行業界は〝平和産業〟です。皆様が安心して旅行出来る年になるよう願います。弊社の旅行を楽しみにしていただいているお客様のためにも今年は頑張っていく所存です。皆様どうぞご支援の程、よろしくお願い申し上げます。弊社近くの須賀神社へ初詣に行ってまいりました。多くの会社関係者が初詣に押し寄せておりました。改めまして本年もよろしくお願い申し上げます。国内・海外 個人やグループのオーダーメイド旅行も行っておりますいつでもご相談くださいませ

      テーマ:
  • 07Dec
    • スペインからのお客さま

      弊社にスペインからお客さまが来社されました。そのお客さまとは、ピレネー山脈と北スペイン専門旅行会社「エン・デスティーノ(en DESTINO)」代表のマリア・スーシン・シラックさんと、日本人のスタッフ、細川桜さん。北スペインの魅力を伝えるため我が社に営業に来られましたお二人とアトリエトラベル代表 江里口お二人のお話しを聞いているうちにものすごく北スペインに興味が湧いてきました。そしてお二人から、たぶん営業の為の物であろう大切な本を頂戴しました。それがこちら。俳優の平岳大さんが出演する NHK 「旅するスペイン語」12月号のテキスト本。この本の中にお二人が紹介されています。「旅するスペイン語」今月の旅の舞台が、スペインの北東部に位置するアラゴン州。ロケ協力でお二人も協力されたようです。すごいですね!北スペインは大自然が広がる素晴らしいところです。大自然だけではなく、ローマ帝国以前から続く長い歴史、さまざまな民族が織り成してきた文化もあります。美食としても有名なところです実は弊社も4月22日出発で、まさしくお二人が熱く語った北スペインのツアーを企画していますバスク州、ナバラ州、アラゴン州、カタルーニャ州のロマネスクを巡って行く旅。毎回行っている「ステンドグラスの旅」ですが、今回は思考を変えてこの地方を訪れます。今回いただいた本の中にも紹介されている「ハカ」も訪れます。お二人にいただいた資料の中にも今回訪れる教会が載っています。上の写真中央のロマネスク建築、サン・ファン・デ・ラ・ペーニャ修道院。岩の下に建てらてた修道院です。〝ロマネスク好き〟には、たまらないツアーとなっておりますので、是非お問い合わせください。弊社ホームページから資料請求もできます‼️これからもスケッチ旅行やロマネスク建築を訪ねる旅の企画を考えていきたいと思っています。マリアさん、細川さん、今回は北スペインの魅力を伝えにお越しいただき、ありがとうございました

      1
      テーマ:
  • 30Nov
    • 水彩画作品展

      弊社アトリエトラベルのスケッチ旅行にいつもご参加くださるお客様方のグループ展に行ってまいりました!場所は埼玉県の東村山市です。『第17回 水彩画作品展』◾️会期: 11月29日(火)〜12月4日(日) AM 10:00 〜 PM 5:00◾️会場: 東村山中央公民館 東村山駅より徒歩2分会場も広々としていい雰囲気です素人のグループ展ですが、なかなかレベル高いです。確実に皆さま毎年腕を上げてらっしゃいます。皆さんの講師は岩脇哲也先生。水彩連盟に所属されてます。岩脇哲也先生と、弊社代表江里口ここに皆さまの作品をご紹介いたします。◾️岩脇哲也 峠の大杉◾️内田文子 水元公園◾️梅本輝子 花咲く小径◾️加藤藤子 阿修羅◾️金子和子 レッスンの後で◾️菅野弘子 カサブランカI◾️佐々木重子 ザクロ◾️高尾隆 立神岩遠望◾️長島千世 リンゴ園の朝◾️本柳芳江 人物Iどの絵画も素晴らしい作品です。今後の皆さまの作品も楽しみですいつもご利用いただきありがとうざいます

      テーマ:
  • 11Nov
    • 仏教美術入門の旅 奈良・京都

      今月3日の文化の日から3日間「仏教美術入門の旅 奈良・京都」の添乗でした。同行講師は早稲田大学、山田磯夫教授。お天気にも恵まれ、13もの寺院を訪ね、仏像を拝観。京都までは新幹線〝のぞみ〟にて 。近鉄に乗り換え、大和八木駅にて下車。そこから3日間は奈良交通の貸切バスで移動です。これからが仏像巡りの旅です。仏像は撮影禁止の為、寺院のみを、ご紹介します。◾️聖林寺(しょうりんじ)聖林寺から見た奈良・桜井市の景観。◾️長岳寺(ちょうがくじ)緑が覆う静かな寺院拝観料を納める所にいる猫人が来ても逃げません。撫でてもらうのがうれしいらしく、そこでずっと座ってます。◾️室生寺(むろうじ)自然の中に佇む五重塔。1998年の台風の影響で杉の倒木により壊滅的に破壊されましたが、立派に復元されました。【2日目】◾️岩船寺(がんせんじ)朝一番で参拝。朝陽が三重塔を照らし、それはもう幻想的な光景でした。◾️浄瑠璃寺(じょうるりじ)素晴らしい庭園は極楽世界をこの世に表したもの。横に長い本堂には九体の阿弥陀如来像が安置されています。◾️円成寺(えんじょうじ)円成寺の住職には次の拝観寺院の件で色々とお世話になりました。山の中の本当に素晴らしい寺院です。標高が高いので、こちらでは一部紅葉が始まっておりました国宝・大日如来坐像(国宝・運慶作)を安置する多宝塔の横の扉は普段閉じてありますが、我々が拝観するという事で特別に扉を開けていただいたようです。普段見られない横からの大日如来坐像を皆さま食い入るように拝観されてました。ありがたい事です。昼食は円成寺境内にある「里」にて。まつたけごはんもあり、皆さまから大好評の昼食でした◾️南明寺(なんみょうじ)こちらは拝観するのに予約が必要な寺院です。こちらの米田住職さんからたっぷりとお話しをいただきました。お一人で南明寺を維持されています。南明寺は何処かで歴史が途絶えたらしく、仏像の年代もはっきりしないようです。すごく興味深い寺院でした。◾️法華寺(ほっけじ)十一面観音菩薩立像(国宝)◾️唐招提寺(とうしょうだいじ)2日目最後に訪問した寺院。たくさんの貴重な仏像を拝観。【3日目】◾️平等院(びょうどういん)本日は京都の主要な寺院を拝観。昨日までは割にゆったりと仏像を拝観できておりましたが、京都はやはり違います。人が多すぎて目がまわりそうでした。先ずは世界遺産にも登録された鳳凰堂(ほうおうどう)を目指しました。ここは20分間隔で50名しか入れません。人気がありますのですぐには入場出来ませんでしたがミュージアムで色々な仏像をゆっくり拝観した後、鳳凰堂を拝観。狭い空間の中の阿弥陀如来坐像、周りの仏像、壁、扉、どれも素晴らしい。平等院の鳳凰堂は10円玉のデザインとして長く愛されております。◾️醍醐寺(だいごじ)たくさんの仏像を拝観。昼食は境内にある「雨月茶屋」。美味しくいただきました◾️三十三間堂(さんじゅうさんげんどう)1000体の千手観音立菩薩像はそれはもう圧巻。素晴らしかった。◾️東寺(とうじ)最後の寺院は東寺。たくさんの仏像を拝観。東寺の五重塔はやはり美しいこれで今回の旅も終了。京都から「のぞみ」に乗車し、帰路の途へ。たくさんの寺院と仏像を拝観。日本は素晴らしいと深く感じる今回の旅でした。山田磯夫先生、ご参加いただきました皆さまありがとうございました

      テーマ:
  • 25Oct
    • 独立展

      先週、独立美術協会の展覧会、『独立展』を鑑賞しました。平素お世話になっているお得意様から招待状をいただきましたので、行ってまいりました。展覧会会場は、六本木にある「東京新国立美術館」。その建物の表側はガラス張りの波打ったデザイン。建築家・黒川紀章の設計です。内部も斬新なデザインで毎回訪れる度に驚かされます。今回ご招待いただいた田中先生の作品です。田中 茂千のほたる東日本大震災の後、福島のある川に行かれた際、見たことのないほどのたくさんのほたるが飛んでいたそうです。その時の情景を描いた作品。右下の草むらにカマキリを描かれたそうですが、皆さんが気づいてくれないとか。とても胸打つ作品でした。田中先生には今年、イタリア・シチリアスケッチ旅行にてお世話になった他、これから行う長崎・軍艦島スケッチ旅行でもお世話になっております。他にも弊社で大変お世話になった方の作品が展示されてありました。奥谷 博CHAMA奥谷 太一それぞれの現象奥谷博氏は文化功労者。奥谷太一氏は長男です。奥谷様お二人には、昨年、カンボジアのアンコールワット旅行でお世話になりました。あともうひとかた。以前、ある大学の美術研修旅行でお世話になりました。相田幸男雪舟へのオマージュ...天橋立図絵どの作品も大作で、素晴らしい作品を観せていただきました。皆様の益々のご活躍を楽しみにしております。日頃よりお世話になり、本当にありがとうございます。

      2
      テーマ:
  • 11Oct
    • 『君の名は。』in 四谷

      今大ヒット中の映画、興行収入130億円をこえたアニメ映画『君の名は。』この映画の聖地巡礼で話題になっていますが、どうも弊社の近くがその巡礼地となっているようです。9月に入った頃から弊社近くにある「須賀神社」に若い人、特に男性の3〜4人組の人達が多く見受けられた為、ポケモンGOの巣になっていると思いきや『君の名は。』のポスターなどに使用されている場所が「須賀神社」横の階段から描かれた風景だったようです。撮ってきました実際の絵がこちら。今もここを撮影に訪れている人を、多く見受けられます。「須賀神社」は弊社も大変お世話になっている神社でしてよく参拝しております。商売繁昌の祈願もお願いしました須賀神社は江戸初期より四谷の地に鎮座する、四谷十八ヵ町の鎮守様です。木々に覆われ、静かな神社です。四谷にらいらした際はどうぞご参拝ください

      3
      テーマ:
  • 03Oct
    • 岩脇哲也 水彩画展

      大変お世話になっているお得意様、岩脇哲也先生の個展を鑑賞してまいりました。場所は銀座3丁目にある 銀座「井上画廊」です。松屋デパートのまん前にあります。岩脇先生の水彩画が会場を彩ります。水彩画の多くは色を薄く載せますが、岩脇先生の水彩画は着彩がすばらしいのです。しっかり色を載せて描かれています。今年5月に行なったツアー『奄美大島・屋久島・種子島スケッチの旅』でもお世話になり、その際の絵画も展示されておりました。■奄美大島■屋久島■種子島ご参加いただいた皆さんが口にしたのが、この三島の中で種子島が1番良かったとの事。種子島は、種子島宇宙センターJAXAがありロケット打ち上げ場のイメージが濃いのですが、この島の多くは素朴な浜辺があり自然が残る海岸線を堪能できます。その浜辺でスケッチされました。他にも以前ヨーロッパにスケッチ旅行で訪れた自然の風景が描かれていました。■スイスの山小屋■ローマ橋どの絵も心癒される水彩画でした今後の岩脇先生のご活躍楽しみにしております。いつもお世話になりありがとうございます

      2
      テーマ:
  • 26Sep
    • ツーリズム EXPO ジャパン 2016

      今月23日〜25日の期間で『ツーリズム EXPO ジャパン 2016』が東京ビッグサイトで開催されました。23日が旅行業界・プレスのみの入場日な為、この日に訪問。この日はあいにくの雨ビッグサイトも濡れてました。このイベントに合わせ、スペイン政府観光局のワークショップが台場のヒルトン(旧 ホテル日航東京)にて行われましてので参加してきました。これがスペイン政府観光局のロゴ。確か、スペインの作家、ミロのデザインだったと思います。スペインから16団体が参加。スペインの主要地方、都市、世界遺産都市、スポーツ、ショッピング関連企業がスペインをアピールする為にやって来ました。今人気のスペイン。活気溢れるワークショップでした。興味のある企業から話しを聞き、資料を収集。ワークショップの後は昼食懇親会。パエリヤなどスペイン料理を含めた様々な料理と、飲み物が振る舞われます。昼食会なのに、アルコールもありです。特にカヴァ(スペインのスパークリングワイン)が美味しかったです次に向かったのが、フランス観光開発機構のフランスプロモーションセミナー。この日は、フランス開発機構本部のジェネラル・マネージャーの他、アルザス地方、ロワール地方、ミディ・ピレネー地方から代表が来日し、各地方をアピール。最後にツーリズムEXPOジャパンの会場を訪問。主にヨーロッパのブースを回りました。イタリアのブースではピエモンテ州からいらした日本人の方から、ピエモンテ州の魅力を伺いました。ピエモンテ州はイタリアの北に位置し、フィギュアスケートで荒川静香さんが金メダルを獲ったトリノのある州。バローロや、バルバレスコなど良質な赤ワインやトリフで有名です。その他自然美の魅力についても伺ってきました。今後の〝旅行〟にも活かせるお話しでした。今年のツーリズムEXPOは、過去最高の18万5000人をうわまった来場者数との事。みなさんが安心して旅行に行ける環境になる事を切に願います。日頃の生活から抜け出し旅行でリフレッシュしましょう旅行はいいですよ〜

      テーマ:
  • 21Sep
    • プリンセス・クルーズ

      世界三大クルーズ会社のひとつプリンセス・クルーズの日本発着船、『ダイヤモンド・プリンセス』の船内見学に行ってまいりました。場所は横浜港です。横浜港停泊中の船内を見学。クルーズ商品を販売する、株式会社カーニバル・ジャパンにご招待いただき、見学です。横浜港大さん橋に向かうと、見えてきました。巨大な船ひぇ〜とにかく大きいです。この船、ダイヤモンド・プリンセスはイギリスの船ですが、なんと、日本生まれの船なのです三菱重工長崎造船所の技術により2004年に建造されました。2,700人もの人が乗れる大型客船。全長は290mもあります。上の写真にも写っている横浜ランドマークタワーを根元から切って横に倒した長さとほぼ同じだそうです。1,100名ものクルーがいて、その内100名の人が日本語を話せます。この船は外国船ですが、日本語の表記がされてあり、安心して船内を歩けます。船に乗り込む前に通るのが、横浜港大さん橋国際旅客ターミナル。ここはもう海外の雰囲気です。セキュリティ上、パスポートを提出して乗船パスをもらいます。手荷物検査を行い、いざ船へ。停泊している船。船の横に付いているテンダーボート(救命ボート)は、一隻につき、100名も乗船出来るそうです。驚いたところで船の中へえー。ここ船の中ーー絢爛豪華なスペース!船内とは思えない3層吹き抜けのアトリウムではパーティーが行われます。ここは船でいうと5階部分。5階、6階には高級ブランドのお店が並びます。船内は全て免税。他にもお土産や日用雑貨までショッピングが楽しめます。同じ階にレストランがあります。5つのレストランがあるそうです。ここでの食事はクルーズ代金に含まれております!アルコール飲料は有料で、ビールが5ドル、ワインはボトルで20ドル。クルーズ代金に含まれる無料で楽しめるのが数々のショー。毎晩日替わりで開催されるショーをお楽しみいただけます。船の中とは思えないプリンセス・シアターです他にも数々のバーやラウンジがあります。カジノもあります日本生まれのダイヤモンド・プリンセスには、他の船にない日本特有の施設、お寿司屋さん(ここは別料金)、そしてお風呂もあります。すごいフィトネスセンターや、スパもあります。何でもありまーす最後に船の最上階へ。プールは4つもあり、色々なプールを楽しむ事が出来るのです。上のデッキから見た客室のバルコニー。今回全室満室で、残念ながらお部屋の中は見学する事は出来ませんでしたがスイートやジュニア・スイートは素敵な客室です。海が見えない内側のお部屋だって快適です。とにかくすごかったダイヤモンド・プリンセス。こんな豪華客船ハードル高いと思っていませんか?意外とお得なんです。例えば、5泊6日のクルーズで、神戸・高知・長崎と韓国が97,000円から。こちらには船代、食費、宿泊費、イベント・ショー代が含まれます。アトリエトラベルもこのクルーズを販売しようと思っております。「船はチョット...」と迷ってらっしゃる方にもお勧め出来るクルーズ船です。この魅力あるダイヤモンド・プリンセスにどうぞご乗船くださいパンフレットご用意してまーすよろしくお願いいたします。m(_ _)m

      8
      テーマ:
  • 15Sep
    • 5+1展

      神田神保町へ展覧会に行って参りました。場所は千代田区神田神保町2-10-22ギャラリーエアプレーン会期: 2016年9月12日(月)〜 17日(土)この中の「小池晴二」様が弊社のお得意様です。私どもは小池先生と呼んでおります。アトリエトラベルを利用していただき、個人の旅行や弊社が企画したグループ旅行へお出かけいただいております!小池先生は、元NHKの美術部長で武蔵野美術大学理事長などを歴任。小池先生は弊社が毎年2月か3月に開催する〝旅のスケッチ展〟にも出展いただいております。小池先生の作品です。小さなかわいい世界です。毎回、ちいさなかわいい世界を作成されています。オープニングパーティーに参加させていただきました!左端が小池先生。中央は弊社のお得意様、加藤さん。今回の展覧会に出品されているお一人、丸山裕司さんとも記念撮影丸山さんは、映画美術・テレビ美術のお仕事をされております。丸山裕司さんが持ってらっしゃるパンフレットは、松平健主演の映画『浅草・筑波の喜久次郎』の物で、この映画の美術も担当されたそうです。9月17日公開です。小池先生の素敵な作品、こらからも楽しみです。いつもありがとうございますm(_ _)m

      1
      テーマ:
  • 10Sep
    • ビジット フィンランド

      今週木曜日にフィンエアー、フィンランド関連企業が協力したイベントVisit Finland 「Finland Moimoi Workshop 2016」の招待を受けましたので行ってまいりました。Moimoi(モイモイ)とはMoi というフィンランド語の挨拶を発音しやすく重ねたものだそうです。会場は京橋駅に直結する相互館110タワーのアンジェリオン オ プラザ TOKYO。白を基調とした素敵な会場でした。ワークショップが開催され、フィンランドからホテルや観光企業など25社が参加。興味のある会社のテーブルへ行き話を聞いてきました。サンタクロースも暑い日本にやってきました。せっかくなので記念写真をパチリ弊社は主に西欧の旅行を扱ってきましたが、北欧にも取り組もうと思っておりますワークショップ終了後、レセプションが開催され、食事と飲み物が振る舞われました。食事を取りながらフィンランドの方や、日本の同業者と交流。それにしてもフィンランドの方はやはり背が高いそれと、フィンランドはデザインの都市。女性の洋服が華やかで日本とはずいぶん違うなぁ〜と感じました。大きな花柄のワンピースやステキな色の組み合わせが本当に素晴らしかった弊社代表の江里口が会話しているピンク色のワンピースを着た女性は今回の代表責任者。この方の洋服の色もステキですよね〜。今回いただいた資料はこちらです。中央のがま口ポーチはあのフィンランドのブランド、マリメッコ Marimekko です。ムーミンに会いに、オーロラを観に、是非フィンランドへ行きましょう

      2
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス