Atelier Pianopia -大切な音と一生、一緒に。

Atelier Pianopia -大切な音と一生、一緒に。

アンティークピアノと足踏みオルガン『アトリエ ピアノピア』
修復家の想い、楽器修復の日々で感じた音LOG

旧グッゲンハイム邸に知られざる名器があるのをご存知ですか?

長い年月生きて来た旧グッゲンハイム邸の中で息づく足踏みオルガンの音を、多くの皆様にきいていただきたいと願い、

中村祐子と旧グッゲンハイム邸とpianopiaの力を結集し「私を連れていって」アルバムを完成させて1年。

我々はまだマスクのかかせない日々ですが、旧グッゲンハイム邸の古いオルガンは、今日も気ままに足で運んだ風によってたっぷりと呼吸し美しい声で歌っています。

同じ115歳の楽器と館のハーモニーを存分にお楽しみください。

...........

11/07(日)中村祐子 リードオルガンコンサート「晩秋のスケッチ」

 〜晩秋と言うにはまだ少し早い気がする。でも、あっという間にもう11月。木々は色づいている。

ドアを開けて息を吸い込み、風に連れられ出かけたい。あちらこちらへと気ままな散歩。〜

プログラム) 

ルネヴィエルヌ「プレリュード」マルセルデュプレ「ティトルーズの墓」より。ルイヴィエルヌ「伝説」他 

「私を連れていって』アルバムから3曲を含む全11曲 演奏予定。

出演:中村祐子

日時:2021年11月7日 (日) open 16:30 start 17:00

会場:旧グッゲンハイム邸(JR/ 山陽塩屋駅徒歩5分)

   神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17

料金:予約・当日ともに 1,500円

主催:アトリエ・ピアノピア

共催:塩屋音楽会

予約・問い合わせ:旧グッゲンハイム邸

TEL : 078-220-3924 FAX:078-202-9033

E-mail : guggenheim2007@gmail.com

* ご予約送信の際に、件名を「チケット予約」としたうえ、

ご希望の鑑賞日、氏名、電話番号、枚数を明記下さい。

* こちらからの返信をもって予約完了とさせていただきます。

* 火曜日水曜日が休館日のため、メールの返信は木曜日から順になります。

【プロフィール】

中村祐子(なかむら ゆうこ)

キリスト教の牧師の家庭に生まれ、6歳より教会のオルガニストだった山村直子氏にピアノ教育、後にリードオルガン奏法の指導を受ける。1984年、国立音楽大学教育音楽科卒業。在学中からパイプオルガンを学ぶ。結婚後、夫の転勤により渡英。1991年〜1996年までJohn Webber 氏に師事し、Associated Board の検定試験(パイプオルガン)最終級までを取得。帰国後も教会での礼拝奏楽を続け、小樽文学館、神戸・旧グッゲンハイム邸、京都YMCA 会館など歴史的な建物の中で同時代を生きた旧いオルガンを演奏している。2020年「私を連れていって」アルバムをリリース。

 

 

 

KAWAIのグランドピアノの修復もコツコツ進めています。
.
新型コロナウィルスの影響で遅れていたハンマーの部品がドイツからようやく到着しました。
.
ハンマーメーカーは、いくつかありますし、フェルトや中心の木の材質も選べるので、毎回考えますが、
このピアノの音色やオーナー様のお好みを聞いて、今回はこの組み合わせにしました。
.
特注品なので、細かな指定ができるので、水色のアンダーフェルトにしてみました。
.
#アトリエピアノピア
#ピアノ
#ピアノのある暮らし 

【ピアノ調律の再開のお知らせ】
お庭のラベンダーの香りが心地よい季節になりました。
大阪の緊急事態宣言が解除されたので、
自粛しておりましたお客様宅訪問のピアノ調律を再開いたします。
感染予防対策をした上で訪問させていただきます。
.
今後また感染者が増加するような事があれば、
再び自粛するかもしれませんが、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。
.
#アトリエピアノピア
#ピアノ
#ピアノのある暮らし


【イロハオルガン】
の愛称で知られる、
赤と青のイロハ音階が、レトロで人気の
39鍵の足踏みオルガンを2台修復中です!!

当時の正式なモデル名は、
<<第百號 音階速習器附>>
という名前でした。

ドレミの音階が記載された部分は、
スライドできるようになっているのですが、

これは、どんな機能なのかというと?

オルガン資料より
ーーーーーーーーーー

♦(音階速習器装置)

 ハ調からト調、ニ調と調子がどんなに変っても之に伴ってどの鍵 キーがドとなりレとなるかといふ様なドレミファ音階の位置の変化がすぐ解り難かしい調子の曲でも容易に演奏することが出来ます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

という機能だそうです。

2台は同モデルなのですが、
年式が5年ほど違い
ペダルやロゴの書体も違いますし、
音色も兄弟のようで違うんですよ!
どちらのオルガンが皆様お好きかな?

昭和16年からの太平洋戦争が開戦され、
戦後はピアノの普及が進むことで、オルガンの材料や品質は落ちてしまいますので、
音色の美しい日本のオルガンで
演奏したいのであれば、

明治から戦前までの年式のオルガンがオススメです!

↓商品はこちらから↓



ピアノやリードオルガンの SHOPING SITE をリニューアルしました!!

↓↓





今まで、HTMLで作られたページに商品をのせていたのですが、

私には難しくて、どうしても販売中や売約済の更新がおろそかになっていました。

自分で簡単に更新できるショッピングサイトに

いつかお引越ししたいと思っていたのですが、

時間がなくて、できていなかったのですが、

いつやるの?今でしょ!っと

ステイホーム中に頑張ってお引越しできました⭐️

あーーー大変だった。。。

何が大変って、ピアノやオルガンは、無茶苦茶大きいし重いので、

一人で楽器を動かして、撮影して、商品ページにアップしてと、

全身筋肉痛になりながら、最後は動けなくなり...なんとか無理やり完成しました‼︎

素人が作ったサイトなので、ツッコミどころ満載ですが、

よかったら覗いて見てください。

↓↓


次は、メインのOfficial Siteの修正をしたいけど、
しばらくパソコンからは離れます(笑)