身体を動かしてココロも動かす | 色遊びカタチ遊び&ぬりえカフェ『移動アトリエ mico』のブログ

色遊びカタチ遊び&ぬりえカフェ『移動アトリエ mico』のブログ

イベントなどで色遊びカタチ遊びのアートワークショップや月に一度 大阪市東三国にて『ぬりえカフェ』営業中♪
ワークショップのご案内や自分が参加したイベントの記録、日々の出来事など、ぼちぼち書いてます。

三連休初日 6日は 朝から、表現アーツセラピーのワークショップを受けてきました。

堤沙羅さんの「次へのもう一歩…」

会場は、六甲道にある風の家




天窓がある木造のとても心地よい会場でした。


まずは、円になって参加者それぞれ自己紹介。

それから寝転んで、マクラを胸下や腰下に置いて、足を左右にたおして背骨を伸ばしたり、自分の身体の状態を感じたり。

その後は、ペアになって、手を繋いで歩いたり。
ひとりで歩いたり走ったり跳んだりスキップしてみたり。

そして、4つに分けた画用紙の
まず、ひとつめの枠に、それまでの感じを描き出す。

その後は、

過去、現在、未来をおもいながら

過去は、手・足
現在は、頭・背骨・腰
未来は、胸・お腹

それぞれの場所を感じながら
各部分を意識しながら身体を自由に動かす。

そして、それぞれ、画用紙にひと枠ずつ描く。

画用紙に描くたびに、3、4人ずつに分かれたグループでシェア。

他の人の説明をきいて、反応して出てきた言葉が、実は自分自身に向けた言葉だったり

話しながらいろいろ気づいたり

身体を動かすことで、オモテに出てくる遠い記憶・感情


人前で身体を自由に動かすって、ちょっと抵抗があったりするけど

この時は、なんだか抵抗なく 何も気にせず
音やメロディの流れる中
本当にしたいように動かしたり動かさなかったりしてました。


↑これは、私が描いたもの

画面の中で、過去・未来、意識・潜在意識の場所があったりしますが

この絵を描く時は、
そういうのは一旦置いといて
描きたい場所に描きました。


音やメロディが流れる中
身体を動かしながら
何故か

海月になったり
木(草?)になったり
蝶になったり
綿毛になって
また芽を出したり

自分自身が そんなものになっていました。
(イメージの中で)


最後の
未来の時

胸・お腹を動かすように動いても
なんのイメージも浮かばないし
なんだか
どうしたらよいのか わからなくて

とにかく 日の当たる場所に行こう と思って

窓の方に近づいて

太陽の温かさを感じていたら

ごろんとしたくなって

日の当たる場所で床に寝転んだら

ちょうど 天窓から

綺麗な青空が見えて

そうしたら

天窓のガラスに

建物横の公園で遊んでいる子どもがボールを蹴りながら走って行くのが映って

その途端

何故だか  涙が溢れていました

悲しいわけではなく

シェアの時に同じグループの方が言ってくれた

『満たされた』

というのがしっくりくるような…


なんだか
言葉に出来ないのですが…


とにかく

空が青くて…




今年は
いろいろあって
なんだか気持ちが焦っていたり不安だったりして


そんな気持ちが
身体とともに ちょっとほぐれた瞬間だったのかもしれません。


予定を変更して
このワークショップに参加して
本当に良かったな… と思ったのでした。



アートの力を信じて
自分自身も信じて

そのまま進んで行こうと思います。



翌日、7日は、みどりばしぶんかさい でした。

8日もみどりばしぶんかさい2日目。

その話しは また次回に書こうと思います。


………………………………………………………
↓ 移動アトリエmico については
ホームページをご覧ください ↓↓
………………………………………………………
↓↓ ぬりえカフェについては こちら↓

↓↓↓ henteco nurie(ぬりえ本)
………………………………………………………

micoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス