注入 | 一級建築士事務所 アトリエヒラクのブログ

テーマ:

|グラウト材の注入




下の写真、鉄骨(ベースプレート)とコンクリート(基礎)の間に

スキマがありますよね。

1






このスキマを埋める為に「グラウト材」と呼ばれる

高強度無収縮モルタルを充填します。

今回は旭化成建材のベースパック柱脚工法を採用。


9






型枠を組み、ナット下注入座金の注入孔からグラウト材を注入。


8






この工法を使うことによって、ベースプレートとコンクリート基礎を

密着・固定することができます。






  





アトリエヒラクさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス