日記のように私物化することもありますが。 | アトリエ・ハルのブログ

アトリエ・ハルのブログ

三重県桑名市のデザイン制作会社。
グラフィック、広告、ロゴデザインなど、日々の制作日記はもちろん、関わったお仕事やお客様のご紹介もいたします。
結婚式招待状や、オリジナルギフト等のブライダルアイテムも随時紹介!

アメブロ始めて10年目のようですが、

時に私個人の日記のような記事で

私物化することをお許しください。(^人^)

 

息抜きになるんです。

 

それと、遠く離れた友人知人が

案外楽しみに見てくれてたり。。。

 

 

今日は母校の運動会に行ってきました。

あいにくの雨でしたが、体育館での運動会もなかなか良いもので、

沢山の懐かしい人や、お世話になっている方々、

友人と会い、和気藹々。

可愛い子供達の様子に笑みがこぼれました。

 

うちの学校、卒業生の母校愛が普通じゃないのです!

 

東京にいる娘も、わざわざ運動会見に

昨日高速バスで帰ってきて、

運動会終わって新幹線乗って行っちゃいました!

 

たった半日の弾丸帰郷…(・・;)

 

夕飯も一緒に食べれず、

ぽっかり空いた時間、母はブログ。

 

・・・

 

この歳になると、

顔を覚えているのに、誰だったかしら・・・

 

名前を聞いて蘇る昔の出来事・・・

 

こんなことが、ここ数日続いております。

 

・・・

 

話は突然変わり、

先月、初めて母と二人で熊野旅行に行きました。


三重県に住む人、特に北中部の人は、案外尾鷲や熊野に

行ったことない人が多いのです。

伊賀上野出身の母も、熊野を旅行するのは初めてです。

 

北はいなべから南は熊野まで、三重県縦断・・・

皆さんにオススメしたい、本州最南端までの旅をご紹介します!

 

 

天気は雨、この地域の特徴なので、これは仕方がありません。

 

まずは一気に熊野市まで、約2時間。

向かうは花窟神社。

 

途中、七里御浜があまりにも綺麗で、寄り道。

最高に波が綺麗でした!

 

写真では伝わらない・・・

 

鬼ヶ城はこの手前。

 

お昼に向かいのうどん屋さん「小六」さんに入り、

釜揚げうどんをいただきました。

 

 

少し行くとすぐ、花窟神社に到着!

 

日本最古の神社と言われ、社殿がなく、大きな岩が御神体とか。

岩の上からは何やらしめ縄のようなつながかけられていて、

その謎を解くためポスターや掲示物を見まくりました。

 

一枚の写真に収まりきれずに三等分。

全貌はポスターとなっていました!

 

 

道の駅好きの私と母は、併設されている道の駅でお土産物色すること約30分。

 

次の目的地は丸山千枚田。

細い山道をクネクネと、ちょっと緊張しながらの運転。

 

少し車停めて見るだけでしたが、これまたなかなか良かったです!

季節毎に行って見たいですね。

 

 

ここからしばらく山道を走り、

メインの一つ、熊野三山、熊野本宮大社。

 

 

外国人観光客が何とも多いこと!

 

どうやらフランス語でしゃべっている人達から、

新年の一文字「刻」を指差し、これは何と読むの?と、

英語で話しかけられてしまいました(汗)

 

で、怪しげな英語で返しました ^^;

 

で、これは?これは?と次々と質問責め・・・

かなり焦りました (汗汗汗)

 

で、今度は別の外国人観光客に

「令和」文字の前で写真撮ってと頼まれたり・・・

 

ついつられて私も写メってしまいました!

 

御社殿はとても厳かで、写真撮影禁止マークがついていたので・・・

公式HPで見てください。

 

お土産屋さんで梅干し物色し、

この日の宿「瀞流荘」へ。

途中、熊野川が本当は、とてもとても雄大で綺麗なんです!

 

本当の本命、実はこの熊野川を母に見せたかったのですが、

何と、今年は雨があまり降らず、極端に川の水が少なかったのです。

 

あまりの少なさに、川が途中切れそうなところも。

「瀞流荘」は熊野川を目の前で堪能できる、

素敵なホテルということで紹介していただいたのですが、

この日は残念すぎて写メるのも忘れたくらいです。

名物ウォータージェット船も運休するほど。

 

ホテルは増築されててとっても綺麗で素敵だったので、

リベンジでまた行きたい!

本来、「瀞流荘」さんでは入鹿温泉の源泉を引いているのですが、

この日はポンプの改良工事で湯ノ口温泉が引かれてました。

 

この日はほぼほぼ全てオンタイム!

 

https://goo.gl/maps/agXTgFthJK9dZdsJA

 

 

次の日は、いよいよ那智!

 

途中、道の駅 紀宝町ウミガメ公園発見!

母のリクエストで寄り道。

 

 

入場無料、餌代200円で母はウミガメと戯れます(笑)

 

で、道の駅でまたお買い物も。

ウミガメのぬいぐるみがあまりに可愛く、初誕生を迎えたばかりの

知り合いの子供に買っちゃいました!

予定既に1時間押し・・・(笑)

 

熊野古道を少し味わいたく、

まずはよくポスターに使われる大門坂とその入り口の夫婦杉。

 

 

樹齢800年の楠。

あちこち樹齢800年だらけでした。

 

雨だったので足場も悪く、

途中で引き返しました。

 

母と二人駐車場に向かう途中、

向こうから若い男性がこちらの方へ。

 

「すみませーん」と声をかけられ、

「どちらから見えたんですか?ここへは何でこられたんですか?」

「この先ってどんな感じでした?」

と、あれこれ質問責め。

すると、後ろからゾロゾロとくる若い団体に囲まれ、

「僕たち、東京のマダムにこの辺の魅力を伝えたくて

アンケート取って調査してるんです」と。

 

どうやら、那智や白浜など和歌山は、

関西からは観光コースとなりやすいが、

関東の人にはあまり知られてないらしい。

 

熊野古道は世界遺産にもなり、

外国から観光客がたくさんくるくらいだから、

意外な話でした。

 

その後、那智大社、青岸渡寺に行くのですが、

行くとこ行くとこ、さっきの若者に遭遇します。

 

那智大社は杖がないとキツイ石段をかなり登るですが、

実は車で青岸渡寺の駐車場(有料)まで車で行けるのです。

そう、階段登らなくていい!

 

ここは、日本で珍しく神社とお寺が隣同士。

理由はブラタモリでやってました!

 

で、那智の滝は何度か行っているので、

今回はここから眺めて終わりとしました。

水がいかに少ないか、滝の細さでわかります。

 

 

お昼とお土産は那智大社を降りたところで。

そこでも若者遭遇!

何やかんやで既に2時間押しです・・・

 

いよいよこの後、本州最南端、串本町の「橋杭岩」

 

お世話になっている先生から、

2ヶ月ほど前から熊野旅のルートを監修いただいたり、

Google mapでシミュレーションしたりと

結構綿密な計画を立てましたが、

ブラタモリでたまたま2週連続放送された熊野旅を見て、

どうしてもここまで足を伸ばしたくなりました。

 

 

予想は的中。

またここでも若者と遭遇・・・

 

もうすっかりお友達!

 

ここでいろんな謎が解けました。

企業研修でした。

 

この日の夜、宿泊先で若い社員はレポートを書くのだそうです。

このツアーの責任者(上司でしょうか)の方が

ツアー目的を話してくれました。

 

東京から若い社員を乗せた観光バスが行くルートは、

私が計画したルートと同じでした。

 

・・・

 

さあ、こっから一気に紀北町まで上ります。

 

2時間押したため、やはり途中の速玉神社は断念。

また七里御浜を眺めながら、

 

獅子岩だけ写メってホテル「季の座」まで。

 

ホテル「季の座」は、中西総料理長の料理がお目当!

中西料理長のお目にかかった新鮮な魚介類は、

お造りでも、名物の朝食の干物でも絶品です♡

 

 

支配人と料理長は、テーブルまでご挨拶に廻ってらっしゃって、

思わず、お肉に添えてあった不思議な甘みのある生わさびについて

伺ったら、何とレシピを教えてくださいました♪

 

温泉入って、なぜかコテージと知らずに予約した部屋まで。

翌朝はウグイスの鳴き声と、

料理長が作るオリジナル干物を満喫しました!

 

https://goo.gl/maps/6sH9jWMCo4hoiL6F6

 

 

翌日はまた道の駅、紀伊長島マンボウ。

 

今回の旅行、振り返って見たら

宿泊とお土産以外、

那智の駐車場代800円とウミガメの餌代200円。

高速代も往復で5,000円しなかったのでは。

二日間の昼食も簡単に済ませ、リーズナブル旅行。

 

帰りのお昼は四日市の「MEIGETSU」さんで

松阪牛3種盛り焼肉ランチをいただきました!

(やっぱり松阪牛は最高ですね!)

 

・・・

 

話は戻り、今日、監修して下さった先生に

やっとお土産を渡すことができました!

ありがとうございましたm(__)m