パン教室 in 千葉県市川市|天然酵母|アトリエドギャミーヌ|東西線行徳

パン教室 in 千葉県市川市|天然酵母|アトリエドギャミーヌ|東西線行徳

千葉県市川市パン教室。東西線行徳駅より徒歩10分です。「何度も作りたくなるパン」をコンセプトに、ホシノ天然酵母とインスタントドライイーストを使ったパン作りをご紹介しています。
赤ちゃん連れのクラスもあります。
http://atelier-de-gamine.com/


テーマ:
~何度も食べたくなる日常のパンを、あなたの手で~
ほんの少しのこだわりで、いつものパンがもっとおいしい!


こんにちは。

千葉県市川市行徳でホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に学べるパン教室「Atelier de Gamine(アトリエ・ド・ギャミーヌ)」のトモコです。

>>ホームページはこちら



今月のこどもパン教室。

生徒ちゃんからの行徳の名店「デュデスタン」のコーンパンを作りたいというリクエストをいただきました。



私も好きです、デュデスタンのコーンパン!



でも、あのふわふわもちもち感はきっと中種法だから、こどもパン教室での再現は難しいのです(>_<)


そこで短時間で作ってもやわらか〜くなる裏ワザを発動させて


2時間で作れる翌日もふわふわもちもちのコーンパンのレシピができあがりました!


こどもは正直ですので、イメージと違えば違うとはっきり言いますので少しドキドキしましたが、


「デュデスタンのパンが自分でも作れたー!」と嬉しそうな生徒ちゃん!



よかった〜(*^o^*)

もちろん、デュデスタンのコーンパンとは別物ですが、

翌日もやわらかくていくつでも食べたくなる感じです。


とっても簡単なので、いつか大人のレッスンでもご紹介したいと思います✨



さて、昨日の男子クラス。
発酵時間はトランプのポーカーで盛り上がりました。
もちろん賭けはしてないですよ笑

私も少し参加したのですが、
揃っているペアを崩してさらに強い組み合わせを狙うか、ワンペアを残すか、、、
かなりドキドキしますね。

1人の生徒くんはかなり大胆で、確かワンペアはあったと思うのですが全部のカードを取り替えるという賭けに出ました。

そしたらなんと、、、


フルハウスです!!


すごい運の強さを見せてくれましたクラッカー

こどもパン教室ではこのような感じで発酵時間はトランプなどのゲームを楽しんだり、手作りのおやつを食べて過ごしてます。

生徒さんたちにとってパン教室は
いつもより少しゆったりした時間が流れている場所のようです。

コーンパンも上手にできました!

テーマ:
~何度も食べたくなる日常のパンを、あなたの手で~
ほんの少しのこだわりで、いつものパンがもっとおいしい!


こんにちは。

千葉県市川市行徳でホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に学べるパン教室「Atelier de Gamine(アトリエ・ド・ギャミーヌ)」のトモコです。

>>ホームページはこちら

8月も今日で終わり、明日から9月!
夏休みをいただいていた大人向けのパン教室も9月から再開です。
久しぶりにみなさまにお会いできるが楽しみです。


さて、9月からのメニュー「ライ麦食パン」ですが、普段食べることはありますか?



もしかしたらあまり召し上がる機会がないかもしれないので、
作り方だけでなく、おいしい食べ方をご紹介しようと思っていろいろ試しています。

◇パストラミサンド
ライ麦パンにはパストラミがぴったり!


◇デザート風
軽くトーストして、クリームチーズと最近出回っているいちじくをトッピング



ところで、昨今の健康ブームでパンについても「白いパンより茶色のパンを食べよう!」と言われていますね。

茶色のパンとはどんなパンでしょう?
全粒粉やライ麦パンを配合したパンがそれに当たるのかと思います。

たまに「ライ麦粉がないときは全粒粉でもいいですか?」と質問を受けますが、
そもそも、全粒粉とライ麦粉の違いとは??

ライ麦粉と全粒粉の違い


全粒粉は小麦の外皮も含め、小麦粒をまるごとひいた粉のこと。
ちなみに、一般的に小麦粉といえば小麦の外皮と胚芽を取り除いた胚乳の部分を粉砕した粉のことを指します。

一方、ライ麦粉はライ麦の外皮を取り除いて粉砕した粉で、ライ麦全粒粉といえばライ麦の外皮、胚乳、胚芽すべてを粉砕した粉ということになります。

小麦とライ麦ではそもそも別のものなので味はもちろん違いますが、パンを作るうえで大きな違いがひとつ挙げられます。

それは、

ライ麦粉はグルテンを作らない

ということです。

ライ麦粉の特徴、パンにライ麦粉を配合するときの注意点などをまとめましたので、
ぜひWebサイトの記事をご覧くださいませ。

>>ライ麦粉の特徴と使い方

>>ライ麦食パンとふわふわプチレーズンのレッスン受付中!


>>【9月22日(土)】シナモンロールレッスン受付中!
image


>>レッスンメニュー・日程

ご予約・お問い合わせ


<ホームページ>
URL:https://atelier-de-gamine.com/



テーマ:
~何度も食べたくなる日常のパンを、あなたの手で~
ほんの少しのこだわりで、いつものパンがもっとおいしい!


こんにちは。

千葉県市川市行徳でホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に学べるパン教室「Atelier de Gamine(アトリエ・ド・ギャミーヌ)」のトモコです。

>>ホームページはこちら

小学6年生からずっと「こどもパン教室」に通ってくれていた生徒さん、
今は中学2年生になり、最近は塾にも通い始めたのでパン教室を卒業することになりました。


その生徒さん、「レシピを全部失くしちゃったヽ(´Д`;)ノ」と言っていたので、
今までのレシピを全部印刷して渡すことに。


こどもパン教室では、レッスンで焼いたパンと一緒に写真を撮りレシピに印刷します。

だから、すべて印刷したレシピを見たらなんだかとても懐かしい気分になりました。



6年生の最初のころはまだ小さくて幼かったのに、今ではすっかりお姉さんです。

私の手元に綴じてあるレシピは、いろんな生徒さんの写真が混ざってしまっているのですが、
こうして一人の生徒さんのレシピを印刷すると、
毎月の成長記録かアルバムのようです。


最近はパン教室から脱落してしまった娘と息子ですが、
彼らの写っているレシピをそれぞれ印刷してみようかな、なんて思いました。
大きくなって独立するときにパンのレシピを持っていってくれたらうれしいです。


>>【9月22日(土)】シナモンロールレッスン受付中!
image

>>【9月】レッスン受付中




>>レッスンメニュー・日程

ご予約・お問い合わせ


<ホームページ>
URL:https://atelier-de-gamine.com/



テーマ:
~何度も食べたくなる日常のパンを、あなたの手で~
ほんの少しのこだわりで、いつものパンがもっとおいしい!


こんにちは。

千葉県市川市行徳でホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に学べるパン教室「Atelier de Gamine(アトリエ・ド・ギャミーヌ)」のトモコです。

>>ホームページはこちら

いつもブログをご覧いただいているみなさまにご報告です!

この度、「こどもパン教室」を15年以上にわたり運営されているぱんだぬき先生を中心に、こどもパン教室協会を発足しました。

>「こどもパン教室協会」ブログはこちら

「こどもパン教室協会」について、ブログプロフィールより抜粋にてご紹介させていただきます。

こどもパン教室協会:プロフィール



みんなが笑顔になる素敵な「こどもパン教室」を増やしたい
たくさんの親子に「こどもパン教室」を知ってもらいたい
との思いから、当協会を立ち上げました。



こどもパン教室協会では
お子さま方には、自らモノを作り出す楽しさを
お母さま方には、お子さまの心身の健やかな成長を
こどもパン教室の先生方には、生徒さんたちを育てる責任と喜びを
それぞれに感じていただきたいと考えています。

パン作りを通して、
お子さまの自己肯定感を満たし豊かな心を育て、
教養を深め、
コミュニケーション力やプレゼンテーション力を高める、
学びの土壌づくりのお手伝いをしていきます。

孤軍奮闘しがちなパン教室の先生がたのネットワークを構築し、
勉強会や研修会による互いの知識や技術の共有を目指します。

どうぞよろしくお願いします

----<ここまで>----

「こどもパン教室協会」ではただいま会員を募集しておりますので、
ご興味ございましたら下記の「お問い合わせフォーム」でも構いませんのでご連絡ください。

さて、「こどもパン教室協会」発足を機に、私の「こどもパン教室」のホームページもリニューアルしました。
ぜひぜひ、アクセスしてみてくださいね!
どうぞよろしくお願いいたします!

市川市こどもパン教室

>>【9月22日(土)】シナモンロールレッスン受付中!
image


>>レッスンメニュー・日程

ご予約・お問い合わせ


<ホームページ>
URL:https://atelier-de-gamine.com/



テーマ:
~何度も食べたくなる日常のパンを、あなたの手で~
ほんの少しのこだわりで、いつものパンがもっとおいしい!


こんにちは。

千葉県市川市行徳でホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に学べるパン教室「Atelier de Gamine(アトリエ・ド・ギャミーヌ)」のトモコです。

>>ホームページはこちら

毎年参加している辻調理師専門学校の製パン講習会に今年も行ってきました!

今回のテーマは「いろいろな発酵種でハード系のパンを作り、その特性を学ぶ」というもの。
昨年も似たようなテーマでとてもよかったので、今年も受講してきました。

発酵種法のうち、今回は「生地種」「液種(ポーリッシュ)」「自家製酵母(ルヴァン)」を使いました。

生地種はバゲットなどの砂糖が入らないシンプルな生地を混ぜて作る種で、「ルヴァンミクスト」と呼ばれています。
バゲットなどの生地を余らせて、あらたに種となる生地を作る、、、なんてよっぽど毎日パンを焼いていないとできないと思うのですが、、、(^_^;)
やはり、こういうのはパン屋さんならではの製法ですね。

この生地種からは「パン・ブリエ」と「パン・ド・セーグル(ライ麦パン)」を作りました。






講習会の詳細をホームページにアップしましたので、よかったらご覧くださいね!
>>辻調理師専門学校の講習会<2018年>


>>【9月22日(土)】シナモンロールレッスン受付中!
image


>>レッスンメニュー・日程

ご予約・お問い合わせ


<ホームページ>
URL:https://atelier-de-gamine.com/



テーマ:
~何度も食べたくなる日常のパンを、あなたの手で~
ほんの少しのこだわりで、いつものパンがもっとおいしい!


こんにちは。

千葉県市川市行徳でホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に学べるパン教室「Atelier de Gamine(アトリエ・ド・ギャミーヌ)」のトモコです。

>>ホームページはこちら



こんにちは!
あの暑い暑い日々から一転、ここ数日ですっかり涼しくなりましたね。
また暑さが戻るようですが、徐々に秋に近づいている気がします。

さて、今月は大人クラスはお休みをいただいておりますが、こどもパン教室は体験レッスンを含め開催しています。

毎月通う通常クラスでは新しいパンハムたまごパンを作りますよ~。

<ゆで卵もいっしょに作ります>




夏休みはいつもより時間があるので毎年普段はできないことをしています。

例えば、、、

★バターロールにチャレンジ!
バターロールはゆっくりとベンチタイムをとりながら生地をゆるませる必要がありますので、時間がたっぷりある夏休みにチャレンジしました。
なぜゆっくりベンチタイムを取る必要があるのかはこちらの記事をご覧くださいね。
>>バターロール成形のコツ

★自分だけのオリジナルパンを焼こう!
7月~8月の2カ月間かけて自分でレシピを作ってオリジナルパンを焼きました。
>>バターロール成形のコツ

そして今年は・・・

「計量~焼き上げまで自分ですべてやってみよう!」

普段のレッスンでは計量は私がすべて済ませておきます。
でも、せっかくの夏休みなので最初から最後まで自分でやってもらおうかと^^

「間違えた!」とか、いろいろありそうな気もしますが、チャレンジすることが大事!

配合も自分でできるように簡単に、そして一工夫してあります。
それはレッスンに来てからのお楽しみ♪

では今週のレッスン、お待ちしております!

キッズクラス(こどもパン教室)についてはこちら↓
>>キッズクラス詳細




>>【9月22日(土)】シナモンロールレッスン受付中!
image


>>レッスンメニュー・日程

ご予約・お問い合わせ


<ホームページ>
URL:https://atelier-de-gamine.com/



テーマ:
~何度も食べたくなる日常のパンを、あなたの手で~
ほんの少しのこだわりで、いつものパンがもっとおいしい!


こんにちは。

千葉県市川市行徳でホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に学べるパン教室「Atelier de Gamine(アトリエ・ド・ギャミーヌ)」のトモコです。

>>ホームページはこちら

今日はちょっとだけパン作りに関するお勉強です♪

レシピを見てパンを作るだけでなく、パン作り全体を知るとそれぞれの違いが分かって面白いと思いますので、これから少しずつ理論的なことなどもご紹介していきたいと思います。

教室では下記のような工程でパンを作っています。

ご家庭でパンを焼くなら、この方法が一般的ですよね!

  1. ミキシング

  2. 一次発酵

  3. 生地の分割・丸め

  4. ベンチタイム

  5. 成形

  6. 仕上げ発酵

  7. 焼成


でも、実はこの他にもいろいろなパン作りの製法があるんですよ!
大まかに分けて、下図のように分類されます。



いろいろなパン作りの製法がある中で、
図の一番上のストレート法、パンチなし(常温短時間発酵/冷蔵長時間発酵)が、教室で作るパンの製法です。

ホームページでは「ストレート法」、「常温短時間発酵と冷蔵長時間発酵(オーバーナイト法)の違い」について詳しく書きました。
ぜひぜひお読みになってみてくださいね!
>>パン作りの製法「ストレート法」

>>【9月22日(土)】シナモンロールレッスン受付中!
image


>>レッスンメニュー・日程

ご予約・お問い合わせ


<ホームページ>
URL:https://atelier-de-gamine.com/



テーマ:
~何度も食べたくなる日常のパンを、あなたの手で~
ほんの少しのこだわりで、いつものパンがもっとおいしい!


こんにちは。

千葉県市川市行徳でホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に学べるパン教室「Atelier de Gamine(アトリエ・ド・ギャミーヌ)」のトモコです。

>>ホームページはこちら


パン教室でじわじわ人気が広がっている「さかもとこーひー」。

みなさんが「美味しい!」と言ってくださるので、改めて美味しさに気付かされた感じで前よりコーヒーを頻繁に飲むようになりました。

今回注文したのは「深煎りBセット」。
深煎りコスタリカは初めてなので楽しみですニコニコ

今朝は来月のレッスンパン「シナモンロール」と「スプラッシュカフェ」で朝食にしました。


コーヒーとシナモンロールの組み合わせは最高ですね!

それと、ゴールドキウイと手作りのグラノーラを入れたヨーグルト。

なんだかとってもおいしく感じたのは、ここ最近朝がほんの少し涼しいから??

また明日から暑いみたいですので、
お互い気を付けて過ごしましょうね。


テーマ:
~何度も食べたくなる日常のパンを、あなたの手で~
ほんの少しのこだわりで、いつものパンがもっとおいしい!


こんにちは。

千葉県市川市行徳でホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に学べるパン教室「Atelier de Gamine(アトリエ・ド・ギャミーヌ)」のトモコです。

>>ホームページはこちら




連日の猛暑からは打って変わって、今日は台風の影響で涼しいですね。
久しぶりにクーラーをかけずに過ごしています。
夕方からのこどもパン教室、クーラーをつけるか迷います。。。

さて、本日は9月の土曜日クラスのご案内です。

メニューは「シナモンロール」です。
シナモンロール、すごく人気です!

■日程:9月22日(土)■
詳しくはホームページをご覧くださいね
>>【9月22日(土)】「シナモンロール」レッスンのご案内


パン教室「アトリエ・ド・ギャミーヌ」は、平日のクラスではホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に2種類ずつ作っていますが、

月に一度の土曜日クラスではインスタントドライイーストで1種類のパンを手ごねで作ります。

パンの種類としては、簡単で何度も作りたくなる定番のパンが中心です。

レッスンの流れも平日のクラスとは異なる土曜日クラスについて、本日はご紹介したいと思います。

手ごねでパン作り


土曜日クラスでは、1種類のパン(主にイースト)をお一人ずつ手ごねで作ります。

手ごねで生地を作ると、生地の変化がよくわかるの良いところ♪

小麦粉の種類や副材料によって、作りやすい生地・作りにくい生地もありますが、そういったこともいろいろなパンを手ごねで作っていくなかでだんだんと分かるようになっていきます。

あとは、一生懸命パンをこねてリフレッシュ!なんてメリットも。
ベトベトだったパン生地がこねていくうちにまとまって、やわらかく伸びるようになると、なんだかちょっとうれしかったりします♪

レッスンの流れ


1.生地をこねる
ご自身で生地を手ごねします。

2.一次発酵
レシピや材料の解説があります。
また、講師は生徒さまより一足早く発酵させた生地で分割・成形のデモンストレーションをしますので、生徒さまはそれを見ながら成形のポイントなどのメモをとったり、ご自分の生地を成形する前に練習することができます。

3.分割・ベンチタイム
発酵した生地を分割し、パン生地を休ませます。(ベンチタイム)


4.成形
先ほどもデモンストレーションで確認しましたが、今度は講師とともに確認しながらゆっくり成形。



5.仕上げ発酵
デモンストレーションで一足先に講師が焼き上げたパンでご試食を兼ねたパンランチをお召し上がりいただきます。
サンドイッチにしたり、パンに合うお料理をご紹介しますので、パンから広がるお食事を存分に楽しみくださいね。


6.焼成
卵を塗ったり、切り込みをいれたり仕上げをしてから焼き上げます。
作ったパンは全てお持ち帰りいただけます。
パンが冷めるまで引き続きごゆっくりランチをお楽しみください。
生徒さまどうし、いろいろな話題で盛り上がります。もちろん、レッスンでの質問などもしてくださいね。



土曜日クラスの生徒さんたちは、お勤めされている方がほとんどですが、
月に一度、パン教室でリフレッシュされています。

粉と水から、美味しいパンを作り上げる達成感を味わいに、
また、パン生地のやわらかい触感に癒されにぜひお越しくださいね。

>>【9月22日(土)】シナモンロールレッスンのご案内

テーマ:
~何度も食べたくなる日常のパンを、あなたの手で~
ほんの少しのこだわりで、いつものパンがもっとおいしい!


こんにちは。

千葉県市川市行徳でホシノ天然酵母とインスタントドライイーストのパンを同時に学べるパン教室「Atelier de Gamine(アトリエ・ド・ギャミーヌ)」のトモコです。

>>ホームページはこちら

9月のパン教室メニューのご案内です☆




先日、パン教室で過去にご紹介したパンの一覧ページ(ホシノ天然酵母)を更新したときに気づいたのですが、
ソフト系のパンがハード~セミハード系のパンに比べて少ないということです。

なので、今回はどうせソフトなら「超」が付くほどソフトな「ふわふわプチレーズン」をご紹介することにしました。
生クリーム配合でふわんふわんに仕上げますよ~!

「ふわふわプチレーズン」のレッスンでは、

・パンをふわふわにするための配合
・パンをふわふわにするためのこねあがり、発酵完了の状態の見極め
・レーズンの処理、レーズンの練り込み方


をお伝えしたいと思います。




インスタントドライイーストで作るパンは「ライ麦食パン」です。

「食パン型のレパートリーを増やしたい」というお声が多いので、新作パンを考えてみました。

毎日食べられるシンプルなパン。
でも、どうせ食べるなら少しでも健康に良いものを!

そんな思いから、食物繊維やビタミンが豊富なライ麦粉を使った食パンをご紹介したいと思います☆

ライ麦粉は小麦粉と違ってグルテンを作らず水分を吸収します。
ですので、ライ麦率の高いパンは生地のキメが細かくしっとりとします。

そのしっとり感を楽しむのもいいのですが、翌朝にトーストすると、パンの上部にトッピングした雑穀類もカリッと香ばしくなりとてもおいしいです。

とろけるチーズでチーズトーストにするのもオススメですよ^^

レッスンではサンドイッチにしてお召し上がりいただく予定です。
9月のレッスン募集を始めましたので、ご都合がよろしければぜひお越しくださいね。
3名までの少人数レッスンですので、初めての方も安心してご参加くださいませ。




<ホームページ>
URL:http://atelier-de-gamine.com/


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス