アトリエ-アンジュのブログ

アトリエ-アンジュのブログ

革小物とバッグのアトリエです。自宅の一室を利用した小さな空間。そこに訪れる人達の出逢い。
暖かく、居心地のいい空間をつくっていきたいと願い、
一つ一つ心を込めてつくります

新作の発表の場として色々な方からのアドバイスも楽しみにしてます。


テーマ:
豊中、革の小物とバックのアトリエ
「atelier angeアトリエ アンジュ」

私の好きなことは何かを作る事
ビーズ、シャドーボックス、トールペイント、洋裁、その影響で革
又色々興味を持った物を集める事
ビー玉、おはじき、石…ガラス細工
ビー玉とトンボ玉はなんか共通点が、又ベネチアビーズとガラス細工も何か共通点が、そう考えると色々繫がってる

旅行先でお店を見つけると必ず立ち寄る



先日神戸でアクセサリーが作れるように丸カンを付ける穴が開いた硝子細工を見つけた

チェーンか革ひもを通せばペンダントに
小さいのでピアスにしました
今日は革の製作では無くアクセサリーを

金具が小さくて凄く付けにくいので
大きな丸カンに変えました
以前はこんな不細工な事しなかっただろうけど今は急いでるときでもすぐに付けれるからこの大きな丸カンは正解
髪の毛で隠れるし(笑)
今日は革では無く一日アクセサリーを作って終わりました



テーマ:
豊中、革の小物とバックのアトリエ
「atelier angeアトリエ アンジュ

私が革の教室に通い始め初めての展示会の時自分作のブランド名を考えるように
先生から言われ何が何だか解らない状況で色々な方のブランド名を参考に決めたのが

『joie de vivre』とても気に入ってますブルーハート
トレードマークのダックスの刻印は


大きさが違います
当時は4匹のダックス…可愛くてラブラブブルーハーツ
でも数年間の間に悲しいお別れがタラータラー
最後の1匹になってしまったルルが
寂しさのあまりおかしくなってしまってタラー
人間でいう「廃人?」何も食べない!動かない!このままではルルまで死んじゃうと…それでやって来たのが黒いダックスのニキータロップイヤー
ニキータが来たその日からルルは復活
今までのルルに戻りました。

このニキータは白血病で亡くなったニキータです。もう1匹はアニーでこの時すでに癌で天国に…(だから写真が無い)
昔のを読み返して凄く懐かしく
今はルル、2代目のニキータ、チワワの小梅、猫のミャーコの4匹で仲良く楽しく過ごしています。


革の刻印で肉球🐾、猫ちゃんとワンちゃんの🐾が違う事を猫大好きなお友達に教えて貰いました。
猫ちゃんの肉球🐾を作らないと…
モコモコの毛でごまかしていたけどサマーカットすると太ってるのが隠せない…笑
太ってるけど元気だからいいかなラブラブ

アトリエでお仕事してちょっと疲れたら2階に上がり3匹のわんちゃんと遊んでます。幸せな環境に感謝ですキラキラ


テーマ:
豊中、革の小物とバックのアトリエ
「atelier angeアトリエ アンジュ

今日はアトリエの日
急ぎのオーダーがないし、イベントの予定も今日は入っていないしゆっくり新作の何か考えよう…
そう言えば先日発注したひらがなの刻印が昨日届いて試してみようと思った事忘れてたー

なんだかいつもと違うタラータラー

朝から3匹のわんちゃん達がサマーカットしてもらうためドッグ スペースさんに行ってます
凄く寂しいです

ティータイムしても誰も寄ってこないし、ピンポン鳴ってもシーン
「遊んで」ってつきまとう子も居ないし、猫のミャーコも姿を見せないアセアセ
あんなに小さな体なのに存在感は大きく、きっと私はワンワンうるさくてもその方がこのシーンとした静かな空間より好きなんだーって改めて思うキラキラ

しっぽはライオンカット
帰ってくるのが楽しみラブラブ


テーマ:
豊中、革の小物とバックのアトリエ
「atelier angeアトリエ アンジュ」

今日は革の事では無く「額」のお話し
先日ピアノを譲る事からピアノの上に飾ってあった色々な物を片づけて、以前からずーと気になっていたのに忘れていた油絵アート

ヨーロッパに旅行したときに記念に購入

娘がフランスに居たときパリで購入したもの

どちらも額を買わなければと思いながらそのままになっていたので先日ネットで検索
やはり良い額は高いキラキラ
シャドーボックスも額に入れると凄く高級感満載になるし、子供が描いた油絵も額に入れると凄く素敵に…
額1つでその作品が凄く良くなるので
せっかくなら良い額に入れたいけど…なに?この値段の差は…と言うくらい幅がある。やっぱり昔のように直接お店に見に行くことにしました。
額縁の彫刻の様子が写真ではなかなか伝わらない。絵より額の方が高かったりして…😥
この2つの油絵がさらに素敵にみえる額に出会いますように…

テーマ:
豊中、革の小物とバックのアトリエ
atelier angeアトリエ アンジュ

昨日前回参加して下さったAさんが
二回目で、前回作ったのと同じ物と折財布を2つ作られました

前回と同じで違う革
これと同じで折財布

薄いピンクで柔らかい革
茶色系のオレンジの厚めの革

前回自分で作られた時
「私が作ったって信じて貰えないかも…」って言われて
「じゃ、オリジナルを証明するためサインを入れる?」って事で少し電子ペンで練習したけど変になったら嫌だから…結局サインを入れな方向で…

やり直しがきかないので…
今回はお財布の他に余った革でしおりを作り

これでイニシャルを入れて大満足キラキラ
帰られてから又追加の追加で来て頂くことになりました。
昨日作ったピンクの折財布をお母さんにプレゼントされたそうで同じ革で作りたいとのこと
かなり革にハマられたそうで私にとってはとても嬉しいことです
一回目、二回目そして次回も同じ物を作ることになっているけど、どんどん作品の幅を広げて楽しんで頂けたら嬉しいですラブラブ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス