ミニチュア 2

テーマ:

春頃の話になりますが、
またミニチュア作りのワークショップに参加しました。

2回目の参加ですが、先生は…
「初めまして…じゃ ないよね?」
と、覚えてくださってました!

前回はお寿司を作ったので、
今回は「とんかつ定食」に挑戦しました。



分かりやすいように、
100円玉をのせて撮っています。

具材はもちろんそうですが、
キャベツの千切りも、ミニチュアのキャベツの葉を千切りにしています。

とんかつも!
きちんとミニチュアの豚ロースを切って、そこに衣をつけて、ソースをかけています!

先生の腕が素晴らしいので
本物そっくりに作れて楽しいのですが、すごく 細かーーーい作業なので、目と肩が疲労します(笑)

長女は
先生に「向いてる」と言われただけあって、集中して楽しんでたけど。

そんな長女は今回は「カレーライス」を作ってました。

機会があれば、
またミニチュア「カレーライス」を紹介しますね!

スーパーボランティア

テーマ:

山口で2歳の子供を発見した、
78歳の「スーパーボランティアおじいちゃん」

今まで生かさせてもらった恩返しをしたいと
65歳で魚屋さんをやめて、全国各地の被災地を回ってボランティアをされてる、とても素晴らしい生き方のおじいちゃん

国民栄誉賞をあげたい!
と、話題になっています

今は、呉に来てくださってるとか…

正直、すごくすごく助かってます!

災害のあった当初は 
どこのテレビ局も被災地の情報を発信するけど、
それも一時のものであり…


時が経てば、被災地の事は忘れる…


まだまだ見つかっていない人もいて、
人の手も足りなくて…

メディアで放送されていない被災地や、
熊本の震災や、
東日本の震災でも、
きっと、
まだまだ苦しんでる人はたくさんいるんだと思う

被災地となって分かること

支援の手は
これからも必要です

今回、
「熊本の震災で多くの人に助けてもらったから」と、熊本からもたくさんの人が駆けつけてくれました
全国各地からも、給水車や災害派遣車が応援に来てくれました

優しさの輪が広がり、
他県からの車を見るたびに感動で涙ぐんでしまう程、嬉しかったです


しかし、復興には まだまだ時間がかかります

自宅の土砂をかきだして欲しくても、
その場所までなかなか行くことが出来ずにボランティアも入れない…

そんな場所がたくさんあります

わたしも、
自分に出来ることを続けて行こうと思います

そして、
他の被災地のことも…
忘れてはいけない事なんだと思う


献血

テーマ:
西日本豪雨の影響で、
献血バスが派遣できず、血液が不足しています。

400ml換算で
必要量6000人分に対し、7月に集めた献血は4900人分。

交通網が寸断されて、
献血バス派遣が30ヶ所で中止になったことも原因かと思われます。

私にも出来るボランティア。

きょう、
娘と広島へ献血に行ってきました!



新聞にも載ったためか、
午後からは たくさんの人が協力されていました。

必要とされてる方に、
早く届きますように…。