豆をまいたら、今日は立春 | 椎間板ヘルニアが治る医師も通う14年で2万人以上の施術実績がある札幌の鍼灸整体こばやし治療院

椎間板ヘルニアが治る医師も通う14年で2万人以上の施術実績がある札幌の鍼灸整体こばやし治療院

【椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛】をオステオパシーと鍼灸をベースに改善させる治療院。
『こんな治療方法があったなんて』と驚く方が多いです。今までにない視点と治療プログラムで、医師や看護師などの同業者も通う治療院です。

 

 

当院の毎日更新ブログ

ご覧いただきありがとうございます!

 

 

 

 

 

長年のヘルニア・坐骨神経痛・慢性腰痛

そんなボロボロのカラダを再生させる

 

こばやし治療院の小林です。

 

 

 

 

 

 

2020/2/4  No.496

 

■大豆って実はこんな作用が…
豆をまいたら、今日は立春

 

 

 

 

昨日は、節分

 

てことで帰宅後は豆まき。

 

 

 

幼稚園で息子が作った

鬼の被り物をかぶりながら

 

盛り上がりました!

 

 

 

 

 

なんで、節分って豆をまくのか?

 

 

 

 

結構大切な意味があるんですよ。

 

 

 

 

 

辞書的には、「節分」って

「季節の変わり目」「季節を分ける日」のことです。

 

 

 

 

旧暦では、1年を24つの季節に分ける

「二十四節気」というのがあったらしく

 

特に重要な節気の

「立春」「立夏」「立秋」「立冬」は

それぞれの季節の始まりの日のことで

 

 

 

たとえば立春は

「今日、この日から春がスタート!」

とお知らせする日

 

 

 

ま、北海道は

めっちゃ雪だらけですけど(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そして

立春・立夏・立秋・立冬の4つの日の前日が

季節を分ける「節分」になるので

 

 

実は、節分って

1年間に4回もあるんです。

 

 

 

 

 

特に、毎年2月4日頃に訪れる立春は、

旧暦で1年の始まりの日になる特別な日で

 

 

立春前日の節分が旧暦の大晦日になって

この日にその年の厄を払いましょう!

 

 

ってことで

豆まきが伝わっているみたいです。

 

 

 

 

 

じゃ、なぜ豆なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

鬼に豆をぶん投げる!

 

と4歳の長男が

鼻息を荒く意気込んでいましたが

 

 

 

豆は鬼(厄)を追い払うための道具

 

 

 

 

これにも諸説あるようで

 

 

「魔物の目に豆を投げれば、魔を滅ぼす」

 

「魔目(まめ)」=「豆(まめ)」

なんて話もあるみたいです。

 

 

豆まきは

「福を取り込んで、1年間健康に過ごせるように」

という願掛けなわけですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

豆まきを終えた

子どもたちは

 

ボリボリと豆を食べ始め…

 

 

 

止まらない…

 

 

 

今月2歳にある次男も

すごい食べっぷり…

 

 

消化のことを考えると

あんまり食べすぎると

ちょっとね…

 

 

 

 

北海道神宮から頂いてきた

豆なので家族みんなで

 

美味しくいただきました。

 

 

 

 

 

 

ところで大豆って

 

畑の肉だとか

 

女性ホルモン様作用のある

イソフラボンだとかで

 

 

すごい栄養満点のイメージがありますが

 

 

大豆には生物毒が

多いって知ってましたか?

 

 

 

 

 

 

毒と言っても

外敵から身を守るために

植物が蓄えるもので

 

 

「強いアク」みたいな

イメージでいいんですが。

 

 

 

 

 

おじいちゃん

おばあちゃんとかになると

 

たくさん豆を食べないといけないから

そりゃもう大変だ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生物毒・天然毒の代表が

フグの毒(肝)ですね。

 

 

あれは、本当に

命に関わるので超危険

 

 

他にも毒を持つキノコや

ジャガイモの芽なども。

 

 

結構身近にあるんです。

 

 

 

 

 

銀杏も有名で

食べ過ぎは呼吸困難や痙攣などの危険も。

 

 

特に、子ども、妊婦さんは

やめたほうがいいです。

(時々、銀杏のビタミンをとれー!って人もいますが…)

 

 

何個ならいいの?

 

って聞かれると個人差もあると思いますが

 

子どもは5〜6個でも

危険とする専門家もいます。

 

 

 

 

あくまでも

一気に食べすぎると危険ってことです。

 

 

 

 

 

他にも、青梅とかね。

 

 

そもそも、生き物を頂戴しているので
毒性があっても当然こと。
 
 
 
そのために、古くから
梅干しにしたり
 
 
大豆を発酵させ
豆腐や納豆、味噌などにして
毒性に対処してきたんです。

 

 

 

知らず知らず食べている嗜好品の中にも

生物毒があるかもしれませんね。

 

 

いちゃ、今は

圧倒的に社会毒のほうが多いか…

 

 

 

「野菜が入っているおやつ」

 

とか

 

「野菜ジュース」とかに

騙されないでね!

 

 

 

 

 

 

あと、納豆

 

 

これも納豆キナーゼ

納豆菌などで

 

最高の栄養食品的な

イメージもありますが

 

 

食べ過ぎは本当に禁物です。

 

 

 

 

 

納豆菌って

強すぎるんです。

 

 

 

 

 

 

毎日食べていたり

1日に2〜3色も納豆を食べたりすると

 

 

強すぎる納豆菌の影響で

腸内細菌のバランスが崩れます。

 

 

事実、納豆・豆腐の食べ過ぎで

腹痛や便秘になる人もいます。

 

 

 

発酵食品は確かに優秀だし

納豆は美味しけども

 

 

食べ過ぎは危険です。

 

 

 

万能な食品なんてないってことです。

 

 

 

でも、卵はやっぱり

素晴らしいけどね(笑)

 

 

 

 

 

 

節分で余った豆が

もったいない

 

なんて言って

一気にたくさん食べたらダメですよ!

 

 

と、言いながら

今日のお弁当に豆入ってたりして…(笑)

 

 

昼休みの楽しみにしよっと(笑)

 

 

……………………………………………………

 

365日メルマガ配信中!!

 

ブログ記事がメールで届く!

 

 

こばやし治療院メルマガ

【病気を見るな、人を見ろ】

 

ご登録はこちらから

 

 

登録後に不要になった際は

すぐに配信解除ができますので

ご安心ください。

 

もし、毎日受信されない場合は

再度アドレスをご確認の上、ご登録下さい。

 

または(icloud/docomo)は

迷惑メール設定により受診されない場合もあります。

設定のご確認をお願い申し上げます。

 

……………………………………………………

 

 

こばやし治療院公式ホームページ

 

 

☎︎:011-299-9952

 

「ブログを見て電話しました」

と、お電話ください。

 

 

【 こばやし治療院LINE 】 

「最初から電話はしにくい…」と言う方はこちらから。

 

友だち追加

 

 

 

〒001-0016 

札幌市北区16条西4丁目2-1

LEE北16条ビル 1F

 

地下鉄南北線 北18条駅

北18条西3丁目1番出口(真駒内方面行き)

北17条西4丁目2番出口(麻生方面行き)

どちらからも徒歩2分