「朝ごはん」食べる派?食べない派? | 椎間板ヘルニアが治る医師も通う14年で2万人以上の施術実績がある札幌の鍼灸整体こばやし治療院

椎間板ヘルニアが治る医師も通う14年で2万人以上の施術実績がある札幌の鍼灸整体こばやし治療院

【椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛】をオステオパシーと鍼灸をベースに改善させる治療院。
『こんな治療方法があったなんて』と驚く方が多いです。今までにない視点と治療プログラムで、医師や看護師などの同業者も通う治療院です。

 

 

当院の毎日更新ブログ

ご覧いただきありがとうございます!

 

 

 

 

長年のヘルニア・坐骨神経痛・慢性腰痛

そんなボロボロのカラダを再生させる

 

【カラダ再生工場】

こばやし治療院の小林です。

 

 

 

 

 

■明日からでも試せる食事の話
「朝ごはん」食べる派?食べない派?

 

 

 

 

今日は患者さんと

朝ごはんの話になりました。

 

 

 

あなたは

朝ごはん食べる派ですか?

 

 

 

 

 

僕はほとんど食べないんですが

時々食べます。

 

 

あとは、休みの日は

子どもたちと一緒に食べますね。

 

 

 

あ〜、それから

斜里へ出張治療に行った時は

 

実家に泊まるので

朝からとんでもない量の

ご飯が出てきて…

 

 

内心、しんどいですが

母の気持ちに応えるために食べます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

朝食については

いろんな見解がありますし

 

 

「食全体」についても

いろんな考えがあって面白いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日の方は、朝ごはんを食べて

昼を食べないスタイルらしく

 

朝ごはんを抜いて

昼を食べていた頃よりも

 

 

朝食べて、昼を抜いた方が

仕事の成績が伸びたとか…

 

 

 

これもまた面白い話(笑)

 

 

 

 

 

 

 

僕はもし、朝ごはんを食べるなら

ステーキがオススメです(笑)

 

 

これは冗談抜きで(笑)

 

 

あとは、

ゆで卵もすごくいい。

 

 

 

 

 

 

実際はステーキなんか出てきも

食べられないけど…(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カラダを構成する栄養素(物質)で

一番多いのは何か知っていますか…?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

答えは、水

 

約70%が水分と

言われていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、その次に

多いのは何ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は

タンパク質

 

 

タンパク質は約15%と

言われています。

 

 

 

 

 

これは健康関係者なら

知っているはずの基礎知識なんですが

 

 

 

 

 

 

現代人において

 

最も足りない栄養素の一つと

言われています。

 

 

 

 

 

現代人は食事の量は多いけど

実質的な栄養不足ってこと!!

 

 

 

 

 

量が多いって時点で

やはり「糖質」は多いんですよ。

 

 

そして「脂質」多くなりがち

(脂質を避ける人もいるけど)

 

 

 

 

 

でもやっぱり

 

 

15%も割合を占める

タンパク質が足りない人が多くて

 

 

長期にタンパク質不足が続くと

 

生活習慣を代表する

いろんな病気のリスクが上がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉がタンパク質なのは有名ですが

 

内蔵でさえ

タンパク質でできているので

 

 

 

 

内蔵の粘膜が弱くなって

ダメージを受けやすい…

 

または、修復が遅い…

 

 

 

とかもあるんですよ。

 

 

 

 

 

 

例えば、胃だと

 

消化する胃粘膜が薄くなったり

その影響で、胃液の分泌が弱くなって

 

 

タンパク質の消化が

さらに難しくなったりするんです。

 

 

 

年齢による胃もたれとかも

関係しますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、このタンパク質ってのが

カラダの中には15%の割合であるんですが

 

 

 

糖質を肝臓に貯蔵して

必要な時にエネルギーに変えていくような

システムともまた違って

 

 

 

「タンパク質を貯蔵している」

 

っていうよりも

 

 

 

 

「すでに重要な役割を担っている15%」

 

ってことなんです。

 

 

 

 

上手に伝わりますかね?

 

 

 

 

 

 

15%もあるタンパク質は

貯蔵されているのではく

 

すべて、働いている状態

 

ってことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、常に

摂取しないといけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲労が取れない

 

 

消化器が弱い

 

 

肌がカサカサ…

 

 

 

そんな人も

タンパク不足かも知れませんね。

 

 

 

 

椎間板ヘルニアで来る人にも

こうした基礎的な生活の話をしていきます。

 

 

そして、その方が治りも

格段に早んですよ!

 

 

 

 

 

 

そもそも、こんな体内環境の人と

体内環境がめちゃくちゃ整っている人と

 

 

どっちの鍼灸や整体、そしてトレーニングが

うまく効果を引き出せると思いますか?

 

 

 

血流や筋肉の緩みや

神経の緩和を目的とするのが治療

 

 

 

 

 

そんな働きまで

弱らせちゃうのが

 

栄養不足ってことです。

 

 

 

 

あなたも気をつけて!!

 

 

 

 

 

 

 

ただし、体力が弱っている時に

焼肉やらステーキやらで

 

たくさんの動物性タンパクを

摂ってしまうと

 

それも負担になって体調を崩すことも

ありますのでやめたほうがいいです!

 

 

 

 

体力が弱っている時は

 

少量ずつ、回数を少し増やしながら

食べましょうね。

 

 

 

そうすると、自然に

 

朝ごはんでタンパク質を

摂る選択肢が出ますよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、結論として

 

 

 

明日から、朝ごはんで

ゆで卵でも食べてみたら?

 

 

ことで(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12/14(土)札幌市内で

ジュニアスポーツ向けセミナーを行います!

 

〜 親にしか出来ないスポーツが強くなる土台作り 〜

【親子で勝利を掴みとる】

 

 

詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

……………………………………………………

 

365日メルマガ配信中!!

 

無料で健康情報が届く

 

こばやし治療院メルマガ

【病気を見るな、人を見ろ】

 

ご登録はこちらから

 

 

登録後に不要になった際は

すぐに配信解除ができますので

ご安心ください。

 

……………………………………………………

 

 

こばやし治療院公式ホームページ

 

 

☎︎:011-299-9952

 

「ブログを見て電話しました」

と、お電話ください。

 

 

【 こばやし治療院LINE 】 

「最初から電話はしにくい…」と言う方はこちらから。

 

友だち追加

 

 

 

〒001-0016 

札幌市北区16条西4丁目2-1

LEE北16条ビル 1F

 

地下鉄南北線 北18条駅

北18条西3丁目1番出口(真駒内方面行き)

北17条西4丁目2番出口(麻生方面行き)

どちらからも徒歩2分