「ありがたみ」をわからずに育った子ども時代 | 椎間板ヘルニアが治る医師も通う14年で2万人以上の施術実績がある札幌の鍼灸整体こばやし治療院

椎間板ヘルニアが治る医師も通う14年で2万人以上の施術実績がある札幌の鍼灸整体こばやし治療院

【椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛】をオステオパシーと鍼灸をベースに改善させる治療院。
『こんな治療方法があったなんて』と驚く方が多いです。今までにない視点と治療プログラムで、医師や看護師などの同業者も通う治療院です。

 

 

当院の毎日更新ブログ

ご覧いただきありがとうございます!

 

 

 

 

長年のヘルニア・坐骨神経痛・慢性腰痛

そんなボロボロのカラダを再生させる

 

【カラダ再生工場】

こばやし治療院の小林です。

 

 

 

 

 

■当たり前の環境では気がつかないことも多い
「ありがたみ」をわからずに育った子ども時代

 

 

 

昨日、東京から兄が

斜里から母が札幌に集合しています。

 

 

 

 

兄は東京暮らしが長いので

すっかり道外の人な雰囲気(笑)

 

 

 

 

兄のリクエストで

カニ・ウニなどの海鮮を食べに行きました。

 

 

 

 

 

 
 
 
 
知床斜里の漁師の息子に育った僕らは
子どもの頃から
 
 
カニだの、キンキだの食べ放題でした。
 
 
 
 
 
当時は、その贅沢さにも気がつかず
 
またカニか…
 
また赤い魚か…
 
と、もう飽き飽きしていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
今思うと
キンキなんて高級魚だし
 
カニだって、冷凍ではなくて
生カニの茹でたてなんての
食べ放題なんて…
 
 
 
 
 
 
 
そんなありがたみも
わからず育ってきました…
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ありがたみ」がわからない
 
といえば
 
 
 
 
 
 
先日、定期的なメンテナンスを
やめてみたら
 
 
やっぱり、月に一回受けていた時の方が安心だし
カラダも楽だったと言ってくれました。
 
 
 
 
他にも
僕個人が愛用している
ホルミシスのシーツがあるんですが
 
 
いつもそのシーツで寝ている患者さんが
 
たまたま旅先で
ホルミシスシーツがなかったら
 
 
 
やっぱり睡眠の質や
疲労の回復が違うと言っていました。
 
 
 
 
いつも使っているものや
 
いつも受けているものは
 
 
当たり前になりがちで
その効果や変化もだんだんと
感じにくくなるもんです。
 
 
 
 
 
 
 
 
そうしてありがたみが
わからなくなったりするのも人間
 
 
 
 
自分にとって本当に必要なものなのか?
 
迷う時もあると思いますが
 
 
「やっぱりあると安心する」
 
って気持ちがあるなら
それはきっと必要なものなんですよね!
 
 
 
 
「あるのが当たり前」
 

ではなくて

 
もっと色んなありがたみを
感じていかないと成長できないな〜
 
 
 

 

 

 

では、また!

 

 

 

……………………………………………………

 

365日メルマガ配信中!!

 

無料で健康情報が届く

 

こばやし治療院メルマガ

【病気を見るな、人を見ろ】

 

ご登録はこちらから

 

 

登録後に不要になった際は

すぐに配信解除ができますので

ご安心ください。

 

……………………………………………………

 

 

こばやし治療院公式ホームページ

 

 

☎︎:011-299-9952

 

「ブログを見て電話しました」

と、お電話ください。

 

 

【 こばやし治療院LINE 】 

「最初から電話はしにくい…」と言う方はこちらから。

 

友だち追加

 

 

 

〒001-0016 

札幌市北区16条西4丁目2-1

LEE北16条ビル 1F

 

地下鉄南北線 北18条駅

北18条西3丁目1番出口(真駒内方面行き)

北17条西4丁目2番出口(麻生方面行き)

どちらからも徒歩2分