針でヘルニアが治るのか? | 【ヘルニア腰痛の鍼灸整体】医療者も通う札幌こばやし治療院

【ヘルニア腰痛の鍼灸整体】医療者も通う札幌こばやし治療院

【椎間板ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛】をオステオパシーと鍼灸をベースに改善させる治療院。
『こんな治療方法があったなんて』と驚く方が多いです。今までにない視点と治療プログラムで、医師や看護師などの同業者も通う治療院です。

 

 

当院のブログをご覧いただき

誠にありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

今日の午前中は

久しぶりに治療院いる小林です。

 

 

今週は金曜まで外部業務も多くて

予約はかなり埋まっているので

お早めにご予約くださいませ〜。

 

 

 

 

 

先日、斜里での患者さんとの会話

 

 

「針でヘルニアが

 治るんですか?」

 

 

これって本当に

よく聞かれるんです。

 

 

 

てことは

たくさんの人が思っていることなので

すごく大切なこと。

 

 

 

パンフレットに

椎間板ヘルニアについて記載があったので

単純に疑問に思ったみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

椎間板ヘルニアって、ざっくりと

 

背骨の間にあるクッションが

飛び出てしまって周りにある神経を圧迫して

 

痛みや痺れなどを起こすものですね。

 

 

 

 

きっと、患者さんのイメージ的には

 

この飛び出たヘルニアの部分に

針を打つと悪いところに効く!

 

飛び出しているのが

引っ込んでくる!

 

 

って感覚だと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

いつも、この部分の大切な認識の違いを

どう説明するとわかりやすいのかな?

 

って考えちゃいますね。

 

 

 

 

 

 

 

例えば、シンプルに

 

背骨や骨盤に歪みがあったとして

 

 

 

その歪みが、周りの筋肉や血管に影響して

固い筋肉や、血流が不足している部分を

徐々に作り出したとしましょう。

 

 

 

固い筋肉により

流れが邪魔され続けている血液やリンパ

 

 

常に、他の部分よりも

血流が悪い腰やお尻、脚

 

 

 

こんな状況が何年もかけて

少しずつ作られていたとしたら…

 

 

 

 

さらに

 

普段の歩き方や座り方、立ち方なども

関係してきて

 

 

腰やお尻、脚以外のところにも

歪みや血流不良が広がっていく。

 

 

 

 

 

なんか、これだけでも

腰痛になったり

 

 

腰が張ってきたり

疲れてきたり

 

 

脚が痛くなったり

痺れてきたり…

 

 

そんな症状出そうですよね?

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに、腰の部分には

ヘルニアがあれば

 

 

末梢の神経や血管の大元が

圧迫されちゃうので

 

追い打ちをかけられたように

もっと辛くなる…

 

 

 

 

そして、痛みがあると

 

いろんな動作をかばった状態で

偏った動きをしませんか?

 

 

 

例えば、右足に体重をかけると

痛いから左足ばかりで体重を支えるとか。

 

 

 

 

前屈すると痛いから

前かがみ動作は、ほとんどせずに

しゃがんでなんとか対応していたり

 

 

 

ずっと座っていられないから

腰を反ったり、丸めたり楽な体勢を探したり…

 

 

痛みを感じ続けると

脳みそも疲弊していき

 

自律神経系まで不安定になることも

よくあります。

 

 

 

眠りが浅くなったり…

 

 

呼吸が浅くなったり…

 

 

イライラしたり…

 

 

 

 

心当たりありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな悪循環が

さらに体を歪めていくんです。

 

 

「歪み=痛み」ではないですが

全く無関係ではないですね。

 

 

 

 

 

 

「手術が必要と言われたヘルニア」を

どうやって治してきたのか?

 

 

 

 

 

 

ここまでに書いた

 

カラダの癖や循環

神経の興奮やバランス

 

 

これを徹底して整えること。

 

これの徹底。

 

 

 

 

だから、針ってのは

整えるための一つの手段

 

 

 

 

 

 

そして、これ知っておいてね!

 

 

今の症状100%が

ヘルニアのせいではありません。

 

 

 

 

歪み:20%

筋肉:20%

血流:40%

自律神経:20%

 

 

例えばこんな感じで

カラダ全身の問題が

すべて関係しているんです。

 

 

 

 

絶対に、腰以外の問題がありますから。

 

絶対にです。

 

 

 

 

全身を整えていくと

 

ヘルニア自体が画像で見つかっていても

痛みがほとんどなく手術を回避できた

症例が山ほどあります。

 

 

 

 

 

ただ、ここまで濃い話を

パンフレットには書けないので

 

 

 

こういう話は

すべてブログで書いています。

 

 

 

ヘルニアを治療する際の

参考にしてもらえれば嬉しいです。

 

 

 

 

じゃ、またあした!

 

 

 

 

 

 

 

【人気記事はこちらから】

 

 

■ 札幌唯一の【椎間板ヘルニア】【腰痛】を整体・鍼灸で改善するプログラム

 

 

■ 病院でヘルニアと診断された方へ

 

 

■ 【こばやし治療院の基本方針】

 

 

■ こばやし治療院はここが違う!

 

 

■ 『集中ケアプログラム』を推奨する理由

 

 

■ なぜ不調が続くのか?新の原因は…?

 

……………………………………………………

 

365日メルマガ配信中!!

 

無料で健康情報が届く

 

こばやし治療院メルマガ

【病気を見るな、人を見ろ】

 

 

登録はこちらから

https://twelfth-ex.com/rg/134973/1/

 

登録後に不要になった際は

すぐに配信解除ができますので

ご安心ください。

 

……………………………………………………

 

 

こばやし治療院公式ホームページ

 

 

☎︎:011-299-9952

 

「ブログを見て電話しました」

と、お電話ください。

 

 

【 こばやし治療院LINE 】 

「最初から電話はしにくい…」と言う方はこちらから。

 

友だち追加

 

 

 

〒001-0016 

札幌市北区16条西4丁目2-1

LEE北16条ビル 1F

 

地下鉄南北線 北18条駅

北18条西3丁目1番出口(真駒内方面行き)

北17条西4丁目2番出口(麻生方面行き)

どちらからも徒歩2分